引っ越し代を安くする必殺術 後編

 さて、最後は交渉です。

 

その前に一つ書いておきますが、交渉するためには繁忙期以外であることが絶対条件です。3月の週末の日中とか制約がある人は、残念ながら業者の言い値に近い金額でお願いするしかありません。

 

 他社よりも高ければ他社の見積もりを見せて交渉材料にすることは王道ですね。でもこれでは普通の価格交渉になってしまいます。時間がない方、交渉が面倒な方はここで終了です。

 

 頑張って交渉したい方はあともう一押ししてみましょう。いつも使える万能な術ではありませんが、決まれば必殺となりうる技を2つご紹介します。

 

 一つ目は、もし引っ越しの車両が複数台のときのみ有効な方法です。担当者は積み残しの発生を極端に嫌いますので、「3トンロング1台では心配なので2トン×2台で」と荷物量を保守的な見積もります。

 複数台になった時には、具体的にどれくらいオーバーするのかを確認しましょう。10~15箱くらいオーバーしますと言われたらこちらのもの。「引っ越しまでに荷物を減らすので1台で見積もってください」「万一積み残しが発生しても文句は言いません」と伝えて交渉してください。

 絶対不可能と言われればあきらめるしかありませんが、話の分かる方であれば相談に乗ってくれます。それでもし合意できれば、トラブルを避けるために見積書に「積み切り」と書いてもらいましょう。

 

 万一積み残しが発生した場合は自己責任ですので対処が必要ですが、遠距離の場合、車一台で10万円以上安くなりますから、積み残し分を1.処分する、2.宅急便で送る、3.自分で運ぶ等で対応すれば安くできます。特に自転車や家電のように車の中に無駄なスペースができるものは廃棄し新居で買いなおせばようでしょう。浮いた

 

 もう一つは引っ越しの日時決定を直前まで待てる場合です。運送業は固定費の塊です。だから空気を運ぶことを一番嫌います。

 例えば東京から広島に荷物を送ったあと、広島から東京の荷物があると配車にとってはベストの運行計画です。それができない場合は例えば広島から名古屋まで乗せて、名古屋から静岡は空車で走らせまた静岡から横浜まで・・・のように少しでも帰りの荷物を積んで空気を運ぶ時間を短くしようと考えています。

 だから日程調整の際に希望日を固定するのではなく、数日幅を持たせ、引っ越し日を相手に任せるのです。うまくハマれば原価程度の運賃で運んでくれますので格安になります。まあ、万が一空きが出なかったら困りますので、いったんは仮日程を決めておくのですが、空きが出たら日程変更してもよいのでギリギリまで調整してほしいと営業に頼むとようでしょう。

 急に「明後日の夕方なら」なんてことにもなりかねませんが、運が良ければ見積金額の半値以下で引っ越しできることもあります。

 

 いずれの方法も毎回有効というわけではありませんが、私は一つ目の方法で2回、二つ目の方法で3回成功しましたので一定程度再現性のある方法だと思います。

 

 ただし繰り返しになりますが、この必殺術はよい営業担当に出会ってこそ可能なものですから、一にも二にもよい営業担当者を見つけることが重要です。

 時間に制約があるからこんなことはできないよという方も、荷物を減らす、よい営業担当を見つけるの2点だけは手間を惜しまずに頑張ってください。

 

  私の場合、2つの技が同時に利用できたのは1度だけでしたが、その時は各社の見積もり29~38万円でしたが、最終的に14万円に抑えることができました。

 1つの技しか決まらなかったときでもおおむね相見積もりの最低価格より2~3割安くなりましたから、手間はかかりますがチャレンジする価値はあると思います。

 

 昨今の運送業界の情勢から考えて、交渉は難しいかもしれませんが、よい担当者を見つけ、よい方法を提案してもらえば他社見積もりよりも1000円安くしてとお願いする方法よりもコストを抑えることができると思います。

 

 最後に豆知識。混載便、車両交代(途中で積み替え)、乗務員交代(出発時と到着時でドライバーが違う)、派遣・アルバイト社員ありなどは 安くできますが、トラブル発生の可能性は高くなります。見積もりが出た段階で、こういう安かろう悪かろうになるような方法を取っていないかどうかは確認しておいた方がいいと思います。

