AIによる資産運用が悲劇を生む予感-後半-

 前回は、今までの悲劇と似ているという話をしましたが、どうなるか、私の悲観的な予想を書いてみます。ただし予測ではありません。予想ですから私の個人的感想程度のものですので、あまり真剣に読まないでください。

 

 AIを使った運用っていうと何か目新しい運用方法のような気がしますが、膨大なデータを収集・解析し、独自のアルゴリズムを使って自動売買する仕組みにすぎません。今でもクオンツとかなんとか言われるものが、似たようなことをしています。

 AIを使えば自動学習してアルゴリズムを進化させていくことができるようになるという点が大きく異なるわけですが、果たしてそれが運用成績の向上につながるのでしょうか?私は懐疑的です。

 

 確かに他のAIに先駆けて「埋もれた有望株」や「売買の必勝法」を見つけ出すAIは存在するでしょう。必勝法を見つけたAIは短期的にはよい成績をあげるはずです。

 でも、多くのAIが市場の情報を分析し自らのアルゴリズムの進化させ続けるわけですから、そう遠くない将来この必勝法は解析され、ウラをかく新たな方法が登場するに違いありません。

 人間であれば必勝法を発見し解析し対策を練るためには多くの時間が必要ですが、AIであれば短期間にそれが可能になりますから、特定のAIが勝ち続けることはほとんど不可能だといえるでしょう。

 

 と、この程度で済むのであれば悲劇でも何でもありません。私が心配しているのは、もっと短期の話です。AIといえども長期的な必勝法を見つけることが困難だとすると、短期、しかも超短期取引に活路を見出そうとするのではないかと思います。

 超短期取引となると論理的に説明のつく理由や理屈など不要です。とにかく勝率の高さうなパターンや株価に影響を及ぼしそうな情報を見つけ出し短時間に売買して他人を出し抜くことに注力することになりますから、意味不明な乱高下が頻発するのではないかと思います(いわゆるフラッシュクラッシュと呼ばれるもの)。

 

 その結果、信用取引をしている投資家が追証を食らって強制退去させられたり、メンタルをコントロールできない投資家がパニックに陥り大損するくらいであればまだ笑い話の範疇でしょう。

 それよりも、突然の乱高下に他のAIが反応し損失を避けるために売りを出す、売りが売りを呼び市場がマヒ状態に陥るということの方が心配です。理由なきパニックの発生です。

 

 もしわずか数分で世界中の株式が10%下落したらどうなるでしょうか。その影響はおそらく株式市場だけでなく、世界中の債券市場や為替市場をも巻き込むことでしょう。その結果、あらゆる市場で流動性が瞬時に枯渇してしまうかもしれません。

 流動性が枯渇すれば、どんなに健全な金融機関であろうとトヨタ自動車のように巨額の利益を計上し信用がある企業であっても、瞬く間に経営危機に陥ることは歴史が証明しています。

 

 昔であれば市場を一時的に閉鎖して、政府や中央銀行が対策を講じることができました。でも、今や取引注文は1/1000秒以下の速さで成立してしまいますし、取引される金額も政府や中央銀行が手を打てる金額よりもニ桁も三桁も大きいのです。

 これを本当に無傷のまま事態を収束させることはできるのでしょうか。おそらく不可能でしょう。リーマンショックの時のように、いくつかの国が危機にさらされ、世界中で多くの企業が破綻し、世界中の人々の暮らしを脅かされるかもしれません。

 

 トランプの暴走や中国のバブル崩壊であれば、想定内なので対処方法も明確ですが、AIに起因する市場の暴走など想定外のことが起きた時に果たして国や企業、投資家が全員正しい行動を起こせるでしょうか。おそらく無理でしょう。

 そんなときに自分には何ができるか、どう振舞うべきか、自分なりの答えを考えておくことも大切だと思います。

 

 「本当の危機は誰も想定していないところで突然始まるもの」、歴史が教えてくれる冷徹な事実です。

 

 

 

 

 

