株主総会は被害者集会???

やはり、タイトルって大事ですね。思わず吹き出し、そのままクリックしてしまいました。 まさに「あるある」ですね。特に、BtoC企業の株主総会や個人株主向け説明会ではダチョウ倶楽部並みのお約束ネタです(「●●監督の采配が納得できない」「●●店の店員の態…

管理組合というもう一つのカモ

「顧客本位」という言葉の意味を知らない業界が私たちの身近なところに2つあります。一つは銀行をはじめとした金融機関もう一つは不動産業界です。 銀行も不動産業界も表面上は顧客本位という言葉を使っていますが、顧客に専門知識がなく従順だとわかると突…

配当を積み上げる投資法こそ、早期リタイアの王道

いつも拝見している「長期投資で自分年金づくり」というブログに配当金を目的とする投資法について目を引く記事を見つけました。 配当を積み上げる投資法のメリット(9/9) - 長期投資で自分年金づくり メリットとして「安定している」「増えるかもしれない…

マネーフォワードを使ってみた感想

家計簿アプリを使う人が増えています。これもフィンテックの一つですので試してみることにしました。 マネーフォワードとZaimが有名どころだと思うのですが、私はマネーフォワードを選びました。理由は単に連携先が多いことです(ネット上の情報なので100%正…

仮想通貨いじめが始まった?!

先日の日経新聞に、国税庁の仮想通貨に対する見解が掲載されました。 有料記事なので内容を引用しておきます。 上場株式や公社債など他の金融所得とは損益を差し引きできず、所得に応じた累進税率を適用すると明らかにした。 ここが一番のポイントです。他の…

アラフィフにはついていけないフィンテック

以前「フィンテックがらみは、金融機関の儲けの手段に使われるから私は近づきません」みたいなことを書きました。 それからわずか2、3か月しか経っていませんが、ビットコインをはじめとする仮想通貨が投機手段として大ブレイクし、乱高下を繰り返す巨大カ…

早期リタイアの最大の敵は「情弱ビジネス」

先日、日経のサイトに以下のような記事が載っていた。 「インターネット調査会社のマイボイスコム(東京・千代田)を通じて、全国の20~60代の男女に解いてもらった。有効回答数は1000人(各世代とも男女同数)」と注釈があるので、ネットを通じて各世代男女…

アーリーリタイアは「もったいない」のか?

すでにアーリーリタイアを実践されているNightWalkerさんが『アーリーリタイアするって、「もったいない」の?』という記事を書かれています。 アーリーリタイアしたという話で出て来るひと言の一つが、「えー、もったいない」です。 なんで、もったいないの…

会計のイロハを知らない人ほど上から目線

知らないだけなら自己責任ですので大騒ぎする必要はありません。でも、企業や個人へ影響を及ぼすような権力を持っている政治家やマスコミ、自称専門家などが会計に無知であることは大きな問題です。 「企業が内部留保をため込んでけしからん」的な主張をする…

無料の保険に入る人は貧乏になる人・・かも

ほとんどの方はクレジットカードを持たれていますよね。みなさんのもとに、年に一度くらい各社から会員限定特典と称して、損害保険の案内のダイレクトメールが届いていませんか(フリーケアプログラムみたいな名称がついているものです)。中にはわざわざかわ…

自らの失敗談を包み隠さず公開する人は信頼できる

【L】米国株投資実践日記を書かれているエルさんが「投資を開始して27年。日本株投資での失敗談」という記事を投稿されています。長く株式投資を続けている方であればだれもが一度は通る道ですね。 私も1989年から1997年くらいまで短期売買を手掛け野村證券…

今から不動産投資を始めてはいけない理由

今でも町中に「今が不動産の買い時です」という宣伝文句が溢れています。でも、私が社会に出てから30年、一般消費者や不動産投資初心者に対して「今は買ってはいけません」とか「今は待ちが正解です」という宣伝を一度たりとも見たことがありません。 振り返…

プレジデント、たまにはいいこと書いてますね

高校野球が閉幕し、プロ野球も首位にマジックが・・という話を聞くと夏の終わりを感じずにはいられません。結局、安定した夏空が続くことないまま今年の夏は終わってしまうのでしょうか。少し寂しいですね。 プレジデントというビジネス誌があります。この9…

いろいろな投資家との交流は楽しいものです

みなさん、「大日本どケチ教」が気になったようでたくさんの方にお越しいただきました。 今は、あまり質の良くないマーケティング全盛時代です。買う必要のない物を買わせようと、企業側はあの手この手で購買意欲を刺激する策を編み出しています。こんな時代…

「大日本ドケチ教」をご存知ですか?

お盆休みも今日で終わりですね。レジャーに家族サービスにと忙しく過ごされた方も多いと思います。不安定な天候が続く中、疲れもたまり大変でしょうが体調には気をつけてお過ごしください。 さて、突然ですが、私は信仰にはまったく関心がありません。したが…

リタイア後の生活資金は現役時代の7割?

