読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨晩は優待投資でいつもの言い合い

さわやかな日曜日の朝、二日酔いの罪悪感と戦う自分を情けなく思いながらパソコンの前に座っております。昨晩は日本の個別株投資を愛する皆さんと酒を酌み交わしてきました。まあ、定例会のようなものです。ふだんはお金や投資の話を開けっぴろげに話す機会…

どの投資セミナーに参加するかで運命が決まる

日本各地で、毎日多くの株式投資セミナーが開催されています。証券会社に始まりメガバンク、有力地銀、独立系投信販売会社、さらには怪しい投資ツールや極秘情報を販売する会社まで主催者の顔ぶれも多彩です。 リタイアしてからは平日も自由に時間を使えるの…

結局、株主優待は投資家のためにはならない

先日の続きです。私は株主優待制度が必ずしも投資家のためにはならないという考えていますので、自説を紹介したいと思います。 1.株価が割高になり適正な株価が誰にもわからない これが一番問題だと思います。優待券目的の株主が少しくらいいても大きな問題…

株主優待に関する不都合な事実

日経新聞が本日の一面で株主優待バブルについて警鐘を鳴らしています。最近、日経グループではダメダメ記事ばかりが目について、私の日経への信頼は暴落を続けていましたが、今日はほんの少しだけ回復しました。 記事にもあるように、株主優待を実施している…

積み立てNISAの対象選定にみる金融庁の本気度

本日の日経新聞に積み立てNISAの対象商品の選考に関する記事が出ています。記事の内容が本当に実現すれば画期的なことです。 金融庁が近く公表する対象商品は、契約期間が無期限か20年以上で、かつ毎月分配型ではないものが基本。その上で、投資家が負担…

次に危ないのは株式投資型クラウドファンディングか?

クラウドファンディングとは新規・成長企業などの事業者と資金提供者をインターネット経由で結び付け、多数の資金提供者から少額ずつ資金を集める仕組みのことです。 「寄付型」「購入型」「投資型」の3形態があり、資金の出し手がリターンを期待して資金を…

桃栗三年、柿八年、株式投資三十年

昨日はコツコツ投資仲間の一人である、若くてかわいい(でもとっても我の強い)女性と食事を楽しみました。飲み放題コースを選択したのが間違いで、ブログタイトルどおり酔いどれ投資家となってしまいました。そして、案の定、二日酔いに苦しんでいます。 今…

「わずか5年で資産3億円」って大丈夫ですか?

「20代のサラリーマンが100万円の元手で株式投資を始め、わずか5年で3億円を達成した」とか「専業主婦が不動産賃貸を始めて、わずか5年で月50万円の収入を達成」なんて景気のいい話が世間に溢れています。 中には、ご丁寧に実名や顔を出してマネー…

「コツコツ投資は報われる」って・・・、私が断言します

もちろん、いついかなるときも絶対に報われるとは言わないですよ。でも私は報われましたし、今後もかなりの確率で報われるでしょう。 ということで、前回の続きです。 疑問2 コツコツ投資は現実的か? への疑問 長期的なドルコスト平均法は極めてストイック…

早期リタイアのためには情報を斜めに見ることが大切

あまりほめられたことではないと自分でもわかっているのですが、どうしても私のブログは批判的な内容が多くなってしまいます。でもマスコミが報じる記事やネットに溢れる情報のほとんどが間違った有害なものなので仕方がありません。まあ、私の性格がひねく…