個別株投資では避けることのできない「もらい事故」

 昨日、広島高裁が伊方原発の運転差し止めを決定したそうです。それを受けて株式市場では四国電力株が大きく値を下げました。1500円前後だった株価が現在1300円前後ですので、投資家が動揺している様子がうかがえます。

 個別株に投資していると、予想外のニュースにより所有している株が暴落することは避けられません。

 このように悪いニュースが速報されると短期売買の投機家が猛烈に売り始めます。止まることなく下がっていく株価を見て不安になった投資家がそれに追随して売り始めると、売りが売りを呼ぶ状況に陥り、株価が暴落していきます。


 このときに冷静になれるかどうかで、個別株に向いているかどうかがわかります。不安になって条件反射的に売ってしまう人は残念ながら個別株投資には不向きです。

 こういうもらい事故に遭遇すると、不安を解消するために一刻も早く売ってしまいたいと思うものですが、それではなかなか成功できません。何が起こっているのかを理解して冷静に判断したうえで行動を決断するべきです。

 

 もちろん、今回の決定により長期にわたって原発が止まり、火力発電の比率が上昇することにより業績が悪化し、会社が存亡の危機に立たされると確信した人は即刻売却すべきです。

 でも、冷静に考えれば火力発電によるコストアップはいずれ電力料に転嫁されます。記事をよく読めば運転差し止めの期間は18年9月末までですし、係争中の訴訟が同じ広島地裁で行われており異なる判断をする可能性があると書かれています。また、今回の仮処分を受けて国が原子力発電の方向性を変更したわけでもありません。すぐに危機的状況になるとは思えません。

 さらに記事を確認すると、1万年に1回程度の破局的噴火のリスクを評価するために9万年前に起きた過去最大と言われる破局的噴火の被害を想定したようです。ここで大きな疑問が生じます。稼働期間が数十年の原発のリスクを評価するためにそこまで想定することが果たして合理的なのでしょうか。
 そもそも次の破局的噴火が数十年以内に発生する状況ではありません。それでもリスクがゼロでない限り想定しろというのであれば、日本中いや世界中で原子力発電を行うことができなくなります。なぜならミサイル攻撃やテロによる襲撃、隕石の落下などはるかに確率の高いリスクがたくさん存在するからです。今回の決定はバランスを欠くように思えます。

 

 今回はあくまで仮処分であり、裁判所におけるプロセスも簡易なものです。17年3月の広島地裁では「最大規模の噴火が原発の運転期間中に起きる可能性が、相応の根拠を基に示されない限り、安全性を欠くことにはならない」として伊方原発の運転を認めているわけですから、係争中の裁判で仮処分とは異なる判決が出る可能性も十分に考えられます。

 

 こういった情報をすべて理解したうえで「売る」「判決まで様子を見る」「買う」の判断を行うことが、個別株投資をするにあたって重要なことだと思います。

 

 個別株を続けていると年に何度かこのようなもらい事故に遭遇します。でもそれを嘆いても始まりません。何度も経験していくうちに、自分なりの判断基準ができ、失敗や判断ミスが減っていきますので良い経験と前向きにとらえましょう。それが無理ならやはり個別株投資は避けたほうが無難でしょう。

 

※この記事は四国電力株の売買について推奨するものではありません

原発については投資とは別の視点で考えるべきものですので、この記事では是非には触れません。

リタイアライフの最大のメリットは健康になること

 早期リタイアにはさまざまなメリットがありますが、一番私にとってありがたかったことは、健康になったということです。

 

 もともと小学生の時から40歳くらいまでは医者いらずでしたが、それでも年に一回や二回は風邪をひいていたものです。それがリタイアを決めて以降、一度も風邪どころか風邪気味になったことすらありません。おかげでずいぶん生活の質が向上しました。

 

 理由は殺人ラッシュの電車に乗らなくなったことと、ストレスがたまらないこと、無理に我慢する必要がないことでしょう。地方都市に移住したのでそもそも殺人ラッシュはありませんし、どこかにでかけるにしても平日のラッシュ以外の時間ですので電車の中も目的地も本当に空いています。たいていの風邪は飛沫感染ですから半径1mに人がいなければ、ウイルスや金をもらう可能性が大幅に低くなります。

 