 見積もりを見た後、難癖ではなく真面目に細かく質問をしておくと、担当者も手を抜かずにしっかりと対応してくれます。「ハイハイ、お任せしますよ」というと舐められる場合もありますので、見積もり訪問の時の営業担当者とのコミュニケーションには十分に気をつけてください。ただし、面倒なクレーマー予備軍と思われると逆効果ですので、ほどほどに。

 

 ※今後当面の間、最盛期の週末に個人が引っ越しすることは絶対に避けるべきです。慢性的にドライバーが不足しますので、繁忙期は価格交渉どころかいくらお金を積んでも引き受けてもらえない可能性が高くなっています。

 ちなみに、バブルの全盛期も今見たいに引っ越し業者が足りなくなったことがあります。当時、断ると角が立つのであきらめてもらうために東京大阪間の引っ越しに100万円の見積もりを出してきた会社もありました。今もそれに近い状態であるということは頭の片隅に入れておいてください。

引っ越し代を安くする必殺術 中編

 いよいよ引っ越し代についてです。今はほとんどの人が引っ越し代を安くするために比較サイトを使っていると思います。それは正しい方法ですが、引っ越しサイトを利用する目的は引っ越し代を安くするためではありません!

 

 お前、何言ってるんだと笑われるかもしれませんが、私は自信をもって断言します。頼りになる営業担当者を見つけ出すために使うものです。そういう人を見つけて真面目に交渉すれば、結果として品質やサービスの割に安い引っ越しを実現できるということです。

 世の中の節約系や引っ越し系のブログにはドヤ顔で比較サイトを使おうなんと書いてありますが、あれはアフィだったり表面上のことを知ったかぶりして書いているだけの役に立たないサイトです。

 

 

 ではどんな営業担当者がいいのでしょうか。まずは当たり前ですが常識のある人かどうかです。これを見分けるには直接会って話をすることが一番です。比較サイトにデータを入力すると数分から1時間以内に電話がかかってきて「正確に見積もるために訪問したい」と言われます。面倒でも訪問を受けてください。

 

 中には、連絡なく早く来たり、遅刻する人少なくありませんし、言葉遣いや身なりが一般常識から外れている人もいます。こういう人は絶対に避けるべきです。

 営業担当者は、価格交渉をしたり、トラブル時の対応、クレームの窓口になる人です。一緒に仕事をする人として相応しいかというくらいの目線を持ち接しましょう。非常識な人と交渉しても時間とお金の無駄です。ここでフィルターをしっかりと書けることが大切です。

 

 さて、常識がありそうなら次は営業のスキルの確認です。

 そのまえにざっくりと流れを書きます。営業担当者はあいさつし、名刺を渡した後、会社や引っ越しサービスの内容を一通り説明などをするでしょう。またネットに入力した情報の確認をするはずです(しない人は減点です)。それが終わると部屋の隅々まで見渡し荷物の量を判断するはずです。最後に会社の配車担当に電話をして日時の確認などをして見積書を作成し、見積書の説明、質疑、価格などの交渉へと続きます。

 

 ここで大事なポイントが2つあります。正確に荷物の量を見積る力量と配車担当との力関係です。

 荷物の見積もりについてですが2LDKくらいでも2、3分で終わる人と10分以上かかる人がいます。極端に短い人はざっくりと超適当に見積もっていますからNG。長いといっても要領が悪い人も経験が浅いだけなのでNGです。

 押し入れの中やバルコニーまできっちり確認し、捨てていく荷物、自転車等屋外にある荷物まできちんと把握し、正確に荷物の量を計算している人が優秀な人です(手で計算したり、暗算するように頭の中の車両を描き荷物の積み込みを計算している人は概ね優秀)。

 

 あと、もう一つは配車とのやり取りです。配車という仕事は、車と荷物をマッチングし、いかに効率的にモノを運ぶかを判断する部署であり運送業の心臓部です。

 通常、引っ越しを依頼する人の要望と配車がベストと考える運送条件(日時、車種、価格など)は一致しませんので、その調整を営業担当者が行うことになります。この担当者が配車に頭が上がらないようなら価格交渉はおろか、こちらの希望条件も通らない可能性が大です。よい担当者は、両方が満足できる妥協点を見つけ出すように、双方の間に入って調整をしてくれます。

