長生きのリスクをトンチン保険で回避することはできない!

 商魂たくましい生命保険業界が、長生きするリスクに対応する保険を発売したということで一部で話題になっています。トンチン保険と呼ばれるタイプのもので「グランエイジ」「ながいき物語」などの名前で発売されています。

 トンチン保険という言葉を初めて聞く方もいらっしゃると思います。こちらに詳しく解説されていますので、まずはこちらをお読みください。

l

 

 このタイプの保険では保険金の受取方法を選べるようですが、長生きのリスクを回避するための保険という売り文句を信じるのであれば、5年保証(または10年保証)+終身年金で受け取らないと意味がありませんね。

 とすると、終身年金で受け取った場合に、何年で払い込んだ保険料を上回る年金をもらえるかが気になります。紹介したブログによると50歳の男性が20年間払込み70歳から年金を受け取ると仮定して試算しています。驚くことに89~90歳にならないと受取額の方が支払った保険料を上回らないということです。N社の商品でもD社の保険でもほぼ同じ結果になっています。

 

 ものすごくざっくり言えば「20年間保険料を支払ってモトをとるのに20年もかかる。しかもモトを取る前に死んでしまったら支払った保険料よりも少ない金額しか受け取れない」という驚くべき結果が出てきました。もちろん、90歳以上生きればモトが取れるわけですが、50歳の男性が90歳まで生きる確率は約25%です。モトを取るという視点から考えれば4人に3人は損をする商品です。

 

 「確率は低いかもしれないが、100歳まで生きれば1.5倍受け取れるんだから意味がある。確率が低くても大きなリスクに対してこそ保険の意味がある」と強弁する人がいるかもしれませんので、もっと夢を打ち砕く話を書きたいと思います。

 さきほど書いた元が取れる年齢(損益分岐点)というのはあくまで、名目上の話です。つまり50歳から90歳までの間インフレがまったく起きないという前提の試算です。

 世界中の先進国(日本を含む)はインフレ率を2%前後にすることを目標にしていますから50歳から90歳までのインフレ率をゼロと考えることは現実的とは言えません。

 もし、年平均2%で計算するとモトが取れる年齢は何と104歳になってしまいます。ほぼ絶望的ですね。ちなみに年平均1%でも95歳までかかります。私にはリスクを回避する商品というよりはほぼ確実に損する商品にしか見えません。

 

 こんな保険に入るくらいなら、50歳から70歳まで積立でNISA20年間コツコツ積み立てて投資する方が、確率的にはるかに有利であることは明らかです。人生100年時代とか、公的年金不安という脅し文句に騙されてこんな割に合わない商品に加入することのないように注意をしたいものです。

 

 ※将来、商品開発競争が起って保険会社のコストが大幅に低下し、かつ金利が上昇して82歳くらいで損益分岐点を迎えるようになれば、検討してもよいと思います。(それでも私は絶対に加入しませんが)

 

 

 

 

 

 

子供を不幸せにしたい親たち???

 企業向けに与信管理サービスを提供しているリスクモンスターという会社が「子供・孫に勤めてほしい企業ランキング」を発表したそうです。


 これを読んだ正直な感想は、タイトルの通りです。これだけ多くの人が子供や孫たちを不幸せにしたいのか?と驚いてしまいました。

 第一位は国家公務員、第二位も地方公務員。この二つで36%を占めています。まあ、予想どおりと言えばそのとおりなんですが、本当に子供や孫のことを考えてますかと問いただしたくなります。

 

 もちろん、公務員になると不幸せだと断定しているわけではありません。公務員でも充実した生活を送っている人もたくさんいるでしょう。

 でも公務員という仕事にも向き不向きがあります。本人の適性や希望を無視して公務員になってほしいというのは、親のエゴではないでしょうか。

 子供は親の言うことを気にせずに就職すればいいという反論もあるかもしません。でも、年々子供の就職活動に直接関与する親が増えているのは人事担当者の中では周知の事実ですし、いい年した大人の転職の際にも「親ブロック」が頻発しています(転職支援会社のIR担当が明言)。親の意向は無視できない影響力があるのです。

 