 また、変なストレスがなくなり免疫力もあがっていると思います。仕事をしていると人間関係や納期、ノルマなどから逃れることは不可能でした。一つストレスのもとがなくなってもまた新たなストレスに悩まされるという生活が続いていました。でも、リタイアすれば悪いストレスは大幅に減りました。これでやけ酒もなくなり、睡眠の質もよくなったので免疫力は大幅に向上していると思います。

 

 無理する必要がなくなったことも大きいですね。会社勤めであれば台風や大雪で警報が出ていても、交通機関にトラブルが出ていても、出勤時間を早めて出社することが当たり前です。ずぶ濡れになったり、体の芯まで冷え切った状態で出社し、嫌な仕事をしているようではストレスもたまる一方です。

 リタイアすれば荒天や交通機関のトラブルも怖くありません。よほど重要な約束でもないかぎり予定を変更すれば済むだけの話です。実際、今日は出かける予定でしたが、むちゃくちゃ寒いのでこうやって日向でパソコンを打っています。

 こんな日に頑張って出社される方を見て申し訳ないと思いながら、あらためてリタイアライフの良さを実感しているところです。

 

 とはいえ、50歳を超えてくればだれでも心身の衰えを避けることはできませんし、病気とは言えない程度の不具合はあるものです。健康になったことを過信せずに、規則正しい生活を続け、定期健康診断を受け、何か不具合が見つかった時にはすぐに治療するように心がけたいものです。

 

 

あなたは個別株派、それともインデックス派?

 初めてお会いする株式投資家の方とお話しすると、よく「個別株派、それともインデックス派?」と聞かれます。

 私は「国内は個別株派、海外はインデックス派」なのですが、このスタイルはかなり少数派に属します。

 

 意見交換会や懇親会では、アクティブ投資(個別株投資は究極のアクティブ投資)とパッシブ投資(多くのインデックス派が所属)のどちらがよいかという話が盛り上がるのですが、私はそれぞれに長所・短所があるのでそれをうまく利用すれば良いと答えており、実際に30年近く実践しています。

 

 一般的にはリスクを抑えつつ手間をかけずにコツコツと資産形成を目指すのであればインデックス投資が正解です。だから私も外国株式はインデックス投信やETFを利用しています。

 

 では、なぜ私が国内の個別株にこだわるのかと言えば、現状の日本株に限っては、デメリットの方が明らかに大きいと思えるからです。

 インデックス投資が有利になるためには、「市場が合理的であること」や「経営者が資本主義を正しく理解していること」などが前提条件になるのですが、私には日本の株式市場がこれらの条件を満たしているとは思えないのです。

 

 市場が合理的であるためには、情報が公平に開示され、投資家も合理的に行動する必要がありますが、現実にはインサイダーまがいや風説の流布といったグレーな行為が大規模に行われています。滅多にそれらが取り締まられることもありません。

 また投資家も「配当が多ければ多いほど良い」「株主優待があるほうが良い」「株主総会で議決権を行使しない」などとても成熟した投資家として行動しているとは思えません。

 さらに、サラリーマン経営者の多くは自己保身のためリスクを極度に回避したり(もしくは無謀にリスクをとったり)、戦略なき横並び志向に走ったり、根拠のない数値目標を達成することを目的化したりと、とても株主から負託され経営を行っている経営のプロのようには見えません。

 

 その結果、不透明な資本取引や粉飾決算もどきを行った会社も資本市場から退出させられることもありませんし、またそんな会社の経営者もほとんど責任を問われることがありません。私には、こんな会社の株価は長期的に上昇していくとは思えないのです。

 

 インデックス投資をしているとこんな会社の株まで自動的に買っていることになります。もちろん、世界中どこの株式市場でもダメな会社が一定数含まれていますが、残念ながら主要先進国の中でも日本はその比率が非常に高いと思います。現にある有名ファンドマネージャーは上場企業の三分の一以上は腐って上場している価値がないと指摘していますし、私も同意見です。

 

 代替策としてアクティブ投資の良質な投資信託を購入できれば良いのですが、残念ながらこちらもほとんど存在しません。積立NISAの対象になったアクティブな投資信託が数えるほどしか存在していないことがその証拠といえるでしょう。

 

