夢のリタイアライフ・・・でも意外と楽しくなかったりするらしい

 書き始めていきなり更新をさぼってしまいました。スミマセン

 

言い訳その1 2日分下書きしておいたはずなのになぜか消えてしまった

言い訳その2 東京遠征中で朝は二日酔い、夜は酔っ払いでブログが書けない

 

 そんなことをいっていると、またいつもの3日坊主になってしまいそうです。そうならないように痛い頭を抱えながらパソコンに向かい始めました。

 

 リタイアすると今までの数倍から数十倍もの自由時間を手にすることができます。食べてテレビ見て飲んだくれて過ごすも自由、新しい趣味をみつけてアクティブに行動するも自由、まさに夢のような生活・・・のはずです。

 

 でも、この夢のような生活がなかなかの曲者らしいんです。早期リタイアを考えている人はリタイア後にやってみたいことをいくつか用意しているはずですが、多くの人は半年一年すると時間を持て余すようになります。

 

 よく耳にする理由は、やりたいことをやりつくしたor飽きてしまった、思ったよりもお金がかかるのであきらめた、家族が同意してくれない、平日遊びに行ける友達が増えないといったところでしょうか。

 

 せったく早期リタイアしてもこれではもったいないので、今計画されていらっしゃる方は、ぜひ漠然と考えるのではなく、やりたいことを具体化しておくことをお勧めします。そのときにはぜひお金の計画や家族の説得のシミュレーションもお忘れなく。