 なんでそこまで公務員志向なんでしょうか。公務員になると安定した給料と職を得られるというイメージが強いからですか?民間に比べれば安定しているのは事実でしょうが、世の中そんな甘い話ばかりではありません。

 やりがいの感じられない退屈な仕事、市民や納税者からの理不尽なクレーム、近所からの妬み等々周りからはうかがい知れない苦労もたくさんあるのです。

 

  私の兄と親戚は地方公務員です。また、大学時代からの友人やゼミの仲間、友人にも多くの公務員がいます。ほとんどが全国の政令指定都市の公務員ですので世間的には恵まれた立場です。

 でも、飲んだときに聞く話はサラリーマンの愚痴と同じようなものばかり。さらに理不尽なクレームや妬み、人間関係で疲弊している姿を見ると金銭面で恵まれていてもあまり幸せそうには見えないのです。

 

 医者は子供を医者にしたがりますが、公務員はあまり子供を公務員にしたがりません。私が知る限り子供が公務員になった人は今のところ一人もいません。ばくぜんと子供には公務員になってほしいと思っている親は、公務員の生の声を聞いたほうがいいと思います。

 

 話は変わりますが、早期リタイアやセミリタイア系のブログを書いている人の中に元公務員という方はほとんど見かけません。失業のリスクを避けたいのであれば公務員は有力な選択肢ですが、金銭的自由を手に入れるためであれば、他に有力な選択肢はいろいろあると思います。

 子供や孫の進路にあれこれ口を出すよりは温かい目で見守ってあげたほうがいいと思います。明らかに道を誤っているときは強くいうべきですが、自分でやりたいことを見つけたのであれば、他の道もあると意見することはあっても最終的には本人の意思を尊重すべきだと思います。

 

 子供が小さい時から教育に多くのお金をかけて、子供の幸せを願ったはずなのに、親の価値観を押し付けた結果、逆の結果を招いているとしたら皮肉なことですからね。

 

補足

 記事をもう一度読み返したら、複数回答だったようです。だから単純に36%の親が公務員を望んでいるという言い方は不正確でした。すみません。

 

  

 

 

コモンズ投信運用体制変更にみる独立系投信のリスクについて

 昨日、独立系の一つであるコモンズ投信から一枚のリリースが出されました。こちらです。

 独立系投信のリスクについて考えさせられる内容です。運用責任者の交代についてのリリースですが、

この 4 年間を振り返りますと、当ファンドを支持していただきました多くの皆さまには感謝の気持ちで一杯である反面、期待に十分に応えられなかったことに心苦しい気持ちがあります。後半の 2 年間はお客さまからの信頼のバロメーターである運用資産残高が伸び悩んでいたからです。

 この内容から、成績不振が原因の運用責任者の交代と思われます。
 運用成績と運用資産残高はファンドを評価するうえで重要な項目です。これらが不振なので運用責任者が責任を取る、このこと自体に異論はありませんが、20年~30年先を見据えて運用することを標榜している会社が、わずか4年でファンドの責任者であり顔である糸島氏を交代させる(それても解任?)ことは果たして正しいのでしょうか。

 

 今回の交代が吉と出るか凶と出るかはわかりませんし、その是非を論じることは今の段階ではできません。ただ一つだけ明らかなことがあります。今後、ファンドの性格が大きく変わってしまうということです(成績不振が理由であれば、必然ですよね)。

 

 お金が増えれば何でもいいという投資家であれば気にする必要はありませんが、糸島さんの方針に共感を覚えて投資していた人にとっては大きな問題です。ファンドの中身が変わっても持ち続けるべきか、売却し他の投信を選ぶべきかを判断しなければなりません。しかも売却する場合には、税金を取られてしまいます。

 

 望まぬタイミングで運用方針の変更を迫られ、税金まで取られてしまうことは投資家にとって大きなリスクです。

 実は過去にも突然運用責任者の交代を発表した会社があります。さわかみ投信です。過去に二度か三度、運用責任者の交代がありましたが、残念なことに説得力のある説明はありませんでした。その結果、一部の保有者がさわかみ投信から離れていきました。私もその一人です。