AIによる資産運用が悲劇を生む予感-前半-

 AIを使った資産運用サービスやファンドに興味を持つ人が相変わらず多いように思います。営業トークとしては非常に便利なんでしょうが、投資家にメリットがあるかといえば、私はNoと答えます。

 もちろん10~20年後には投資家にとって何らかのメリットが出ているとは思いますけど、短期的には販売会社の手数料稼ぎのツール程度の役割しか果たせないでしょう。

 

 まあ、その程度のことであれば大した話ではないのですが、中期的(数年~10年先)には投資家全体に影響が及ぶ大きな悲劇が待っているのではないかと懸念をしております。

 

 理由はいくつかありますが、なんといっても悲劇から10年が経過したことです。過去の世界的な危機はたくあんありますが、私の記憶にある主なものは、第一次石油ショック1973、第二次石油ショック1979、ブラックマンデー1987、アジア通貨危機1997~ロシア危機1998、ITバブル崩壊2001、リーマンショック2008などです。

 危機は数年から十数年間隔で発生しています。これは偶然ではなくて必然だと私は思っています。理由は単純で、一つには経済危機に対処するため資金が過剰に供給されそれが次の危機の原因を作ることになる、もう一つは強欲は永遠に不滅であり、また喉元過ぎれば熱さを忘れるのが人間の性であるからです。

 

 現在、史上最も長期間かつ異常な低金利が続いていますし、リーマンショックから10年が経過しており年初の仮想通貨騒動や昨今の不動産にまつわるモラルの低下を見るにつけ投資家の緊張感も緩み切った状態です。市場には危機の燃料がまかれた状態であり、何かのきっかけでそこに火が付けば市場全体が大混乱に陥るような災いがおこっても何も不思議ではありません。 

 世間では、そのきっかけになりうるものとしてトランプ大統領の暴走だとか、中国のバブル崩壊を指摘することが多いようです。でも私はAIによって引き起こされる可能性も同じくらい無視できないのではないかと考えています。

 

 ブラックマンデーの時はポートフォリオインシュアランスという先物・オプションを利用した"画期的なリスクヘッジ法"、ITバブルは"新たな産業革命"への期待、リーマンショックはローンの証券化をベースにした"新しい低リスク高利回りの金融商品"など、常に"新しくてすごい技術"が登場したときに危機が起きています。

 確かにこれらの技術は世の中を変えました。でも、いずれの場合もまず、①期待先行でバブル的な状況が生まれ、②期待が剥がれ落ち悲劇を生み、③バブルに関係のない投資家や庶民が混乱に巻き込まれ、④その後5~10年たってはじめて技術が成熟し、世の中を変えてきたのです。

 

 AIを使った資産運用も同じ匂いを感じるのは私だけでしょうか。金融機関や金儲けに目のくらんだ投資家は、過去の教訓を生かすことができない人たちですから、今回もおそらく同じ道をたどるのではないかと心配しています。

 

続きます

 

 

 

 

テクニック本に頼っている人は永遠に失敗する

 書店の平積みコーナーには、ビジネススキル、自己啓発、資産運用、趣味、ダイエットなどジャンルを問わず、テクニック本であふれかえっています。少なくとも私が本屋に通うようになったここ三十数年、その傾向は変わっていません。

 大して役に立たないこのような本がなくならないのは、読み手の側に答えを知りたい、自分の知らないすごいテクニックがあるはず、手っ取り早く成功したいという、一種のスケベ心があるからでしょう。

 

 手段(資格を取得する、一時的に体重を落とす・・)が目的化している場合は、この手の本は有効かもしれません。でも本来であれば、資格を取得してスキルアップするとか、ダイエットして健康な体を作るとか本来の目的があるはずですよね。手段が目的化している人って、永遠に自分の望むゴールにはたどり着かいないような気がしてなりません(相変わらず上から目線ですみません)。

 

 

 そもそもテクニック本というものは、知識が身についたとしても役に立つものは少ないものです。テクニックといいながら再現性の少ないものも多いですし、一部の人を除いてその人にピッタリの方法が見つかることなんてほとんどありません。

