売るべきか、売らざるべきか―リバランス考―

 選挙が終わりました。事前の予測どおり、野党が自滅したおかげで自民党が圧勝しました。今回の選挙のプロセス、結果、投票者の行動いずれに対してもいろいろと思うところがあります。個人的には超長期的な日本への希望は薄れ、いっそう悲観的になりました。

 そんな私の悲観論などどこ吹く風の株式市場では、選挙結果は材料出尽くしというよりは好条件と受け止められ、円安株高で始まり、15日連続上昇となりました。

 

 ただ、好調なら好調で心配になるのが投資家心理というものではないでしょうか。選挙結果を受けた市場関係者の予想がいっそう楽観論に傾いているのは非常に気になるところです。「好事魔多し」という言葉もありますので、いまから多額の資金を追加投入することは避けた方がいいと思います。(もちろん、コツコツ投資は継続すべきですし、iDeCoやNISAで投資デビューを考えている方も無理のない範囲で最初の一歩を踏み出した方が良いでしょう)

 

 先日、私は株式を売却したと書きましたが、これはリスク許容度を超えてきたので比率を下げたという意味です。割高だから売り逃げるとか、儲かったから利食いするということではありません。久しぶりの資産の配分を見直し、リバランスしたという風に理解していただければと思います。

 

 前置きが長くなりましたが、リバランス(資産配分の見直し)について触れてみたいと思います。資産運用や投資に関するまともな本であれば「定期的なリバランスが必要である」と書かれています。リスクを一定に抑えて、リターンを最大化するためです。

 ところで、次のような場合、みなさんはどのようにリバランスするでしょうか。(※税金、手数料等は無視してください)

投資を始めたとき資産が1000万円あり、現金と株式を500万円ずつ保有することにしました。5年が経過し、株価が2倍(現金500万円、株式1000万円の計1500万円)になっていたらどのようにリバランスしますか? 

 教科書的には「当初の比率になるように現金750万円、株式750万円とする」が正解になります。でも、「資産も増えたし自分にとってのリスク許容度も高くなったので今のまま(現金500万円、株式1000万円)でよい」という考えも、逆に「資産が増えてもリスク許容度は変わらないので現金1000万円、株式500万円にする」という考えも私は正解だと思います。場合によっては「これを機に株式投資をやめて現金1500万円にする」という考えも成果になりうるでしょう。

 

 大事なことは「ずいぶん値上がりして儲かったから売る」とか「そろそろ下がりそうだから売る」といった相場予測を理由に資産の配分を変えてはいけないということです。あくまで、自分のリスク許容度と照らし合わせて株式の比率が妥当かどうかという視点で考えることが重要です。

 

 これだけ株価が上昇を続け専門家が強気になると、目先の株価の動きばかりが気になって冷静さを失い、つい欲を出して買いすぎてしまう人や、逆に怖くなって売りすぎる人が多くなります。

 ここはいったん冷静になって、そもそも何のために株式投資をしているのか、投資の方針と照らし合わせて今の株式の保有比率は妥当なのかをじっくりと考えたうえで行動した方が良いと思います。

 少し大げさですが、ここからしばらくは長期投資家としての覚悟を問われる場面かもしれませんね。

 

 

 

ブラックマンデーから30年!

 早いものであのブラックマンデーから30年が経過しました。一日でダウ平均株価が22%、日経平均ですら15%近くも下落したのですから、金融市場に残る大暴落と言ってよいでしょう。当時私はまだ大学生でしたし、株式投資を始める前でしたので細かなことは覚えていません。

 でも、大学で経済学部の教授や学生がざわついていたこと、朝から晩までニュースで大騒ぎしていたこと、新聞の株式欄が値下がりを示す「▼」や取引が成立しなかったことを示す「-」で埋め尽くされていたことはよく覚えています。 

 

 最近の世界各国の経済や株価が好調なこと、昨晩もダウ平均株価が好調だったこともあり、一部の経済系のメディアを除くと、ブラックマンデーのことを話題にしているところはあまりなかったように思います。

 

 ただ、私には気になることがあります。当時と現在の市場環境には共通点があるように思えるのです。特に気になるのは根拠の薄い楽観主義の蔓延です。
 世界的に金利が低い、十分な流動性がある、世界が同時に好況期に入った、企業業績が好調である、フィンテックやAIなど新たなテクノロジーが新たな産業革命を起こすなど耳触りの良い言葉であふれかえっています。
 でも良い側面の裏には必ず悪い一面が存在します。日本を除く主要国は金利が上がり始めましたし、十分な流動性とは過剰流動性に他なりません。世界が同時に好況期に入ったということはピークを過ぎ不況に入る時期が重なる可能性もあります。新たなテクノロジーは革命を起こすかもしれませんが、短期的には構造転換に伴う失業者の発生や過剰な設備投資など副作用も大きなものです。
 これら不都合な真実をすべて見なかったこと、聞かなかったことにして儲かる間に儲けてしまえという姿勢に危うさを感じずにはいられません。