 結果として、消去法的ではありますが、自分で将来有望な銘柄を探し出して長期保有するというスタイルをとっているのです。この投資方法は手間もかかりますし、間違うとリスクも高いのですが、得るものも多いので、今の日本の株式投資では一番良い方法ではないかと私は考えています。

 

 

早期リタイア計画が具体化したら同窓会・OB会へ行こう

 更新が滞り申し訳ありませんでした。日本各地をパソコンも持たずに巡業(?)しており、サボってしまいました。

 

 40歳を超えた頃から同窓会が活発になるという話をよく耳にします。
実際に私の周りでも数年前から卒業後●周年とか●●先生を囲む会のような集まりが増えてきました。また、部活やゼミのOB会の案内も多くなりました。

 今回の旅は、OB会を口実に旅に出てついでにアチコチ飲み歩いていたのですが、あらためて学生時代の仲間と飲むことのありがたさを感じましたので、感想を書き残したいと思います。

 

 リタイアすると会社時代の友人との付き合いは驚くほど希薄になります。そもそも仕事という共通の利害(?)でつながった間柄ですので、仕事がなくなるとどうしても疎遠になるものです。

 リタイアした側は忙しい現役組に声をかけることを遠慮するでしょうし、現役組は仕事もプライベートも忙しいので、気にしつつもなかなか声をかけるきっかけがつかめません。

 

 一方で学生時代の友人や先輩後輩であれば、同窓会やOB会というきっかげかありますし、他社の状況や新しい道を歩み始めた同世代の話には興味があるものです。ですので、早期リタイアした人、近いうちに実行しようと考えている人にとっては、同窓会やOB会というものはあたらしいコミュニティーを作るという意味でも大いに役立ちます。

 

 実をいうと私はこういった会合が苦手で48歳まで一度も参加したことがありませんでした。実家も移転し、私自身卒業後10回ほど転居していたため高校、大学とも行方不明者リストに入っていたほどです。
 数年前、偶然仕事の関係度高校の同級生と再会したことがきっかけでつながりが復活し、高校卒業30年の同窓会の案内を受け取りました。この時点で近いうちに早期リタイアをしようと考えていた私は、リタイアすると時間もできるだろうし、遊び仲間を作るために一度くらいは出席してみるかと軽い気持ちで出席の返事を返しました。

 

 実際に出席してみると、もっと早い時期か参加しておけばよかったなと思いました。いまの自分に自信がないとか、嫌いな奴に会いたくないとか、欠席する理由はいろいろ思いつくのですが、二十年、三十年ぶりに会うとそんな心配はまったく不要です。 

 顔を合わすと一瞬で当時に戻り昔話に花が咲きます。口をきいたことのなかった人たちとも友達だったかのように自然と話ができますし、仲が悪かった連中が相手からも謝られたり、口をきくのも恥ずかしかったマドンナにも自然と話しかけることができます。変な心配はすべて杞憂に終わりました。

 

 少しは耳障りな自慢話を聞かされることもありましたが、そんな連中であっても話を聞いているうちに、苦労を重ねてきたことや心配事をたくさん抱えていることがわかり、みんな道は違うけどそれぞれ頑張ってるんだなあと親近感を覚えたりしました。何人かと連絡先を交換して、それからは年に何度かあって近況報告するようになりました。

 

 OB会の場合であれば、先輩もいらっしゃいます。気は使いますが、当時ほど厳格な上下関係は薄れますし、何といってもリタイア前後の話を聞くことができます。リタイア後の仕事、家族関係、趣味、健康などいろいろな問題について生の声は本当に貴重です。私もいろいろと参考にさせていただきました。情報収集の場としては非常に有効です。

 

 リタイアして新しいコミュニティーにいきなり飛び込むのは心配だという人はまずは同窓会・OB会などに参加し、旧交を深めるところから始めると良いのではないでしょうか。

 

 

 

山一証券廃業から20年に思うこと

 ここ数日、テレビや新聞で話題になっていましたので目にした方も多いと思います。もう20年ですか、時のたつのは早いものですね。

 

 当時、私は30歳を少し超えたくらいでした。1970年代の石油ショックによる経済混乱を知らない私にとっては初めての目の当たりにする金融危機であり、大きな衝撃を受けました。