 今のところ、ほとんどの独立系投信は、特定の運用責任者の手腕に頼っている状態です。何らかの理由で急きょ運用責任者が交代してしまった場合、投資家には意図せざるリスクが降りかかります。投信会社にはその点を十分に理解していただき、徹底的に説明責任を果たしてもらいたいものです。

 ちまたでは「信頼できる投資信託を選んでコツコツ投資を続ければ大丈夫」という声も耳にしますが、突然の運用者交代などのリスクがあることは覚えておいたほうがいいと思います。

 

糸島孝俊は、同日付で、新設される投資情報部長に就任(運用には直接関わりません)。

 この文言からは、現場を離れ窓際に追いやられてしまうように読み取れます。糸島さんはこのあとどうされるのでしょうか。何度か一緒に飲んだことのある方ですので、去就が気になるところです。 

 

 私はコモンズ投信とは何ら関係ない立場ですが、第二のさわかみ投信にはなってほしくないなと願っております。時間があれば、今月開催される運用説明会に潜り込んで来ようと思います。

 

「専業主婦は2億円損をする」を読んで思うこと

 昨日まで期間限定の無料版が公開されていたのでダウンロードして読んでみました。著者によると中身を読まずに批判する人間が多いのでということでした。

 

 読んでみた感想ですが、なぜそんなに過剰反応する人が多いのかよくわかりませんでした。ネット上に転がる書評やアマゾンの評価★☆☆☆☆(つまり星ひとつ)を読んでみましたが、やはり私には理解不能なコメントばかりでした。

 

 一部の人は本すら読まずにタイトルに釣られて条件反射的に批判しているだけのようです。テレビのテロップが間違っていたり、内容が少し不適切だとすぐにネットで騒ぎ立てたり、スポンサーの電話したりする趣味がクレームをつけることというタイプの人でしょうか。これらの人は無視。

 残りの方は読んだうえで挙げ足をとって自己満足したり、自分と違う考え方を受け入れることができない心の狭い人間のように感じました。(※個人の感想ですw)

 何と言っても批判している人のほぼすべての方の年齢や性別が、本来のターゲットと異なる人だというところが私には面白かったですね。

 

 著者は何も専業主婦を否定しているわけではないようですし、金銭的には不利だということを指摘しているだけです。何も考えずに「玉の輿に乗ろう」という甘い考えを持つ若い女性(平成も終わろうかというこの時代にまだこんなにいるんですね!)に警鐘を鳴らしているだけですから、なにも目くじらを立てるほどの内容ではありません。

 残念ながら無料にして読んでもらってもこの手の批判はなくならないでしょう。まあ、有名な方は大変だなあというのが正直な感想です。

 

 この本では金銭的な面から得られる幸福感は独身で800万円程度であるという調査結果が紹介されています。また、人生を幸せに生きるために「人的資本」「金融資本」「社会資本」の3つの視点から考え、自分がどのような選択をすべきかと著者から問われています(他にも何点か著者からの問いかけがあります)。

 こういった点について批判的に考え、自分なりの答えを導き出そうとすれば、この本には値段の価値は十分にあると思います。逆に言えば、単に文句を言いたいだけの人や字面を目で追うだけで何も考えない人にとっては時間とお金の無駄になるでしょう。

 

 蛇足ですが、私の妻は訳あってずっと専業主婦です。私は一介のサラリーマンでした。また資産家の家系でもなんでもありません。それでも40代で生活資金の目途をつけ、早期リタイアし今の生活を楽しんでおります。

 つまらない批判をしている人たちには、そんな暇があれば自分なりの答えを見つけて行動を起こすことの方がはるかに大切ではないですか、と申し上げたいと思います。

 

 最後にお断りしておきますが、私は橘氏に対しては中立的な立場です。また、この文を読んで気分を害した方がいらっしゃいましたら、私の文章力不足のため故のこと、寛大な心でお許しください。

 

 

 

 

投資不動産市場は「いつか来た道」を歩み始めた

 遅くなりましだか、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

 昨年の株式市場は極めて好調な一年となりましたが、今年もその勢いを維持したままスタートしました。今年も幸先の良いスタートを切り投資家のみなさんも恵比須顔で正月休みをお過ごしになったことでしょう。ご同慶の至りです。

