昨晩は優待投資でいつもの言い合い

 さわやかな日曜日の朝、二日酔いの罪悪感と戦う自分を情けなく思いながらパソコンの前に座っております。昨晩は日本の個別株投資を愛する皆さんと酒を酌み交わしてきました。まあ、定例会のようなものです。ふだんはお金や投資の話を開けっぴろげに話す機会などないので本音で意見交換できるこのような場は非常に貴重なものです。

 

 昨日もフランスの大統領選や北朝鮮問題の為替や株式市場への影響といった固い問題から、更年期障害や男性の下半身の固さという非常に柔らかいネタまで大いに盛り上がりました。(一番盛り上がったのはへそより下の話題なのはご愛嬌)

 

 そんな中に、ある方(Aさん)と優待株投資についてガチにやりあってしまいました。Aさんは普段は温厚な紳士なのですが酒が入ってくると難癖おやじに変身するという特技をお持ちです。私がいつもどおり株主優待廃止論を唱えていたら、隣のテーブルからわざわざこちらに席を移し、反撃してきました。

 ただでもらえるんだからうれしいに決まってるだろ、お前も届いたら受け取ってるだとろうと執拗に責め立てられましたが、配当の方がうれしい、見えないコストがかかっていて非合理だ、無能な経営者が居座るリスクが高い、バカな投資家が増えて迷惑だなどと口悪く言いかえし、楽しいひと時を過ごすことができました。(Aさんとは仲が悪いわけではありません)

 はじめは他の人も加わって意見を言いあっていたのですが、Aさんがかなりヒートアップしていたので結局は二人で言い合う形となりました。まあ、どこまでいっても話は平行線のままなのはいつものことなので「デメリットを承知で投資するなら自己責任なので問題ないだろう」と極めて妥当でつまらない結論を持ち出しお茶を濁すことにしました。

 

 終電に飛び乗り、自宅に帰ると3月決算の会社からのありがた迷惑な株主優待が届いたようで、不在票が入っていました。昨今の宅配業界の状況からいってもやはり優待は不要だという思いを強くしつつも、再配達の手続きを行い、いま受け取り待ちです。

 

 それにしても頭が痛い。せっかくのお出かけ日和をまた無駄にしてしまう自分が情けない・・・