読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退職金を受け取ると突然”モテ期”がやってくる?!

 今朝はお隣の庭で鳴くウグイスの声で目が覚めました。東京では桜の開花宣言が発表されたようですね。まもなく3月も終わろうとしています。多くの方が会社を去り、また初々しい新社会人が誕生する季節です。

 この時期、突然”モテ期”が訪れる人が多くなります。若くてかわいい女性から声がかかるかもしれません。でもこの”モテ期”には注意が必要です。とっても高くつくことが多いですから。

 

 退職金が振り込まれ一か月もしないうちに、預金の金利優遇キャンペーンや無料資産運用の相談を案内する電話がかかってくるでしょう。ここで「(ローンの繰り上げ返済やリフォームなど)使い道は決まっています」と断ればいいのですが、時間もあるし、せっかくだからかわいい(声の)女性に相談に乗ってもらおう」と思ってしまうと後々厄介なことになります。

 予約した日時に金融機関を訪れ、案内係の人に名前を告げると、普段のように順番票を渡されるようなこともなく、すぐに専用ブースへと案内されます。そしてしばらくすると愛想がよく笑顔の素敵な女性が現れます。丁寧なあいさつの後、いよいよ相談が始まります。でも、最初はお金に関する話なんて一切出てきません。今までのキャリア、今後の生活設計や趣味な話などさり気なく尋ね、答えるたびに相づちを打ったり、感心したり、そして話の終わりに必ず褒める言葉を忘れません。

 だんだん緊張もほぐれ、(勘違いですが)特別待遇されている心地よさから、ついつい口が滑らかになります。そして、家族、今後のライフプランなどあれもこれも話をしてしまうのです。

 ここまでくれば相手の思う壺、笑顔の裏側で個人情報を分析しどの商品を勧めようか、どのくらいの金額を投資に回してもらおうかとしたたかに計算しているはずです。

 一とおり話が進んでいくと「今後のことで何かお困りのことはありませんか」「何かお手伝いできることはありませんか」といよいよ本題に進みます。妻や娘より100倍丁寧に話を聞いてくれる行員に対して心を許してしまい、このまま帰るのも気が引けるしせっかくだから少し相談しようかという気になってしまうのです。

 その結果、昨今話題の手数料や報酬が信じられないほど高い投資信託や仕組み預金、外貨建て保険などを勧められ買ってしまうのです。もし、そんな商品に500万円も投資してしまえば、目に見えない手数料・報酬を10~数十万円もとられ、しかも価格変動リスクまで背負ってしまうのです。

 

 なお、まとまった退職金を受け取った方はもっと大変です。立派な応接室に通されお茶を出してもらい、わざわざ支店長が自ら挨拶に来てくれます。おそらくその日は世間話で終わりです。そして、しばらくしてから支店長がわざわざ自宅を訪問してくるかもしれません。そんなことが続いたのち、「お手伝いできることがあれば、何なりと担当に申し付けてください」と営業担当を紹介します。そして、より手数料の高い商品の勧誘が始まるのです。

 

 私は電話でのやり取りだけで断りましたが、同時期に退職した同期は銀行の窓口で罠に嵌ったそうです。大手メーカーを定年退職した大学のOB(元部長)はメガバンクの支店長が自宅に訪ねてきて、やはり外貨建て保険を買ったそうです。

 老後の資金計画は本当は50歳くらいから考えておくべきですが、もし立てていないまま退職したのであれば、半年くらい情報収集し冷静になってからじっくりと立てることを強くお勧めします。

 定年後の”モテ期”にはくれぐれもご注意を!