 営業担当者が配車に電話するときにはその会話に聞き耳を立ててください。配車に交渉もせず言われたことをあなたに伝えるだけなら、この担当者は使い物になりません。こんな担当者には価格交渉も期待できませんし、トラブったときも親身になって相談に乗ってくれるはずがありません。

 

 顧客満足を少しでも考える担当者なら、配車担当者とぎりぎりの交渉をしたり、あなたの希望を叶えられないときには必ずプランBを提案してくれるはずです。それができない担当者と交渉しても、大して安くはなりません。

 

う~ん、まだ書き足りないことがありますので、後編に続きます。 

 

引っ越し代を安くする必殺術 前編

 賃貸物件の下見をしている親娘連れの姿を見かけるようになりました。まもなく引っ越しシーズンが始まります。

 さて、引っ越しといえば引っ越し費用のことが気になります。とくにここ2年ほど、人手不足も手伝って個人向けの引っ越し料金はうなぎのぼりです。

 その時に頼りになるのが比較サイトなどのネット情報といいたいところですが、社会人になってから10回以上、無駄に引っ越してきた私から言わせればネット情報は正直言って物足りなく感じてしまいます。

 

  最近は、交渉するどころか引き受けてもらえるかどうかという方が重要になってきてはいますが、やはり引っ越し代は一番気になるところのはず。ということで経験談を交えながら必殺術を書いてみたいと思います。

 転勤で会社が無条件に払ってくれる人には役立たないでしょうが、家を買ったとか、転職したとか、個人的な理由で引っ越す人は知っておいて損はないと思います。

 

 

 引っ越し代の節約を考える前に、まずはしっかりと決めておかなければならないことがあります。それは、価格、リスク、サービス品質のどれを最優先するか、3つのバランスをどう考えるかについてです。

 

 リスクとは、決められた時間までに引っ越しが終わらない、荷物が途中で紛失・破損する、など想定されるトラブルのことです。サービス品質は荷物の積み下ろしの丁寧さ、オプションの種類と価格、トラブル時の対応力、補償水準などです。

 

 運送業というのは、モノを運ぶ仕事と思われていますが実はクレーム業なんですよ。頼む側は「うまくできて当たり前、何か起こるとお前が悪い」と思いがちです。でも実態は違います。程度の差はあれ、必ず何かが起こるものです。

 そんなにみなさんが要求するサービスレベルって実は簡単なものではないんです。到着時刻だってずれますし、箱に潰れが生じたり、家具に気にならない程度の小さな傷がついくことって一定の確率で必ず発生するんです。

 

 だから、引っ越しに求めるものが何かを明確にし、サービスに見合った対価を払わないと後で嫌な思いをすることだけは忘れないでください。 

 何が何でも価格優先にしたいのなら、それを売り物にした業者に頼むか、車を借りて人手を確保し自分で引っ越してください。それが一番安上がりです、で話は終了です。 

 サービスや品質をどこまでこだわるかは人それぞれの考え方次第ですので、ここでは言及はしません。

 

 さて、次にいよいよ引っ越しを安くするための方法ですが、まずは事前準備です。一番大切なことは、当たり前なのにできていない「荷物を減らすこと」。

 荷物を整理すれば4トン車1台で済むところを、とりあえず全部持って行ってあとで整理しようとなんて考えると2トン車+3トン車が必要なんてことになりかねません。それだけで費用は大きく増加してしまいます。

 また、荷物の量だけでなく、重量にも気をつけてください。最近はあまりいないとは思いますが高級家具や書籍を大量にお持ちの方の場合、スペースは余っているのに重量オーバーになるのでもう一台必要なんてこともまれに起こりますから。

 

 ということで、家は住むところ(ハウス)であり、倉庫(ウェアハウス)ではありません。引っ越しを機にできるだけ整理することを心がけましょう。二度と手に入らないものや思い出の品でないかぎり、2・3年使っていない服や物は全部処分・換金してしまいましょう。ほとんど後悔することはないはずです。

 引っ越しも楽になり、家の中もすっきりし、引っ越し代も安くなり、家財保険も少なくできていろいろとお得ですよ。

 