 もし、私の考えが間違いであれば、世の中のビジネスパーソンや意識高い系のみなさんは全員すばらしいビジネススキルを身につけ全員年収1000万円は軽く超えているでしょうし、デイトレードやFX、仮想通貨本を読んだ数百万人の日本人は全員億万長者になって今頃リタイアライフを満喫しているはずです。また、街中には男性の目をくぎ付けにするスタイル最高の美女であふれかえっているはずです。

 

 でもそんな人、ほとんど見かけないですよね。残念ながらテクニック本を読んで成功した人なんて十人に一人もいなくて、百人に一人もいればいい方じゃないでしょうか。もちろん、テクニック本を読んで成功する人もいらっしゃいますが、そういう人は本来テクニック本なんて読まなくても成功できる人なんですよ、きっと。

 

 思い出してください。ダイエットに成功している人はテクニック本がなくても成功する人ばかりです。この方法はダメ、次はこの方法と転々としている人ほどダイエットに成功しないか、一時的に成功しても結局リバウンドしてしまってませんか。

 やれ●×式ダイエットがいいとか、どこどこのダイエット食品がいいとか表面的なことをいくら本で読んでも意味がありません。当たり前の話ですがほとんどの人にとっては「摂取カロリーよりも消費カロリーを増やす」「内臓脂肪を減らすために毎日有酸素運動を継続する」「基礎代謝量を増やすために下半身を中心に軽い筋トレを行い筋量を増やす」、この3つを知っていれば十分です。

 テクニックの問題ではなく、本当に基礎的な知識とそれを継続する意思の問題なのです。継続する意思がないという自分の責任には目を向けず、楽して短期間で痩せよう変なスケベ心を出すから、高い金ばかり使って毎年毎年ダイエットを始めなければならないのです。資産運用も自己啓発も同じことです。

 

 

 結局、テクニック本大好き人間って、他責傾向にありまた他人依存なんだと思います。そこに気が付いて本当に大事な基本的なこと(物事の本質ってやつでしょうか)さえ知っておけば、あとは自分にふさわしい方法を試行錯誤しながら自分で見つけること、その努力を継続すること、それで十分なのです。

 テクニック本ではなく、自分で考えさせ気づきを与えてくれ、努力を継続するために必要なモチベーションを与えてくれる本こそが最高だと思っています。でも、残念なことのそういう本ほど「当たり前のことしか書いていない」と酷評され、売れずにすぐに絶版になってしまう傾向にあります。残念でなりません。

 

 などと格好をつけておきながら、テクニック本信奉者が多いほど逆の道を行く自分のチャンスが広がるので、陰でほくそ笑んでいる私はやはり性格が悪い奴だと思います。

 

「運が悪い」という言葉が、あなたに悪運を・・

 前にも書いたかもしれませんが、早期リタイアしてからというもの、友人・知人から相談されることが増えました。会社をリタイアして私に精神的な余裕ができ相談しやすい雰囲気が漂うようになったのかもしれませんし、適度な距離感ができて妙な利害関係が薄まったことが理由かもしれません。

 

 いろんな相談を受けるうちに、一つ気が付いたことがあります。アラフィフ、アラフォーになると自分が置かれている状況を運のせいにする人がとても多いのです。年を重ねるごとに増えていくような気がします。

 男性なら仕事や金銭に関すること、女性なら圧倒的に人間関係(というか、男)に関することです。彼ら曰く「俺は上司に恵まれていない」「なんで私は男運が悪いのだろう」みたいな。でも、みなさんの周りにもいるのではないでしょうか。

 

 確かに運というものはあります。どの親の元に生まれるかとか、不慮の事故に巻き込まれてしまうというように、自分では絶対にコントロールできないことに対して運という言葉を使うことに対しては違和感はありません。

 でも「仕事運」とか「男運」なんていうのは、運でも何でもないと思います。仕事や上司に恵まれないのであれば、異動希望を出すなり最悪転職すればどうにでもなります。ましてや男運や女運なんてものは、離島や限界集落に住んでいて物理的に出会えないような場合を除けば簡単に変えることができます。男女の出会いなんて職場、趣味、友人知人、ネットあらゆるところで見つけることが可能です。