 

 さらには、新しい金融技術に基づくプログラム売買、米国を中心とする主要国間の不協和音、各国の財政・経常収支の不均衡拡大などです。さらに、現在はブレグジット問題や北朝鮮の動向など世界経済に大きな影響を与えかねない懸案事項がいくつも見られます。ほんとうに強気一辺倒のままでいいのでしょうか?

 

 私の場合、すでにリタイアしていますので致命的な失敗は避けなければなりません。基本的には資産の大半を株式で運用することにしていますが、この半月で株式の比率を20%ほど引き下げました(といってもまだ50%以上が株式ですが)。みなさんも今取っているリスクが妥当かどうか一度考える時期だと思います。過剰なリスクを取っている方はリスクを下げ、リスクが低すぎる方、まったくリスクを取っていない方はほんの少しリスクを取り始める時期ではないかと思います。

 

 何も必要以上に恐れる必要はありません。ブラックマンデーで一夜にして20%下落したダウ平均株価もその後30年を経て10倍の2万ドル越えとなりました。暴落にあわててすべてを売却しあつものに懲りてしまった人はその恩恵にあずかれませんでした。暴落を耐え忍んだ人や暴落時にリスクを取って購入した人は大きな恩恵を受けました。

 ブラックマンデーの教訓は、「全員が楽観的な時にこそ、暴落のタネが芽生える」、「暴落時に狼狽売りするような過剰なリスクを取るな」、「時間は最大の味方だ」というではないかと私は思います。

 

 ※株式について書きましたが、債券市場にも不動産市場にも当てはまると思います

 

 

 

 

 

早期リタイアに必要なものって何だろう?

 一番最初に思いつくものは、やはりお金のようです。すでにリタイアされた方のブログを拝見していると、異口同音に「アーリーリタイアにはいくら必要かという質問が一番多い」と書かれています。

 先立つものがないと前に進めないというわけですね。そのとおり。でも、以前にも書いたと思いますが、それ以外にも大切なことがいくつかあります。一定以上の資産は早期リタイアするための必要条件ではありますが、それだけでは不十分です。

 

 家族の協力や家族の健康の重要性については以前に私も書いたと思います。今日はさらに一つ重要な必要条件を付けくわえたいと思います。それは「リテラシー」です。

 昨日偶然「お金の常識、リテラシーを身につけた賢く生きよう」という記事を見つけました。
 この記事は、以下の6つの項目が書かれています。

1.働くという事(収入を得るという事)と労働に関する法律は知らないと損
2.税金や年金、健康保険の知識はサラリーマンにも必須
3.お金に関連する商品の特徴や特性を理解する
4.借金、ローンの契約と金利、借り方
5.貯金は習慣、貯め癖を付けるのは超重要
6.保険のこと。生命保険や医療保険は無駄?

 なるほどそのとおりだと思いましたが、これだけだと早期リタイアするには少し足りないと私は思います。

 

 私なら、さらに7つの項目を付け加えます。

1.経済・会計に関する知識(マクロ経済、金融、財務諸表)
  早期リタイアを目指すには資産運用が必要なため
2.心理に関する知識(行動経済学
  無駄遣いさせるためのマーケティングに騙されないため
3.法律に関する知識(民法消費者契約法
  金銭、人間関係などで一度や二度はトラブルに巻き込まれないため
4.情報に関する知識(探し方、正誤の判断方法)
  あふれるフェイクニュースや詐欺などに騙されないため
5.人間に関する知識(信用できる人物かの判断)
  間違った人間と付き合いさまざなまトラブルに巻き込まれないため
6.数学に関する知識(統計、確率の基礎知識)
  ウソの情報やマーケティングの罠に惑わされないため
7.思考に関する知識(論理的な思考)
  感情に流され間違った判断をしないため

 

 「こんなにたくさんは無理!」と悲観しないでください。いずれも入門書レベルの本を一冊か二冊読む程度で十分です。また、どうしても苦手な分野は無理して勉強する必要はありません。自慢じゃないですが私も法律とか数学の知識はほとんどありませんし、他の知識も入門書を読んだ程度のレベルです。それでも何とかなりますから。

 