 

 年末から年始にかけての専門家の相場予想は昨年以上に楽観的になっているようです。でも、みなさんお忘れですか?一年前にリスクとして認識されていた問題の多くは何一つ改善していません。トランプリスク然り、北朝鮮問題然り、ブレグジット然り、中国の債務問題然りです。

 世界中の投資家が、不都合なことは見なかったことにして、行けるところまで行ってみよう、あとは野となれ山となれという心理になっているのではないかと個人的には心配をしています。

 

 そんな中、昨日の日経にこんな記事が出ていました。
  一年ほど前から不動産投資歴の長いベテランのみなさんが口々に「不動産価格はそろそろピークだ」とおっしゃっていました。それでも都心のマンションなども価格は下がらず高原状態が続き、札仙広福などの地方中核都市ではまだ価格が上昇を続けています。

 海外マネーが相場を支えているのが一因のようです。

海外投資家が日本での不動産購入を加速している。2017年の海外勢の取得額は1兆1000億円と前年の約3倍に増え、3年ぶりに最高を更新した。投資マネーの流入で世界主要都市で不動産価格が上昇する中、日本は借入金利を勘案した不動産の投資利回りが相対的に高いためだ。 

 ただこの記事の中には非常に気になることが書かれています。

 投資利回りが低くても購入資金を調達する際の借入金利がさらに低ければ収益は得られる。JLLによると、東京の高級オフィスビルの投資利回りから長期金利を引いた利回り差は2.8%。2%台前半のロンドン、1%台のニューヨークや香港に比べて大きい。

 ここでいう投資利回りとは収入÷取得価格であり、いわゆる表面利回りのようです。ここから経費や償却費などを引けば1%にもならないはずですので、投資の常識から考えると「リスクの割にリターンが低すぎる」という結論になります。

 こんな状態でもロンドンやニューヨーク、香港よりも利回りが高いという理由だけで買い進むというのですから、私には常軌を逸した行動にしか思えません。常識的には、世界的な金融緩和のおかげで東京が割高で、ロンドンなどが超割高なだけだと思うのですが・・・

 

 実は「他の都市よりも利回りが良いからまだ買える」という話は10年ほど前にもずいぶん耳にしました。時はまさにリーマンショック前夜でした。そのあと何が起きたかはみなさんご存じのとおりです。

 

 もちろん、前回と同じ悲劇が繰り返されるとは思いませんが、前回同様行き過ぎた状態にあるということだけは間違いありません。

 行き過ぎはいつか必ず是正されます。そして不動産市場の混乱は金融市場にも波及することは確実です。

 

 今年の不動産市場・金融市場がどうなるかは誰にもわかりません。でも昨年よりははるかに波乱に満ちた展開になることだけは間違いないでしょう。覚悟を決めて、より慎重に行動することをお勧めしたいと思います。

 

 波乱の一年をみんなで乗り越えていきましょう。

この一年を振り返り

 早いものであと1日と少しで2018年がやってきます。みなさまにとって2017年はどのような一年だったでしょうか。

 

 私は今年も健康かつ平穏に一年を過ごすことができました。充実したリタイアライフであったといえます。

 個人的なことでは(若くてかわいいお嬢さんとは出会えなかったものの)多くの人と出会うことができました。マンションの理事長になって以降は、大家の会や不動産セミナーに参加したことがきっかけで、不動産投資家と知り合うことができましたし、不動産の売買や管理に関する実務の知識を得られたことは大きな成果でした。

 

 また、来るべき増税社会保障費削減の対策やリスクマネジメントとして資産管理法人を立ち上げたことも大きな出来事です。税や社会保障制度は、個人と法人をうまく使い分けるとさまざまなメリットが得られます。手間はかかりましたがそれを上回る知見を得られました。

 

 さらにこのブログが1年以上続けられたことは特筆すべき出来事です。過去に何度かブログを書いていましたが、週1回以上のペースで1年以上更新したことはありませんでした。みなさまからの予想を上回るアクセスのおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。

 

 世間ではいろいろなことがありましたが、一つあげるとすれば仮想通貨バブルが発生したことでしょうか。ビットコインが一年で20倍になり、一日で3~4割も暴騰・暴落を繰り返すなんて夢にも思いませんでした。