 って、ここまで全然必殺術になってませんね。すみません。後編は頑張ります。

 

 

 

 

 

 

予測は外れるためにある

 まだ今年は24分の1しか終わっていないのですが、プロの皆さんがそろいもそろって株価&為替予測を盛大に外していらっしゃいます。

 

 図書館で斜め読みしただけですから、正確な数字ではありませんが、プロの予測のすばらしさの一端を報告させていただきます。

 

 まずは、ダイヤモンドZAI2月号。「日経平均&マザーズ指数をプロ100人が予測!」に始まり多くの予測が載っています。
 が、年始早々の株式市場乱高下とまさかの円高のおかげで、1月15日現在で日本株も為替もすでに8割前後の専門家の予測範囲をオーバーしてしまいました。目も当てられません。

 では、天下の日経は。。。年初に日経ヴェリタスでマーケットのプロ79人の予測が掲載されています。果たしてその結果は・・・こちらも日本株も為替も約半数が予測範囲を超えてしまいました。

 

 ZAIは8割が外しているのに、日経は5割なので日経の方が信頼できるですって?確かにZAIは評論家など微妙なプロが含まれているのに対し、日経陣はアナリスト、ストラテジスト、ファンドマネージャーなどより専門性の高いプロフェッショナルが揃っています。さすがは日経の選んだプロといいたいところですが、よく見れば・・・恥をかかなくて済むように(?)予測レンジを広くしているだけのようでした。残念。


 それにしても専門家のみなさまは、わずか数営業日で予測が外れてしまって何も感じないのでしょうか。

 本来ならこのような混乱が続く市場環境下でこそ、AIなどの最新テクノロジーと豊富な専門知識、資金を活用できるプロが、ぴたりと予測を当て「さすが」と称賛されてほしいものですが、残念ながら無理だったようです。


 確か2008年のリーマンショックの年もほぼ全員外れでしたし、2015年のチャイナショックの時も1月末時点でほぼ全員が見事に予測を外していました。あれからまったく進歩がないところが残念ですね。

 

 ということで、専門家の予測なんてものは、朝の情報番組の「今日の運勢」くらいの価値しかないということです。信じるか信じないかは自由ですが、何の役にも立たないことだけは忘れないでください。

 それはそうですよね。そんなに正確な予測ができるプロ中のプロならサラリーマンなんか辞めてにとっくに独立し運用のプロとして名声を築いているはずです。

 

 「予測ビジネスで儲ける人々」という本によると、あらゆる予測は外れるものであり、例外的に信頼できる予測は人口動態と72時間以内の天気予報だけだとぶった切られています。

 つまり市場予測も「予測」と呼ぶに値するものではないということです。「予測」という文字を見かけたら「予想」(予め想う)か「予感」(予め感じる)くらいの希望的観測だと思ってください。

 こんな情報を得るために雑誌や新聞を購入するのは、時間とお金の無駄ですよ。

 

 ということで結局専門家は、当たらない予測を売って生計を立てているおじさんたちということでよろしいのではないでしょうか。

内藤忍氏、利回り保証の投資セミナーを主催!?

 何かと話題を提供してくださる内藤忍先生が、ご自身が代表を務める会社を通じて利回り保証の投資案件を紹介するセミナーを主催されるそうです。(厳密にいえば、主催者は内藤忍氏ではなく「Shinoby」となっていますが、ご自身の写真を載せていらっしゃいますので、あとで「あれはオレではない」という言い逃れはナシでお願いしたいと思います)

 

 さて、今回の案件ですが、「数年前から一人の日本人が、数十億円を投じて始めた壮大な社会貢献プロジェクト」なんだそうです。きっと意識の高い内藤氏の琴線に触れたんでしょうねぇ。

 でも、海外の不動産投資案件を「利回り保証!」ってタイトルで紹介してしまっていいんでしょうかね。

 

 もちろん、内藤氏がお金を集めるわけではありません。紹介しているだけです。でも、ここまで明確に保証と書いてあると、万が一の時にまた彼の名声に傷がつくんではないかと心配で心配で夜しか眠れませんw

◆投資対象の概要
カンボジア・キリロム工科大学/学生寮への投資
・投資金額は約500万円から(セミナー特別割引価格でご購入の場合)
・表面利回りは最大で10.72%セミナー特別割引価格でご購入の場合)
・9年間利回り保証
・不動産の所有権ではなく、リースバック取引(リスク要因となりますのでご注意ください)

 まあしれっと

※想定利回りは、開発者が保証するものです。

 と、オレが保証するわけではないと予防線を張っていますが、それにしても、ワイン詐欺ファンドの一件もありますしあまりにも不用意なんじゃないでしょうか?