 早期リタイアを実現するためには、致命的なミスは絶対に避けなければなりません。いくらお金を貯めても一度、騙されたり、悪徳商品を買わされてしまうと、それまでの努力がすべて水泡に帰しかねません。

 また人間関係や法律のことで大きなトラブルに巻き込まれると心身ともに疲弊してしまいますし、貴重な時間を浪費さぜるを得ません。

 こういった「地雷」を踏んでしまうと早期リタイアどころではありません。無事リタイアできたとしても収入がなくなった後に「地雷」を踏んでしまうと金銭的なリカバリーは極めて困難です。

 リスクをできる限り回避し、被害を最小限に抑えることが早期リタイアへの近道であり、必要条件であると私は考えます。

 

 

平均株価20年ぶり高値更新のニュースに思う

 株式市場は、相変わらず女心(男心?)と秋の空の如しです。つい1か月前までは北朝鮮のミサイル問題やトランプの暴言で戦争リスクが高まったと大騒ぎしていたはずですが、そんなことはすっかり忘れ去り、今や連日高値更新と秋の株祭り真っただ中です。

 

 マスコミでは日経平均株価が20年ぶりの高値を更新したと話題になっていますが、この20年ニュースを信じて日本の株価に悲観的だった人はずいぶん損したことになります。日経平均という森しか見ていなかった人にとっては、日本の株式市場はまさに失われた20年といえるでしょう。

 でも、個別企業という木を見ていた人にとっては黄金の20年だったのです。なぜなら、この間に大きく成長した企業には、地方発の小売りチェーンや個人向けに新しいサービスを提供する会社が多かったからです。もし、いち早くそんな会社に気づいて少しでも株を購入していれば、今頃その株は数倍から数十倍に値上がりしていたのです。

 

 例えば、北海道のニトリ、関東のハイデイ日高日高屋)、中部のセリア、中国のファーストリテイリングユニクロ)、九州のコスモス薬品など。

 また違う切り口から探しても、自転車のシマノ、ネット販売のスタートトゥディ(ZOZOタウン)、ビジネスホテルの共立メンテナンス(ドーミーイン)、買い物を娯楽にしたドンキホーテ、高級ヘルメットのSHOEIなどたくさん見つかります。20年前は「まだ知る人ぞ知る」レベルの企業でしたが、この20年で大きく飛躍しました。

 これらの企業を知るには、ITや高度な技術の知識は不要です。一消費者として利用していれば、その会社の商品やサービスの良さ、経営者や従業員が心からお客様のことを考えているかどうかなどがわかったはずです。

 

 日本の株価が20年かけてやっと値下がり分を埋めたとか、少子高齢化が進む日本の経済は成長しない、などと悲観論が流され続けている裏で、何十社、何百社という会社が大きく成長しているのです。

 もちろん、個別株投資をすれば成功するというような甘い物ではありません。成功する企業が多い中、競争に敗れて買収されたり、破綻する会社があることも事実です。

 

 でもマスコミが垂れ流す表面的な情報を信じて思考停止に陥り、投資は危ないから近づいてはいけないと「不幸最小化戦略」を採るよりも、常に新しい商品やサービスを提供する会社が生まれてくることを信じて「幸福最大化戦略」を採用する方が、長期的にはうまくいくのではないかと私は思います。

 

 何度か書きましたが、株式投資には20年くらいの時間と忍耐力が必要です。でも人生80年時代から100年時代へと言われている現在、20年という時間は決して長いものではありません。50歳くらいからでも遅くはありません。ましてや、20~30代の人には数十年という時間があります。

 最近は若い人ほど保守的で安定化志向だということを耳にしますが、残された時間が長いほど「幸福最大化戦略」の成功率は高まります。ほんの少しでいいので「幸福最大化戦略」も取り入れてほしいなと思います。

 

 私には子供はいませんが、間もなく社会人になる甥っ子たちがいます。暗い話題やフェイクニュースばかりを目にし、夢を持つことが難しい時代ですが、彼らには自分の考え方や行動次第で、上の世代よりももっと豊かな生活を送れる可能性が高いことを伝えていきたいと思います。

幸せを最大化させるか、不幸を最小化させるか

 ひふみ投信の藤野氏が、今の日本では不幸を最小化させる行動を好む人が8割だとおっしゃっていました。逆に、失敗を恐れずに挑戦し今より幸せになろうと努力している人は2割ほどしかいないそうです。藤野さんは前者を「不幸最小化戦略」、後者を「幸福最大化戦略」と呼んでいました。

 

 周囲を見回しても「不幸最小化戦略」が幅を利かせてます。「投資が怖いから貯蓄する」「喰いはぐれることがないから公務員を目指す」「傷つくのが怖いから恋愛をしない」など。確かにこのような考え方をする人が多いように思います。