 

 自分で環境を変えることができるにもかかわらず、変える努力をしなかった人ほど、「運」のせいにしているように思えます。これは、運というよりは他人依存や責任転嫁といった方がいいでしょう。本当に運が悪いのではなく、自ら悪運を呼び寄せているだけにすぎないと私は思います。

 

 実は、金運であれ男運であれ、良い運なんてものはどこにでも転がっています。その証拠に周囲には、「なんであいつが?」といわれるような順調に出世階段を上った人、多額の資産を手に入れた人、人がうらやむような美男・美女と結婚した人がいるものです。

 

 では自分との差は何?と疑問に思いますね。私が思うに、幸運はいつも努力を怠らず準備が整っていた人だけに見えるものなんじゃないでしょうか。

 努力もしないである日突然儲け話が天から降ってくるとか白馬に乗った王子様が眼前に現れると勘違いしている、目の曇ったお花畑志向の人に見えるはずはありません。

 

 と、ここまで書いて思いましたが、結局、自分の不満足な境遇を「運」で片づける人って、依存体質であり他責思考の方なんですよね。

 居酒屋で「上司がバカだから・・・」と嘆いているからリストトラ対象にされるのであり、「どっかにいい男いないかなぁ」なんて戯けたことを言っているからまともな男から敬遠されるわけであります。

 逆にうまくいっている人ほど、努力を欠かさず頑張っていても「幸運に恵まれた」とか「だれだれさんのおかげで」と謙虚なものです。人間として自立しており、みなさんのおかげという考え方が自然に身についているのでしょう。

 そんな人であれば自然とよいパートナーや情報が集まりだし、ますます運のよい人になっていくというものです。自ら悪運を呼び寄せる人たちとは対照的です。

 

 

 自分の努力で幸せになった人が「幸運に恵まれた」というのは美しい。逆に自分の手で不幸を呼び寄せた人が「運が悪い」と嘆く姿ほど醜いことはない。厳しい言い方かもしれませんが私はそう思います。 

 だから、他人に愚痴をこぼし嘆く暇があったら自分を冷静に分析し、自分を変える努力をした方がよいのではないかと思います。

 

貧困問題の専門家の発想や知識が一番貧困である問題について

 ZOZOタウン社長の前澤氏の発言に、貧困層の正義の味方ヅラした方々がお怒りのようです。元となった発言はこちら。

 私、前澤氏はよく言ってお友達になれないタイプ、正直に言えば嫌いなタイプですが、Twitterの発言は至極ごもっともだと思います。

 

 でも、貧困ビジネス貧困層の支援に熱心なあちら方面の方は、「億万長者の方が貧困層よりも税・社会保険が少ない」などとミスリードし、金持ちはけしからんからもっと課税せよと声高に叫んでいます。

 

 私、こういう視点はあっていいと思います。でも、貧困者をテーマにした本を売りさばいて金を儲け、マスコミで名を売り社会的地位を手に入れ私腹を肥やしておきながら正義の味方ずらをしている連中が主張することは許せません。

 こういう活躍の仕方をしている方たちには活動家やライター系の人が多いようです。労働者としても有識者としてもましてや経営者としての経験のない、いわば貧困問題に対する発想や知識が一番貧困な人たちです。

 そんな彼らがいくら騒いだところで、いつまでたっても貧困問題が解決するはずもありません。もう少し貧困者やその支援者から聞いた話をきれいに文章化する努力ではなく、知識と経験に裏付けられた政策を提言する力を磨くことに注力していただきたいものです。

 

 一例をあげますと、再配分を目的とした財源の問題について。彼らはもれなく不労所得を総合課税にせよという主張します。一見正しい主張ですが、未上場企業の配当はもともと総合課税で累進課税ですし、分離課税になっている上場企業の配当で毎年何億円も稼いでいる富裕層なんて日本には数えるほどしかいません。そもそも上場企業が4000社弱でそのうち億単位の配当を払える好業績のオーナー企業なんて数百社しかありません。課税したところで得られる税収なんてゴミみたいなものです。

 