 絶対に潰れないといわていた大手銀行、大手証券、生命保険会社がドミノ倒しのようにいとも簡単に消滅していく様には本当にショックでした。

 

 幸い、私自身は職を失うわけでもなく、大きな損失を被ることもなかったので、大きな痛手を負ったわけではありません。それでも、ボーナスがゼロになったり、銀行株が紙くず同然に暴落しましたので無傷ではありませんでした。

 

 この経験は私に大きな教訓を残してくれました。一つ目は「国にも企業にも依存してはいけない」ということをです。国や企業を信じ依存することは個人の自由ですが、切羽詰まった最後の最後には誰も助けてはくれないという残酷な現実を教えてくれました。

 

 二つ目は「混乱を乗り越えるために必要なのはキャッシュだ」ということです。たとえ歴史ある大企業であっても、高収益の黒字企業であっても、大資産家であっても、明日必要な現金を用意できなければ一瞬にして倒産してしまうということです。本来、支えるべき銀行側ですら自らの資金調達に苦しむようなときには手を差し伸べるどころか、貸出先が倒産するかもしれないとわかっていても手のひらを返して融資を貸しはがすという現実は衝撃的でした。

 

 三つめは「マスコミは混乱を増幅させるだけの無責任な存在だ」ということです。平成のバブル崩壊の時もそうでしたが、マスコミは危機をあおるだけあおり、政府が対策を講じようとしても反対のキャンペーンを打つばかりです。対策に反対なら対策を提案すべきですが、それは自分たちの役割ではないと言い逃れひたすら経済を混乱させるばかりでした。マスコミに限らず野党政治家や評論家も同じです。

 

 私は「自分の身は自分で守る」「自分の管理能力を超える借り入れは行わない」「専門家やマスコミの情報に振り回されず冷静に自分で判断する」、この三つができるようになれば、大きな混乱に巻き込まれても何とか生き延びることができると考えるようになりました。

 これ以降、投資について考え方を改めました。今まで行っていた短期的な儲けのための投資ではなく、リスクを抑え時間をかけて資産を殖やす守りを重視した長期投資へシフトすることにしたのです。

 

 平成の金融恐慌ともいわれた経済危機は私の投資スタイルを変えてくれただけではありません。金融行政も大きく変わりました。

 金融ビッグバンと呼ばれる大改革が始まり、なんでも規制するが業界全体を保護する護送船団方式の崩壊が進んでいくことになりました。

 その後、20年をかけて証券業界は激変し、取引コストが低下し、リートやETFなど有力な投資商品が開発され、海外株式への投資も簡単になりました。また、税制も長期投資に有利に変更され個人投資家が長期投資を行いやすい環境が整備されていきました。結果的には、危機は大きなチャンスへと変わりました。

 

 今現在、世の中にはお金があふれ、さまざまな投資商品の価格が高騰しています。株式、不動産、仮想通貨の一部は明らかにバブルの領域に近づいています。それに加えて、根拠のない楽観論が広がり、金儲け住めた目には手段を択ばないという拝金主義的な考えも広がり始めています。

 こんな時こそ、次の混乱に向けた準備を始める時ではないでしょうか。

 

 

 

成功する投資家の共通点

 先日は不動産投資家と株式投資家の違いについて触れてみました。今日は、共通点について書いてようと思います。

 

 たくさんあるので箇条書きにしてみます。

・決断するまでは慎重だが、決断すると即行動に移す
・他人の意見(特に反対意見)によく耳を傾け、自分で考え判断する
・コミュニケーション力、特に交渉力に長けている
・異なる意見を尊重し、自分の考えを押し付けたりしない
・知的好奇心が旺盛で勉強熱心である
・真面目な質問に対しては熱心に教えてくれる
・自分の投資方法を確立している
・5年、10年先を見据えて投資している
・おだやかで、非常に謙虚である
・物事を常に複数の視点から考えている
・ポジティブシンキングを実践している
・リスクを把握し、対策を講じている

 ざっとこんな感じです。どういうタイプの方か、これを読むと何となく想像できませんか。

 株式セミナーに出掛けて「儲かる株を教えてくれ」と言ったり、不動産セミナーで感化されて「俺も3年でメガ大家になる」と宣言するタイプの方は皆無です。

 

