読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確定申告こそ、早期リタイア生活者の最大の節税チャンスだ

租税回避と聞けば、法律の不備を突き違法行為や脱法行為により税金の支払いを免れる行動をイメージする人も多いのではないでしょうか。 でも、タックスプランニングという言葉であればどうでしょう?これは、税金をコストととらえ、税の仕組みや特徴、計算方…

お金を貯めたいなら食洗機などを買ってはいけない・・・かも

食洗機の普及率が40%前後に達したそうです。すごい人気ですね。確かに使ってみると便利ですし、家事の手間が軽減されますからメリットを実感できることも多いと思います。 でも、食洗機は節約に役立つのかといえば大いに疑問です。メーカーが売るための宣…

退職所得の確定申告を知らないで損をする人々

春一番のニュースを耳にしました。つまり、スギ花粉症と確定申告の季節の始まりです。私にとっては一年で最も面倒くさい季節です。 今日は税制について知らないといろいろと損をするという話の一例として退職金の確定申告について書きたいと思います。 今月1…

東芝ショックで東京株が下がる?!それ、釣り見出しですよね

最近、ネットや吊り広告などの見出しが酷すぎると感じることが多くなりました。歳のせいだけではないと思います。まあ、読んでもらってナンボの世界ですから多少の誇張は仕方がないことではありますが、あまりにレベルが低すぎます。 煽りすぎや誤解を招く見…

それでも千円で個人情報を提供しますか?

あらゆるメディアや企業サイトでは日々様々なキャンペーンを行っています。多くは、自社商品やポイント、キャッシュバックなど何らかの金銭的に価値あるものが当たる(もしくはもれなくもらえる)ものです。 ところでキャンペーンを行う理由は何でしょうか。…

ついに貸し出しでも金融機関のモラル崩壊が

すでに高額預金者や定年退職者を狙った投資商品の販売では、銀行のモラル低下ぶりは目を覆うばかりですが、本業である貸出業務でもモラル崩壊が始まっているようです。 不動産融資最高 12兆円 16年15%増、節税アパートなどで活況 日銀が9日発表した「貸出…

ロボットアドバイザーではなくボロアドバイザーでした

先日「資産運用についてロボアドに相談するのは時期尚早だと思う」という記事を書きましたが、これは間違いだったかもしれません。場合によっては、絶対に近づいてはいけないサービスになってしまうかもしれません。 いつも拝見しているブロガーさんのこんな…

突然10億円が手に入ったら、あなたは何がしたいですか?

突然こんな質問をされたら、みなさん、なんて答えますか? この質問は「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんがご自身のfacebookで読者の皆さんに投げかけたものです。反応は様々なようですが、したいことが思いつかない人が意外…

えっ、それでも貯蓄型生命保険に入る?それでは早期リタイアは難しい・・・

日本生命が学資保険や個人年金保険料などの予定利率を4月から引き下げると発表しました。それに伴い4月以降に新たに契約する保険料が引き上げられるとのこと。 日本生命保険は2日、学資保険や個人年金保険などの契約者に約束する利回り(予定利率)を4月…

資産運用についてロボアドに相談するのは時期尚早だと思う

前回は証券会社A社の診断結果でしたが、今日はB銀行の結果をご報告いたします。 質問と回答は以下のとおりです。 1.年齢 → 50歳2.資産運用の目的を選択してください → 余剰資金の運用3.年収 → 500~1000万円4.以下の項目のうちいくつ当て…

資産運用のこと、いったい誰に相談すればいいんだろう?

私の場合、資産運用に関する自分の考え方が確立しています。と偉そうなことを言いましたが、まあ30年間も試行錯誤していれば誰でもできるようになるものです。 信頼できるアドバイザーに出会っていればおそらく数年で自分に最適な運用方針を立てることがで…

人生100年時代!じゃあ、早期リタイアなんてとても無理?

「ライフ・シフト―100年時代の人生戦略」という本が話題になっています。NHKのニュースで取り上げられましたし、新聞やネットには多くの書評が見つかります。 本を読んでいない私にコメントする資格がないことは承知していますが、早期リタイアとの関…

会社に無数のルールがあるように、家の中にもルールがある

昨日はいつもの10倍近い方にお越しいただき驚いています。リタイア後のストレスについて書いたことが影響したのでしょうか? せっかくなので家庭内ストレスについて書こうと思います。 妻から口うるさく文句を言われるのはたまらないので、私は自発的に家…

早期リタイアは新たなストレスとの戦いの始まり?

