読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確定拠出年金の効果はやはり絶大だった

資産運用 年金

 昨日、確定拠出年金で運用中だった外国株式を投資対象とする投資信託をすべて売却し、全額MMFへ移管する手続きを行いました。

 これまでに拠出した掛け金の累計額は390万円、現時点の時価評価額は770万円ほどですので約380万円ほど売却益が出る見込みです。

 もし自分で投資している株式を売却していたら380万円の売却益に対し20.315%の所得税地方税がかかっていたことになります。額にすると77.2万円です。確定拠出年金を利用していたことでこれだけ
節税できたことになります。(運用段階の節税効果)

 これだけでも大きな効果ですが、確定拠出年金にはもう一つ大きな節税効果があります。確定拠出年金に拠出した掛け金は、社会保険料控除の対象になりますから、所得税地方税の対象となる課税所得を掛け金の分だけ減らすことができるのです。つまり拠出する段階でも所得税地方税の節税効果を得られるのです。

 所得税率・地方税率をそれぞれ10%と仮定すると、私の場合であれば390万円の20%、78万円が節税になっています。(拠出段階の節税効果)

 受け取り時には税金がかかりますが、これも工夫をすることで実質的に大きく節税することができます。受け取るときには一時金として受け取るか年金として受け取るかを選択することができるのです。

 詳しい説明は書きませんが、一時金として受け取るのであれば退職所得扱いとなり税金の計算がかなり優遇されます。私の場合、受け取る時点で確定拠出年金に加入して20年になるため、一時金として受け取る額が800万円までは税金がかからないことになります。(受け取り時の節税効果)

 これらの節税効果を合計すると現時点で約155万円です!さらに運用で年金資産が増えましたから非常に大きな成果を上げたことになります。

 もし確定拠出年金に入らず運用もしていなければ、手許に残こるお金は390万×0.8=312万円です。
 これが確定拠出年金に加入し、株式で運用することで770万円になったのです。運用はタイミング次第や運にも影響されるとはいえ、確定拠出年金を始めた10年でこれだけの差がつくのですから無視できないですよね。

 確定拠出年金なんてよくわからないという方も多いでしょうし、運用なんてとんでもないという方もいらっしゃるでしょうが、少なくとも制度の内容だけでも知っておいた方が良いと思います。

(計算は概算ですし、諸経費なども無視しています。また、運用の結果はすべて自己責任になりますので、確定拠出年金で投資を始める方は、投資する金額・投資対象の選定・売買のタイミングにはくれぐれもご注意ください)