 それよりは、税の徴税漏れ(脱税、ギャンブルや風俗関係への課税漏れや消費税ちょろまかしなど)や社会保険料の不正(不正な保険料逃れ、不正な給付)をマイナンバーを徹底的に活用して減らせば、毎年数兆円の財源が得られることを指摘したほうが遥かに説得力が増すはずです(100兆円を超える社会保険の1~2%は真っ黒な不正ですし、さらに5%程度はグレーで不適切なものです)。

 

 また、不労所得がけしからんというのであれば、すでに二重課税になっている配当の課税を強化するのではなく、究極の不労所得である相続税贈与税の適正化を主張すべきです。生命保険や不動産を使った節税策を封じ、相続登記や預貯金・証券会社などの金融機関口座へのマイナンバー登録の義務付けを行うだけで、税率を上げることなく毎年数千億円の税収増が見込まれます。

 さらに年金を受給しておきながら資産を遺して亡くなった人からは支給した年金相当額を遺産から国庫に返却してもらうだけでも数兆円になるでしょう(死亡者数100万人×30年間×150万円受給としてその10%とすると年4.5兆円)。

 年金や生活保護費の使い残しが次世代に相続されてしまうことこそ、究極の不労所得であり格差固定の諸悪の根源なのですから、これこそ正義の味方である貧困問題の専門家が提言すべき政策でしょう。

 

 こういったことをちゃんと数字で検証して、課題を整理し提案すれば本物の貧困問題の専門家になれると思うんですね。

 でも、自称専門家の方がマスコミで話したり記事にしている内容とTwitterのギャップを見ればそこまで期待する方が酷ですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報を自分に都合よくしか解釈できない残念な人たち

 先日、金融庁からスルガ銀行に対する行政処分が発表されました。腐っても銀行なんだからもう少しまともなのかと思っていましたが、スルガ銀行は救いようのない銀行だったんですね。

 かぼちゃの馬車、当事者以外の関係者の皆さん、とんだとばっちりを受けてしまって大変ですね。心よりお見舞い申し上げます。

 

 さて、気になったのが、スルガに全額免除してもらおうと企んでいる人たちのコメント。多くは被害弁護団に参加している人やサングラスをかけながらスルガ銀行前でビラ配りなどの抗議行動を行っている人たちと思われます。

 一部の投資家の方がTwitterなどで、金融庁から発表された行政処分に書かれた

⑥ シェアハウス向け融資及びその他投資用不動産融資に関して、金利引き下げ、返済条件見直し、金融ADR等を活用した元本の一部カットなど、個々の債務者に対して適切な対応を行うための態勢の確立

という部分をとりあげて、自分たちに有利になったと喜んでいるのですが、私にはまったく理解できません。

 この内容、以前スルガ銀行が発表した内容と同じであり、弁護団が求めている一律かつ全額救済には全くつながらないようにしか思えないのです。

 

 すでに個別交渉を始めた投資家に対しては金利引き下げなど返済条件の見直しを提案していますし、経営陣交代時には「金融ADR等を活用した元本の一部カットも検討」とコメントを出しているのですからまったく目新しいことは書かれていません。

 もっといえば、スルガ銀行の方針に金融庁がお墨付きを与えた、つまり弁護団にとって不利になったとすら思えるのです。

 なぜ、これが自分たちに有利だと解釈できるのでしょうか。その思考回路を理解することは私にはできません。

 

 自称被害者の方の中には、はじめてのアパート経営の人もいれば、すでに何棟も所有している方もいらっしゃるとのこと。また、本当にエビデンスの偽造を知らない人も入れば、エビデンスの偽造を承知していた人もいるとのこと。この人たちをひとくくりにして救済せよというのはあまりにも無理筋というもの。

 だから金融庁も一人一人の状況が大きく異なるので「個々の債務者に対して適切な対応を行うための態勢の確立」と書かざるを得ないわけです。

 

 ここまできたら一刻も早くADRを利用して痛み分け(ADRを利用する限り、0:100も100:0もほぼあり得ない)を目指すべきだと思います。それがどうしても気にくわないのであれば、いつまでも平行線の交渉などやめて正々堂々と裁判に打って出るべきでしょう。