 

 みんなと同じ行動をする、リスクを取らないという行動は、いっけん、不幸を回避する合理的な行動に見えます。でもこういう人にかぎって「一生懸命に頑張っているのに自分には運がない」と嘆いてみたり、「あいつ(国、上司、家族など)のせいで自分ばかり損している」と幸せでない理由を他人のせいにしているように思います。不幸を最小化しようとして、逆に不幸を自ら呼び寄せているのではないでしょうか。

 

 不幸最小化戦略を採っても絶対に不幸をゼロにはできません。生きいてる限り、病気になったり災害に遭ったり、他人に裏切られたりと意図せざる不幸なトラブルに見舞われるからです。不幸を回避し続ける人は、不幸に対する耐性を得ることができず、不幸に向き合う方法をマスターできませんから、不幸に見舞われたときにそこから立ち直ることも難しくなるように思えるのです。

 

 逆に幸福最大化戦力を採る人は、たくさん失敗し苦労をすることになりますが、それを不幸とは考えません。貴重な教訓を得るチャンスとしてとらえます。だから同じミスを繰り返すこともなくなりますし、不幸な境遇に見える時にでもみごとにそこから立ち直ることができます。

 

 私は生きることはロールプレーゲームだと思います。敵を回避ばかりしていては体力(時間)を浪費するばかりでいつまでたっても先に進むことができません。敵と戦うしかないのです。はじめて対決すると必ずやっつけられてしますが、回数を重ねることで経験を積み、やがて敵を倒すことができるようになります。

 そして、次のステージに進むとより強敵が現れ打ちのめされ・・・これが繰り返されます。でも諦めずに挑戦すれば最終的にはゴールへ到達することができるのです。

 

 私にとっての不幸最小化戦略は定年(できれば65歳)までサラリーマンを続けることでした。会社員という身分が保障され、早期リタイアする場合と比較すると生涯年収が1億円ほどアップするからです。

 でも、そのために貴重な時間を浪費し、ストレスに体を蝕まれることには耐えられませんでした。だから、金銭的なリスクは覚悟の上で早期リタイアという幸福最大化戦略を採ることにしました。結果としてそれは正しい結論でした。確かに予期せぬ出来事もいくつか起こりましたが、問題を解決するために必要な気力、体力、時間があったため不幸な状況には陥りませんでした。

 

 頭の中で考えた心配の99%は起こらないとも言われます。心配ばかりして不幸最小化戦略で生きるよりも、自分に自信を持って何とかできるはずという気持ちを忘れずに幸福最大化戦略を採ったほうが充実した日々を送ることができるでしょう。

 年齢、性別、学歴、収入、経験・・・幸福最大化戦略を採れない理由はいろいろあるでしょう。でも、そんな言い訳は横に置いて新しい一歩を踏み出すのもよいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックインカムという危険な制度について

 全国民に生活に必要なお金を一律に配るという夢のような制度が、今また話題に上がっています。確か、民主党が立ちあがった時に言っていましたし、共産党も口にしていた時期があります。今また、希望の党が選挙公約として掲げています。

 

 確かにベーシックインカム(以下、BI)には、「制度が簡素で公平」「肥大化した行政をスリムにできる」といったメリットがあります。でも、メリットをはるかに上回る解決が困難な問題が山積しています。

 

 最大の問題は財政の問題です。国民年金並みの額を全国民に支給すれば100兆円が必要になります。BIを導入すると国民年金雇用保険生活保護などの制度が廃止されるのでこれが財源の一部になりますが、残念なことに30兆円弱しかありません。

 不足する70兆円をどうすればいいのでしょうか。消費税、所得税法人税などすべての税を現在の2倍にしてもまだ足りません。BIで不要になる組織を廃止し、そこで働く公務員を全員解雇すれば数兆円浮きますので、あと少しで辻褄が合いそうですが、そんなことは不可能でしょう。

 

 財政以外にも深刻な問題があります。だれを対象にするかという問題です。国籍で判断するにしても、住民票で判断するにしても問題が生じます。国籍で判断すると、税金は払うのにBIが受給できない外国人差別の問題が起こります。住民票にすると、偽装結婚などでBI目的で来日する外国人が急増するでしょう。

 

 また、働いても高い税金を取られるだけですから、間違いなく勤労意欲が低下するはずです。机上論では「もっと豊かになりたいという衝動があるので怠け者は増えない」ということになっていますが、悟り世代の行動や金のためにしかたなく働いている人たちをみていると、「怠け者は増えない」なんてことはあり得ません。