 私が今までに知り合った成功者は、医者、自営業、サラリーマン、専業投資家、リタイア済みの方など職業や立場はさまざまですが、人間的な魅力にあふれる方ばかりです。

 彼らは投資家として成功していますが、投資をしていなくてもきっとそれぞれの分野で成功を納めるんだろうなと思うような方々です。きっと「となりの億万長者」で紹介されている人たちと同じ特性をお持ちなのでしょう。

 

 経済的自由を手に入れるためには、書籍に山積みされている投資のテクニック本なんかを手にするより、成功した人の話をたくさん聞く方がすっと役に立ちます。テクニックよりも、役に立つビジネスの基本的な知識(テクニックではありません!)を身につけ、さまざまな人生経験(特に手痛い失敗経験)から学び、そして人間性を磨くことこそが本当の近道なのでしょう。

 

 

不動産投資家と株式投資家の違いについて

 セミナーや勉強会に参加するようになりたくさんの投資家の方と知り合4うことができました。肉食系の若手サラリーマン大家さんからすでに経済的自由を手に入れた株式投資家まで、いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。

 

 中には意気投合し、連絡先を交換し定期的に会う飲み友達もいます。また、あまりにも考え方が違うとか性格的にあわないという理由で名刺交換もせずにその場限りという人もいます。

 ただ、一度限りの人であっても発想の違いや投資リスクとの向き合い方など、多くの気づきを与えてくれますので、学ぶという観点から非常にありがたい存在です(一部、酒癖の悪い人を除く)。

 

 職業も年齢も投資しスタイルも違うさまざまな投資家の方と交流するようになって、いくつか気づいたことがあります。不動産投資家と株式投資家では結構考え方が違いのです。

 

 一番の違いは、借入金に対する意識です。株式投資家は、長期投資に借り入れ(信用取引)は厳禁と考える人が大半です。逆に不動産投資家は、いかに上手に借入金を活用するかを考えています。現金買いしかしない方は皆無でしょう。投資対象が最低数百万円と高額になるので当然と言えば当然かもしれません。同じ投資家なのに借入金に対する姿勢が正反対なのはなかなか興味深いところです。

 

 次に人とのつながりについてです。短期勝負のトレーダー以外の株式投資家は一人で黙々と投資する人や仲間ができてもたまに飲みに行くくらいの軽い付き合いを好む人が多い気がします。

 一方、不動産投資家は一度仲良くなると、普段から連絡を取り合って情報交換をしている人も多いそうです。不動産投資家は金融機関、管理会社、仲介会社、内装工事会社、入居者など人との付き合いが不可欠なので、お互いに情報交換し、ノウハウを共有しているのでしょう。

 

 

 投資対象の異なるいろいろなタイプの方と話をさせていただいて私なりに気づいたことを書いてみたいと思います。

 不動産投資で長期間にわたり成功している方は、投資家というよりも事業家タイプの方ばかりです。事業ですから次から次へと課題が現れ、またリスクにさらされますが、それらを解決することを楽しめる人が成功を収めています。業者に丸投げしてチャリンチャリとお金が入ってくるなんて勘違いしている人は皆無です。

 

  株式投資の世界ではインデックスファンドの積立投資を利用して運用はプロにお任せという投資方法で成功している人は存在します(有名なインデックス投資ブロガーさんたち)。

 でも、不動産投資で(意識高い系のセミナーで紹介されるような)すべてプロにお任せで成功した人は聞いたことがありません(知り合った不動産投資家の皆さんも異口同音にそんなの業者と金融機関に生かさず殺さずで栄養を吸い取られ続けるだけだと断言されています)。

 

 不動産投資はサラリーマンが片手間に副業として行うにはかなりハードルが高いということがよく理解できました。資産形成が主な目的であれば、NISAやiDeCoをうまく活用して長期投資に徹することが一番成功率が高いと思います。

 

 どちらの投資が正解というわけではありません。自分の性格や投資に割ける時間、事業家としての向き不向きなどを知って、より自分に合った道を見つけたほうが良いと思います。

 

 蛇足となりますが、不動産・株式両方を本格的に投資して成功した人にはまだお目にかかったことがありません(不動産は何とかなったけど、株はダメという人は意外と多い)。二刀流は避けたほうが無難なようです。