読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社の業績とは経営者の能力で決まる

 日本郵政が豪州子会社ののれん代を減損するために赤字に転落するそうです。減損額はなんと4000億円。一方で郵便料金を値上げしておいて、一方で海外投資で大損をする会社ってどうなんでしょうね。

 それにしても4000億円です。今話題の東芝原子力事業7000億円に比べれば少ないと錯覚してしまいそうですが、とんでもない金額です。会社が解体され雇用や給料に大きな影響が出るかもしれない社員や株価が暴落して大損している投資家がかわいそうです。

 何より問題なのがこの発言です。

「海外を攻める一石を打ったという意味で1勝だが、買収価格が高かったのは1敗で、1勝1敗だった」。長門正貢社長は25日の会見で買収をこう結論づけた。  4/25 毎日新聞

 驚いたことに社長はこの損失について責任にかけらも感じていないようです。確かにご本人は買収当時はまだ日本郵政にはいなかったかもしれませんが、「1勝1敗」と他人事のような発言をする問題ではありません。きちんと何が問題だったのかを説明する責任があるはずです。

 

 それにしても、日本企業はなぜこれほど買収や投資が下手なのでしょうか。昨年もキリンホールディングスがブラジル子会社で1500億円減損し赤字転落しましたし、数年前には、資源安のため商社が軒並み数千億円の減損を出しました。さらにさかのぼるとパナソニック2500億円やNTTドコモ2200億円という減損話もありました。

 いずれも世間的には大企業、一流企業(のはず)です。なぜみんなそんなにダメダメなんでしょうか。もちろん、日本電産や日本たばこのようにM&Aをうまく利用して新規事業や海外事業を大きく成長させ、利益を拡大させている企業も少ないながら存在します。でも十中八九は目も当てられないような失敗に終わっています。

 

 先ほどの毎日新聞の記事に恐ろしいほどにお粗末な事実が明かされています。

関係者によると、買収を主導した西室泰三前社長は当初、国内物流事業を強化し、日本郵便の成長につなげることを画策し、佐川急便(SGホールディングスグループ)、日立物流の買収を検討した。だが、いずれも実現が困難だったため、「第3の選択肢だった」(幹部)トール買収に踏み切った。

 AちゃんとBちゃんに告白しても相手にされそうにないので、仕方なく(本命でもなくタイプでもない)Cちゃんにとりあえずアタックしたってことですか?ちなみにこの買収を決めた当時の西室社長は、東芝を奈落の底に突き落としたウェスチングハウスの買収を進めた方です。経営者の資質に問題があったことは明らかですね。

 

 以前、新興企業株の投資に熱中していた時に、ある方から「会社は経営者の器以上には成長できない。だから経営者が成長し続ける人かどうかを見分けることが成功の秘訣だ」という話を聞いたことを思い出しました。

 「経営者として成長する見込みのない無能な経営者が売名や自己保身のために買収などの派手な行動を起こすと数年後に悲劇が起こる」ということをあらためて教えてくれた西室氏に感謝するとともに、まじめに働く日本郵政の社員のみなさまと投資家のみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。