お盆休みの最中、訪問いただきありがとうございます。西日本は猛暑、東日本は不安定な天気と今年の夏も変な天候が続きますね。夏の疲れが出始めるころですが、みなさま体調はおかわりありませんでしょうか。 さて本題です。老後不安をあおる情報が氾濫する中…

地方銀行と地方経済の行く末を案ずる

先日、ある大手地方銀行のIR説明会に参加しました。あまり期待せずに参加したのですが、その期待を大きく上回る(下回る?)内容に、残念な気持ちを抱え家路に着くことになりました。 金融庁が各地銀に猛烈にプレッシャーをかけているので、大手地銀ならそれな…

まさしく「ナニワ金融道」の世界

昨日、積水ハウスから驚くようなニュースリリースが出されました。いわゆる地面師詐欺に遭ったようです。 偽造された書類に基づき売買契約を締結してしまい、代金70億円のうち63億円をだまし取られたとのこと、ナニワ金融の世界を地でいくような詐欺事件です…

暑さのあまり、あの人の頭が熱暴走?

いつもツッコミどころ満載の記事をアップしてくれる内藤忍氏とはいえ、今日のはさすがにタイトルの間違いだろうと思って読みはじめましたが・・・ タイトルの間違いではなく、ご本人は真剣にマイホームの方が不動産投資よりリスクが高いとお考えのようです。…

【怒】おいおい、住民税の計算が間違ってるよ!

住民税の計算が間近っているようです。私が間違っているのではなく、役所の間違いのようです。 今年は還付だったので同封されていた書類に印を押して返送し、入金を待つばかりとなっていました。昨日、やっと銀行に出向いて通帳記帳して確認と多所、無事入金…

専門家に頼むなら、まず自ら勉強を

何か、とても矛盾したタイトルですが、ウソでも釣りタイトルでもありません。私は真剣にそう考えています。 「よくわからないことは専門家に頼めば大丈夫」という話を聞くことがあります。確かに、お金がもったいないからと素人が付け焼刃の知識で税務申告を…

過去の教訓を生かせるかどうかが成功への分かれ道

昨日は、株主優待がないためにファーストリテイリングを買わず、優待のあるジーンズメイトに投資して大損したという私の失敗談を紹介しました。 この経験で私は「株式投資とは、将来のある会社の株を購入し、業績に見合った株価である限り、持ち続けることが…

【危険】株主優待投資は止めた方がいいと思う理由

株式投資に関する記事の定番の一つに株主優待銘柄の紹介があります。マネー雑誌には毎月必ず特集記事が載ってますし、一般の週刊誌などでもお得な優待銘柄の紹介や株主優待投資家のコメントなどを見かけます。いまだに鉄板ネタのようですね。 そんな一見魅力…

「配当性向30%」病の会社に投資してはいけない

上場企業が開示しているIR資料や投資家向け説明会資料の中に必ず「株主還元」という項目が記載されています。 そこにはたいてい配当性向(当期純利益に占める配当金の割合)か総還元率(当期純利益に占める配当金と自社株買いの合計額の割合)が記載されています…

投資用マンション11年ぶり高値!

昨日、「地方都市にまで不動産プチバブルの波」とブログに書きましたが、それを裏付けるような記事が本日の日経電子版に掲載されました。 11年前といえば2006年ですから不動産プチバブルとかファンドバブルと言われた時代です。ついにそんなところまで来てし…

地方都市にまで不動産プチバブルの波

毎日、たくさんのチラシが郵便受けに届きます。で、ほとんどは不動産系のちらし。大手から地場の不動産屋まで、これでもかといわんばかりに新築・中古の戸建・マンション・投資用アパートなどのチラシを投げ込んでくれます。さらに最近は買取業者のチラシま…

それでもあなたは不動産を所有したいのですか?

梅雨も後半に入り、石川、新潟、島根と日本海側を中心に豪雨に見舞われました。さらに一昨日からは福岡、熊本、大分など九州北部を中心に豪雨が続いています。各地で被害が発生し、避難されている方も多いようです。被害に遭われたみなさまに心よりお見舞い…

たった一日にして私の価値は1/4?

リタイアするとローンが借りられなくなる、カードが作れなくなるという話があります。リタイアすると多くの場合、安定した収入が無くなりますし、収入も大きく減りますので、不可能ではないのですがハードルが高くなるのは事実です。 今日の日経電子版に、簡…

リタイア後に立ちはだかる●●というカベについて

最近、不動産投資関係のブログを読むことが日課になってしまいました。役に立つ情報を提供して下さるブロガーの皆さんは5~10年にわたり続けていらっしゃいますから、過去ログを読破するにはまだ1か月くらいかかりそうです。(最近私のブログの更新頻度が…

不労所得に対する誤解と偏見

労働の対価として得られる「労働所得」に対して、労働をしないで手に入れた所得のことを「不労所得」と呼ぶことがあります。一般的には利息や配当、不動産所得などを指すことが多いようです。 いい年をしたオトナが、労働所得を得ずに不労所得で生計を立てて…