突然10億円が手に入ったら、あなたは何がしたいですか?

 突然こんな質問をされたら、みなさん、なんて答えますか?

 この質問は「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークス藤野英人さんがご自身のfacebookで読者の皆さんに投げかけたものです。反応は様々なようですが、したいことが思いつかない人が意外にたくさんいらっしゃるそうです。

 「10億円を手にするなんて絶対ありえないから考えたこともない」という人が多いのかもしれませんね。確かに10億円は夢のような金額ですが、宝くじの当せん金の最高額が10億円ですからまったくの夢物語というわけでもありません。(宝くじを買おうという意味ではありません)。

 「とりあえず貯金」とか「車や家を買う」という答が多いかもしれませんが、これはまだ答にはなっていません。貯金することや何かを買うことが最終目的ではないはずですよね。まあ、貯金を天国まで持っていきたい人や欲しい車や家を手に入れたら死んでもいいという人なら「これが答えだ」と胸を張っていただいても結構ですが、そんな人は皆無でしょう。

 人生を終えるとき、「楽しい人生だった」、「もうやり残したことは一つもない」と後悔せず旅立てるように、この後自分は何をめざし何をすればいいのでしょうか。それが本当の答えだと思います。

 10億円あればお金のために仕事をする必要がなくなります。「お金がないから」「仕事が忙しくて」という言い訳はもう使えません。考えたことのない人は一度じっくりと、考えたことのある人ももう一度考えてみてはいかがでしょうか。この質問はお金について尋ねているようで、実は自分の人生の目的を問うているのでしょう。

 

 早期リタイアを考えている人にって、とても大切な質問のような気がします。早期リタイアも目的ではなく手段です。10億円とは言わないまでもお金のめどが立ち、会社を辞め自由な時間を手に入れた時「こんなはずじゃなかった」「退屈で仕方ない」とならないために、真剣にこの質問に向き合い答えを探しましょう。自分の気持ちを整理することにつながると思います。

 偉そうなことばかり書いてしまいましたので、最後に私の答えをご紹介したいと思います。

 私の手元にもし10億円があれば、エンジェル投資家(創業間もないベンチャー企業などへ資金提供を行う個人投資家)になりたいと思います。自分のファンドを立ち上げて、若い社長が社会を変革しようと頑張っている小さな会社に投資するのです。そして投資先の中から世の中を大きく変えるような会社が誕生する日を夢を見たいと思います。