早期リタイアを目指す理由は人それぞれだと思いますが、一番多いのは「仕事のストレスから解放され、自由な時間を楽しみたい」ということではないでしょうか。 目覚まし時計にたたき起こされ、食べたくもない朝食を胃に流し込み、身動きできない通勤電車に長…

フィンテックという何だかわからないけど、すごそうなものについて

昨年くらいから「フィンテック」という言葉をテレビや新聞などでも目にする機会が増えてきました。でもなんだかよくわからないんですよね、私には。 もちろん、フィンテックとは「Financial Technology」の略語ということくらいは知ってます。日経産業新聞に…

自分だけは大丈夫、そんな声が聞こえ始めた不動産業界は、バブル・・・

経済誌のサイトでは昨年の後半あたりから不動産業界にバブルの匂いを感じ始めたという記事が出ていましたが、昨年末から大手一般紙でも話題になり始めました。 昨日も毎日新聞(「バブル」警鐘 相続税対策で着工増)と日経新聞(目立つ節税目的 空室増、バブ…

大丈夫ですか、内藤忍さん。元インデックス投資の伝道師、ついにご乱心?

ネット上には投資に関する様々な情報があふれています。でも残念なことに多くの人にとって有益な情報は多くても10%程度でしょう。あとは毒にも薬にもならない情報が20%、有害な情報が70%といったところでしょうか。 週末、ネットで「ワンルームマン…

「年を取るほど不良になろう」という言葉に共感

一昔前に「ちょいワルおなじ」なんて言葉がはやりましたね。当時はどちらかというと「いい年をしたおっさんが何言ってるの。みっともない」なんて思ったりもしましたが、いざ自分が50歳を超えてみると・・・これがなかなか魅力的な言葉です。 リタイアするま…

リタイアライフって、近所からどういう目で見られるのか?

50歳前後で早期リタイアして仕事もせずに暮らしているとご近所から変な目で見られないだろうかと心配する(してくれる)人がいます。 私自身は他人の目はまったく気になりませんし、他人を気にかけることもない性格なのでリタイアする前にはまったく心配してい…

えっ?まじめそうなサラリーマンや偉い人も結構ズルしてるんです!

昨年から税務署・社会保険などの提出物にマイナンバーの記載を求められる機会が増えてきます。資産運用をしている方であれば証券会社からもとうめくを求められているはずです。さらには数年後には預貯金の口座にもマイナンバーが必要になるのではないかとい…

糸魚川大規模火災から何を学べばよいのでしょうか?

被害に遭われた皆さんには心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心より祈念いたします。 さて昨日、日本損害保険協会から糸魚川市の大規模火災に対する支払保険金の集計結果が発表されました。 火災保険 67件(証券件数) 保険金1,175,176千円 (1月5日…

なぜ年始には金融機関のイメージCMが多かったのか

正月は例年どおり出かけることなく、テレビで駅伝をはじめとするスポーツ番組ばかり見て過ごしました。(それにしてももう少し知的好奇心をくすぐるような番組を増やせないものでしょうか?) テレビを見ていて気になったのが、金融機関のイメージ広告の多さ…

アーリーリタイアを検討するならまずは家族全員健康診断を受けましょう

リタイア後の生活を充実させるために一番大切なものは家族全員の健康です。リタイア後の最大のリスクは家族(特に世帯主)の病気・障害・介護だからです。 いくらお金に余裕を持っていても、リタイアして収入がなくなったあとに長期にわたり治療費や介護費が…

「株で勝ちたかったら日経新聞は読む必要ありません」って?!

あるブロガーさんがこんな記事を投稿されていました。なかなか大胆なご意見です。 日経新聞……というか国内新聞の経済記者は経済や金融、企業会計の教育を受けた専門記者ではないからです(略) 専門家では無い記者が書いた記事をわざわざ優先的に読む必要は…

リタイアすると出費が増えるという不都合な事実について

新聞や雑誌に掲載されているファイナンシャルプランナーが作った資金プランでは、ほとんどの場合、リタイア後の支出はリタイア前の70~80%の水準になると仮定して計算しています。 でも、リタイアしたら支出が70~80%の水準に減るというのは大きな…

高齢者は75歳以上?!そんなの大きなお世話では?