 1989年のバブルや1999年のITバブルとはまったく性質の異なるバブルのようですので、この先の動向が楽しみです。歴史に残るようなバブルになる可能性を秘めていますので来年も目が離せそうにないですね。私は遠く離れたところから傍観しておこうと思います。

 

 最後に来年に向けてですが、個人的には経済のことをかなり心配しています。今年は世界中の景気が回復し、世界中の株価が2割近くも上昇しましたが、今までこんなことは経験したことがありません。

 好事魔多しといいます。金融市場や不動産市場に参加している人には、覚悟と忍耐が必要になる一年になるような気がします。気を引き締めて慢心することなく、投資を続けていきたいと思います。

 

 今年一年本当にありがとうございました。みなさま、よいお年をお迎えください。

 

株主総会へ行ってみよう!

 最近はブログをアップした日はアクセスが少なく、逆に数日何も書かずに放置しているとアクセスが増えるという不思議な現象が続いています。だから一週間更新をさぼってました、というのは冗談で恒例の株主総会ツアーに出掛けておりました。

 

 私は株主総会が大好きです。もちろん、お土産が目的ではありません(私が出席する会社でお土産を出すところは皆無です)。では、なぜ時間とお金をかけて、わざわざ東京まで出かけるのでしょうか。

 理由はたった一つ。投資している会社の経営者と従業員、個人株主のことを理解することができるからです。

 

 どんなに技術力があって製品が優れていても、従業員が優秀であっても、経営者が無能であれば会社の成長は止まり衰退を始めます。経営者がサラリーマンの場合は数年で経営者が変わるので無能な経営者が選ばれてしまう可能性が高まりますし、オーナー企業であっても年齢や成功体験によって経営者が情熱を失ったり、経営方針が変わってしまうことも少なくありません。

 決算の報告、次年度以降の事業計画をどのように説明し、株主との質疑応答にどのように答えているかを見ると、経営者が経営者として相応しい資質を持っているかどうかがおぼろげながらわかります。また個人株主を大事に思っているかどうかもわかります。

 

 総会では準備、受付、案内、後片付けなどに多くの従業員が駆り出されています。忙しく動き回る彼らの行動、株主とすれ違った時の挨拶や表情、会場関係者に対する言葉遣いや態度などを見ていると、従業員教育が行き届いているか、彼らが会社や仕事が好きなのか、仕事だから我慢してやっているのかも手に取るようにわかります。

 

 また、参加する個人株主の年齢、性別、服装や質問内容などから会社と株主との信頼関係や絆のようなものが見えてきます。心から製品やサービスを愛している株主からの質問と、仕事や家庭のうっ憤を晴らすための質問では、同じ内容でも全く違います。ターゲットとする顧客層と株主の属性がまったく逆のような会社も何かと問題のある場合が多いと感じます。

 きれいごとかもしれませんが、良い会社は良い個人株主を育て、また逆に良い個人株主は良い会社を育てるものだと私は考えています。厳しい目で会社を応援する意識の高い株主が多い会社ほど、経営者も鍛えられ企業は成長していくものです(特に売上が100億円に満たないような会社)。

 

 最後のメリットは自分が勤める会社のトップが経営者として相応しい人かどうかがわかることです。私は投資先の会社の社長の言葉に感動したり心を揺さぶられたりしたことが何度もありますが、自社の社長からのメッセージや株主総会での応答を聞いて同じような気持ちになったことはありません。残念なことに典型的な大企業病に罹った会社から送り込まれたサラリーマン社長ばかりだったからでしょう。

 不幸にも、何代も続いて冴えない経営者が続くような会社にいることがわかったら、自分の身の振りかたを早めに考えた方が良いかもしれません。実は私が早期リタイアした隠れた理由です。

 

 これらは投資信託やECFを通じて株式投資をしている人や不動産投資をしている人には経験できない貴重な体験です。最近は総会を週末に開催する会社も少しずつ増えてきました。個人株主の方は議決権行使だけにしないで一度自分の会社以外の株主総会に出席してみてはいかがでしょうか。