読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉そうなことを言いながら医者のお世話に・・・

早期リタイアライフ 健康

 「なつかしい痛みだわ~ ずっと前に 忘れていた♪」などと口ずさむ余裕がないほどの痛みに、ここ3日ほど苦しめられています。嫌な予感がして医者に行ってきましたがやはり尿管結石でした。

 おかげさまで健康には恵まれている方なのですが、花粉症と結石だけは十数年前からお付き合いです。まあ、花粉症は発症時期やその日の症状の予想ができるので、薬さえ飲んでおけば大丈夫なので大きな問題はありません。問題は結石です。とにかく、痛いんです、コレ。

 こいつは数年に一度いつ暴れだすからわからない厄介者です。しかも、突然激しい痛みに襲われ悶絶しなければならないので困ったものです。幸いに救急車を呼ぶほどの騒ぎになったことはないのですが、根本治療がないため発症してしまうと対症療法になってしまいます。

 私の場合、比較的小さな石なので、超音波粉砕はせずに、とりあえず鎮痛剤で痛みを抑え、水を飲んで縄跳びして落とすという非常に原始的な治療法となります。

 ちゃんと毎日適度な運動をして水分補給をしておけばある程度防げるはずなのですが、冬が来て外出が億劫になり水分補給も疎かになりがちでした。自分の油断が招いたといわざるを得ないでしょう。反省。 
 
 退職後の健康増進のため、ジムに通う、ゴルフ三昧をするという方もいらっしゃいますが、金銭的な出費もバカになりませんし、一人で(もしくは限られた友人とだけで)続けるのはなかなかモチベーションを維持することは大変だと思います。時間に余裕があることが裏目に出て「まあ、明日にしよう」という怠け心の囁きに負けて、いつのまにか、家でダラダラという罠にはまってしまいます。

 リタイア後はかなり意識しないと定期的に運動をすることは難しくなります。リタイアした不健康な状態ほどもったいないものはありませんので、リタイアをお考えの方は合わせて健康維持のための方法をよ~く考えておくことをお勧めします。

 些細なこと、緊急性のないことこそ、リタイアライフにとって大切なことかもしれません。