 

 ということで、このプロジェクトをグーグル先生に調べてもらったところ、ちょっと気にかかることが出てくるんですよね。

 なにやら、しつこい勧誘で揉めているようなんです。このブログ主の言い分がすべて正しいとは言い切れませんが、ブログやコメント欄のやり取りを読む限りは、どちらに分があるかは明らかです。

 それに、1000円の有料セミナーに参加した人は、セミナー特別割引価格で購入できるってのもとっても胡散臭い話です。

 

 また、このブログには書かれていませんが、サブリースを使ったスキームのようです。サブリースといえば、かぼちゃの馬車事件。いくらサブリースだから収益は安定すると言われても相手がこけたらどうするんでしょうか。それに当然のことながら、制度も法律も違いますし、為替やカントリーリスクもあるわけです。どう考えてもリスクの塊のようにしか見えません。

 

 いやぁ、ほんとどれだけすばらしい投資案件なのか、そしてどれだけ熱くシノビー氏が推してくれるのか、気になって気になって仕方ありませんが、あいにくこれだけのために東京に行くほど私も暇ではありません。参加した勇者が見つかれば後日話を聞いてみたいと思います。

 

 これなら築古フルローンで地方のアパート買った人の方が賢明に見えてしまいます。今年も内藤忍氏から目が離せそうにありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、あとでなかったことになると困るのでセミナーのページは魚拓とプリントで永久保存しておきたいと思います。これらが日の目を見ないことを願うばかりです。

 

 

【重要】動揺している積立投資初心者のみなさまへ

 ここ1、2年の間につみたてNISAやiDeCoを始められた方にとっては初めての下げ相場がやってきました。投資を始めて後悔している人や残高が大きく減少し不安を感じている人も多いと思います。

 

 昨年12月に、含み損が出ても継続しようという記事が出ていました。

含み損が生じてもいずれ上昇に転じるのを信じて購入を継続しない限り、成功体験は味わえない。リスクを取らなければリターンが得られないのが資産運用の鉄則だ。 

 今はまさしくその時だと思います。特に投資期間を長くとれる20~40歳の人にとっては、今回の株価下落なんて後で振り返れば笑い話にもならないような些細な出来ことです。

 10年、20年という目で見れば、世界の人口は増え続け、人々はよりよい生活を手に入れるために努力し、技術は進歩し続けます。その間に、バブルとその崩壊、国際紛争など無数の混乱が起きるでしょうが、最終的には世界の経済は拡大し、落ち着くところに落ち着くはずです。それを信じて積み立てを続けましょう。

 

 

 きれいごとだけ言っても響かないでしょうから私の確定拠出年金の記録をアップしておきます。

f:id:hodohodo_life:20190106084850j:plain

※事業主掛け金=給与控除された拠出金(23,000円×29か月)

※移管金・制度移管金=年金制度変更に伴い企業年金から移管された拠出金

 当時勤めていた会社の年金制度が変更され2006年の秋に確定拠出年金を始めることになりました。外国株式100%で運用していたのですが、リーマンショックに見舞われたため、2009年3月の時点では拠出金はほぼ半減してしまいました。当時の運営会社からの報告を見ると全加入者のうち私の運用成績は下位0.5%に入るほどの酷いものだったようです。

 

 さて、あれから間もなく10年が経過しようとしています。その間1度も休むことなく拠出を続けて運用を継続しました。その結果、昨年末時点の拠出金累計額は400万円を少し超えました。それに対して資産額は800万円に手が届くところまで来ています。

 

 マイナス70万円の含み損が10年後には400万円の含み益、これが長期積立投資の醍醐味です。積立開始当初は株価が大きく下落しましたが、そのときに安い価格でたくさん購入したため、ここ2・3年の株価上昇の恩恵をフルに受けることができたのです。