 駄々をこね続ければ損失が数百万円少なくなるかもしれませんが、そのために長い時間を無駄にすることは、若くて高属性のかぼちゃ投資家のみなさんにとって決して得策でないと思いますが。

 

 まあ、情報を都合よくしか解釈できないから、こんなワナにはまったのでしょう。いまだにそこに気が付けない人たちは、これから続く長い人生の中でまた何かのワナにはまってしまうのではないと心配してしまいます。

 状況を正しく理解し、痛みも受け入れ、教訓を得たうえで一日も早く前を向いて歩き始めてもらいたいものです。

 

 

 実は弁護団に加盟している人はかぼちゃの馬車投資家のうち3割弱のようです。少数のこういう人たちのせいで、損切りし残債を返済しようとする人や個人破産を選んだ人、自分で努力して再生しようと努力している人たちまでもが、彼らと同類とみられて白眼視さられるのはかわいそうでなりません。

 今辛い思いをしながらも前を向き努力している人は、いつかきっと立ち直れる日が来ると思います。歯を食いしばって前を向いて歩き続けてください。そんなみなさんを応援したいと思います。

 

 

 

 

 

クラウドファンディングの遅延ラッシュの件

 今度はキャッシュフローファイナンスで遅延騒動のようです。今年に入って何社目でしょうか。もう驚きもしなければネタにする気にもなれません。

 

 それにしてもです。まだ金利が上がってきたわけでもなければ融資環境が厳しくなってきたわけでもありません。正常化に向けた長い長い道のりの第一歩くらいです。にもかかわらずこの体たらく、クラウドファンディング(以下CF)を利用している事業者のレベルが知れるってもんです。

 そもそも、CFを利用する事業会社やプロジェクトは、銀行はおろかノンバンクすら相手にしてくれないのです。なぜ相手にしてもらえないのか、理由はいろいろ考えられます。採算性に大いに疑問がある、担保価値がない、融資先の素行(コンプライアンス等)に問題がある、いずれにしても金融機関としては関わると後々面倒になるから避けたいとか、貸してもいいけど絶対に焦げ付かない部分だけ、いうところが多いのでしょう。

 

 そう考えれば、遅延なんて日常茶飯事、元本の毀損だって想定内の話のはず。にもかかわらずCFブロガーが大騒ぎするということは、彼らは高金利に目がくらみリスクの高さを正確に評価できていないということでしょう。

 

 今の世の中、投資をして高いリターンを得られるものなんて限られています。比較的まともなJ-REITあたりですら4~5%が上限(クソ銘柄なら7%近くあるが)です。

 対してクラウドファンディングは8~12%が中心です。つまり、J-REITよりも年5%前後利回りが高いということです。

 だから100万円投資したら年5万円くらいは焦げ付いても文句は言えない商品設計と考えるべきなんですが、CF投資家の大半はそのような考えをお持ちではないようです。 まあ、自己責任で頑張ってくださいというしかありません。

 

 こういうリスクの高い投資なので本来は投資先を分散することでリスクを軽減する必要があります。ただ残念なことにどの運営会社も投資先の大半が不動産とエネルギー関連で、不動産関連を除く事業会社への融資はごく一部に限られます。

 投資先が事業会社なら各社固有の事業リスクなので分散すればリスク低減効果が出やすいですわけですが、不動産やエネルギー業界は各種固有のリスクよりも業界共通のリスク(金利リスク、融資環境のリスクなど)の方がはるかに大きいので、いくら分散してもリスク低減の効果はあまり期待できません。

 

 ここの来てのCFの遅延ラッシュは、今後起こるであろう不吉なことの前触れのような気がします。得られるものは5%程度の上乗せ金利、確率は低いが損する場合は最悪100%ですから、私にはかなりオッズの悪い賭けにしか見えません。全額突っ込んで分配金でウハウハ言っている方もいらっしゃいますが「おごれるものも久しからず」です。

 良い子の皆さんは決して真似をせず、損しても笑える範囲での投資を心がけましょう。