昨日、日本老年学会(そんな学会があるなんて知らなかった!)が、「高齢者」の定義を「体力的な面などからも75歳以上に引き上げるべきだ」とする提言をまとめたそうです。 ニュースやネットで取り上げられているようですが、社会保障制度の見直しに向けた提…

予測ビジネスで儲ける人と損する人

年末から年始にかけて新聞、雑誌、ネットなど媒体に2017年の予測や予想の記事が載っています。ジャンルも景気や株価、為替といった経済モノからプロ野球などのプロスポーツの順位予想、果てや星座ごとの運勢までなんでもアリといった風情です。 さて、そ…

確定拠出年金の悪口ばかり言ったので少しだけフォロー

冬休みに入ったためか、こんなに過疎なブログにも訪問して下さる方が多くなりました。ありがとうございます。どうやら「確定拠出年金」を検索してたどり着かれたようですね。参考になることが一つでもあれば望外の喜びです。 今回は年内の最後の投稿になりま…

早期リタイア生活は、最大の健康増進策だった

昨日、今年の所得税・地方税の概算計算を終え、税金対策のための最後の株式の注文を終えました。あと2回の忘年会を済ませ29日に帰省し、双方の実家に顔を出せば、今年も無事一年を終えることができます。 早期リタイアされた方の多くが実感されていると思…

銀行の”肉食化”がとどまるところを知りません

銀行に対する信頼が大きく揺らぎそうな気配です。銀行員だけは信用できるといまだに考えている従順な羊たち(預金者・投資家)に次々と襲いかかっている、そう感じることが多くなってきました。 ゼロ金利下で稼げといわれ手数料ビジネスへ過度に注力している…

これ以上の悪口は止めておきます

前回・前々回と確定拠出年金について触れてきましたが、だんだん話が細かくなったり悪口になってきたのでひとまず今回で打ち止めとします。 【デメリット7】転職・退職時に年金資産を忘れると大きな損失を被ること 企業型確定拠出年金を導入していた企業を…

まだまだあるぞ、確定拠出年金のデメリット?!

さて、前回からの続きです。 【デメリット4】特別法人税という名の資産課税が復活するリスク 確定拠出年金には、毎年の年金資産残高に対して税率1.173%の特別法人税が課税されることになっています。でも、まだ課税されたことはありません。低金利で運用難…

確定拠出年金のメリットばかり強調するのは不公平なので

確定拠出年金は優れた制度ですが、だからといって万能ではありません。デメリットもきちんと理解したうえで利用しないとあとで後悔するかもしれません。私なりに考えるデメリットを挙げたいと思います。 【デメリット1】運用の結果はすべて自己責任であるこ…

確定拠出年金の説明に説得力がない理由

昨日は確定拠出年金のメリットに関することを書きました。結果として儲かったことを自慢しているような記事になってしまったかもしれません。読んで気分を害された方がいらっしゃいましたら、ここでお詫び申し上げます。 金融機関やネット上で確定拠出年金の…

確定拠出年金の効果はやはり絶大だった

昨日、確定拠出年金で運用中だった外国株式を投資対象とする投資信託をすべて売却し、全額MMFへ移管する手続きを行いました。 これまでに拠出した掛け金の累計額は390万円、現時点の時価評価額は770万円ほどですので約380万円ほど売却益が出る見…

思ったよりもお金がかかるので楽しめないってウソ、ホント?

あこがれの早期リタイアを実現したけれど、お金がかかるのでやりたいことができない、楽しむことができないという話をリタイアした先輩から何度も聞きました。また、リタイアブロガーさんの中にもそういう方がいらっしゃるようです。 お金が制約になって、や…

好奇心さえあれば、工夫次第で無限に楽しめそうな気がする

前回は偉そうに「後悔しないためによく考えて計画を立てよう」みたいなことを書きましたが、「そういうお前はどうなんだ?」と言われそうなので、この二年に楽しんだことを振り返りたいと思います。 思いつくままにざっくりと分類して書いてみます。 写真撮…

それでもやっぱり早期リタイアはおもしろかった!

1週間ぶりに東京から帰ってきました。上京するたびにもう二度と東京では暮らせそうにないなという思いが強くなります。すっかり地方都市での早期リタイアライフに染まってしまったようです。 前回の記事では、早期退職があまり楽しくないらしいということを…

夢のリタイアライフ・・・でも意外と楽しくなかったりするらしい

書き始めていきなり更新をさぼってしまいました。スミマセン 言い訳その1 2日分下書きしておいたはずなのになぜか消えてしまった 言い訳その2 東京遠征中で朝は二日酔い、夜は酔っ払いでブログが書けない そんなことをいっていると、またいつもの3日坊主…

今日からブログを始めます。

はじめまして、酔いどれ投資家の「程々(ほどほど)」と申します。 2年前に勤務先で希望退職の募集があり、48歳で早期退職しました。早いもので、退職してからまもなく丸2年が経とうとしています。 私は、元々サラリーマンとして定年まで働くということ…