 

 積立投資で大きな成果が上がる理想形は、「積立期間中は株価が低迷し、積み立てを終え受け取り始めるときに株価が上昇している」というものです。だから運用期間が10年以上ある人は今少々株価が下落しても、数年株価が低迷してもまったく心配する必要はありません。

 受け取り開始時期まで5年を切るようなら慎重な投資方針に変更すべきだと思いますが、それ以外の方は今は将来を信じてじっと我慢する時期なのだと思います。

 

 私はすでに50歳を超えていますが、まだまだ長期投資の姿勢を保ち積極的な運用を続けていくつもりです。

 

 

 

 

「おめでギャー」で始まった2019年

 たいへん遅くなりましだか、あけましておめでとうございます。

 今年こそ、夢ある早期リタイアブログを目指したいと思ったのですが、平穏でありふれたアラフィフおじさんの毎日を日記風に描いたところでおもしろくもなければ誰の役にも立ちそうもないことに気づきました。

 ということで、引き続き投資関係の金融老害的な内容が中心になると思いますが、今年もよろしくお付き合いください。

 

 正月早々、過去3番目のアクセスがありました。何事かと調べたら、なんと「かぼちゃよりワインでしょ」へのアクセスでした。皆さんどうしたんでしょうか?あの方が新年早々なんかやらかしたんでしょうか(謎)

 

 それはさておき、今年のマーケットの話です。「おはギャー」ならぬ「おめでギャー」で始まりましたね。正月中にドル円が104円台に突入したり、株式市場も大荒れ状態で、気が休まらなかった人も少なくないでしょう。

 特に外貨FXをしていた人は悲惨だったようで、ツイッターでは300万円溶けたとか、2500万円瞬間蒸発したとか、不幸自慢しているスクショがたくさん流れてきました。

 

 昨年、株から仮想通貨まであらゆるジャンルで無防備な個人投資家が大きな痛手を被りました。せっかく自分の代わりに多くの投資家が人体実験をして多くの教訓を残してくれたにもかかわらず、新年早々同じ光景が繰り返されているのは何とも不思議です。

 

 台風の真っただ中に、洗濯物を干したまま数日間留守にしたらどうなるか誰でもわかるでしょう。ならば、大切な資産を過大なリスクにさらしたまま正月休みを迎えたらどうなるかもわかりそうなものですが、そこまではわからなかったのでしょうか?

 

 これも長く続いたアベノミクスの弊害かもしれません。ここ6年ほどの間は、ゼロ金利のおかげで債券高、円安、株高、不動産高とほとんど何を買っても儲かるような市場環境でした。

まあ、ワイン詐欺ファンドや草コイン、一部クラウドファンディングに代表されるような、欲で目がくらんでいなければヤバイと分かるようなもの以外であれば、「サルでも勝てる」状況だったわけです。

 そんなぬるま湯に慣れてしまい「自分だけは大丈夫」「失敗する連中は単なるバカ」と天狗になっていたのかもしれませんね。こういう数十年に一度の好環境も数年続けばこれが当たり前だと勘違いしてしまうのが人間の悲しいサガというものかもしれません。

 

 が、昨年の後半から状況は一変しました。数十年に一度の好環境が数年に一度程度の好環境へと変わっています。おそらくこれがさらに普通の環境へと戻っていくのではないでしょうか。

 祭りではしゃいで調子に乗って飲みすぎた人には、つらい二日酔いが待っているように、運を実力と勘違いしてウェーイと騒ぎすぎていたお調子者には辛い一年が待っているかもしれません。

 偽者の化けの皮が剥がれ淘汰され、本物だけが生き残ることは悪いことではありません。自分が生き残る側にいれば何も焦る必要もないでしょう。リスクをコントロールしながら長期投資を続ければよいだけです。

 

 

 話は変わりますが、新聞・雑誌に今年の為替予想を書いた「プロ」のみなさんの何割かがたった3日で年間予想を外してしまうという赤っ恥状態ですね。

 予想はあくまでうものであり、単なる希望的観測にすぎません。信じるものではなく、プロ野球の順位当て程度の意味しかないことをお忘れなく。

 

 波乱の一年になるかもしれませんが、今年も慌てず騒がすのんびりといきましょう!