 さらに、BIが未来永劫続くとはだれも思わないでしょうから、BIを受け取ってもお金を使わず貯金してしまう人が多いでしょう。 

 労働力が減少し、お金も銀行に滞留してしまえば、日本の経済はますます活力を失い、競争力が低下してしまいます。その結果、今より確実に経済は縮小してしまいます。すると、税収が減ってしまいBIの維持が難しくなります。

 

 地縁・血縁などの強いきずなが存在する貧しい離島や集落であれば、譲り合い助け合うことで、BIが成り立つ可能性はあると思いますが、国のような大きな単位ではとても成功するとは思えません。BIは理念としては理想的に見えますが、いざ実施すると過去の社会主義共産主義と同じですぐに破綻してしまうでしょう。

  ということで財政問題でつまづくと財政破綻、それを乗り越えたとしても国全体が徐々に確実に衰退していく制度と言わざるを得ません。BIは(もちろん、得する人もいますが)国民全体を今よりも不幸にする制度だと私は思っています。

 

 それにしても、こんな危険な制度を深く検討もせずにツルの一声で選挙公約にしてしまう党が現れるとは夢にも思いませんでした。まあ、選挙結果にかかわらず、すぐにBIが導入されることはないでしょうが、こんな公約に支持が集まるようなら日本の将来はますます暗いものになると私は思います。

 

 今まで以上に、自分の身は自分で守るしかないと強く思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

「投資で20年?そんな先のこと考えられません」ですって?

 株式投資や資産運用に興味のある方とお話しする時、私はいつも「20年我慢すればかなりの確率で成功しますよ」とお話しします。以前も書きましたが、私の座右の銘(?)は「桃栗三年、柿八年、株式投資二十年」です。(本当は三十年と言いたいのですが、三十年というと誰も相手にしてくれないので)

 

 ところが、二十年っていうとみなさん「えっ?」って顔されるんですね。「そんな先のこと、どうなっているかわからないし不安」っておっしゃるんです。その気持ち、もちろんわかりますよ。でも、そうおっしゃる方の何割かは、何の疑いもなく数千万円の住宅ローンを三十五年で借りてるんですよね。

 同じ「先のことが分からない」なのに、借金することには不安を感じず、投資をすることには不安を感じてしまうようです。ここの壁をどう乗り越えるかが成功のための最初のハードルなのかもしれません。

 

 実は、二十年という期間に厳密な根拠はありません。コツコツと積み立てながらある程度まで資産を殖やそうと思うとやはりそれぐらいの期間が必要だと私が思っている程度の話です。

 でも、二十年あれば、好況・不況を何度か経験し、また一度くらいは大暴落を経験するので、投資家として必要な忍耐力が身につくはずです。

 実際に私も株式投資を始めて二十年近く経ってやっと自分の投資スタイルが身に付きましたし、他の方のアドバイスに謙虚に耳を傾け、怪しい話に心惑わされることなくなりました。

 

 また、積立NISAが年40万円で期間二十年間なのも、iDeCoがごく一部の例外を除いて60歳まで一切引き出しできないことからも、三年や五年では資産形成は無理ということの根拠になると思います。(もちろん、ビットコイン長者のように半年、一年で資産を築く人もいますが、それは誰にでもできる確実な方法とは言えません。どちらかといえば運を味方につけたギャンブルです)

 

 子供が大人に成長するまで二十年かかります。新しく生まれた会社が成長するにも十年、二十年かかります。世の中が大きく変化するにもそれくらいの時間が必要です。急がば回れという言葉が、株式投資を中心とした資産形成にはぴったりだと思います。

 

 先のことが不安で怖いから投資なんてしない、ではなく、先のことはわからないからこそ、少し投資を始めてみる、そんな姿勢がよいのではないかと思います。とくに、20代、30代のみなさんには、時間という最高の武器があります。税制の優遇と時間という武器があれば、私のように50代のおっさんよりもはるかに有利な立場に立つことができます。

 

 幸いなことに、今、心ある一部の金融機関や多くの専門家が、平日の夜や週末に積立NISAやiDeCoの無料セミナーを開催しています。最近は若い方や女性の方が多く出席されているようですのでぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

 私は「何が何でも投資をしないといけない」とは言いません。でも、無知なまま何となく怖いので手を出さないことと、仕組みをよく知ったうえで自分には必要がないから投資をしないのとでは、まったく意味が違います。

 

 小さな一歩を踏み出す人が一人でも増えることを願っています。また、これからもそんな人を応援し続けたいと思います。今日は、毒を吐かずにまじめに書いてみました。

 

 ※明日からしばらく東京に遠征しますのでブログはお休みになるかもれません