読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩めるサラリーマンに早期リタイアをお勧めできるか

 リタイアしてから2年以上経ちました。現役時代は一度もなかったのですが、最近、会社時代の同僚や大学時代の友人からキャリアに関する相談に乗ってほしいと言われる機会が増えました。今年早くも三人から相談を受けました。

 

 我らバブル世代もいよいよアラフィフに突入し、40歳前後から薄々気づいてはいたものの見て見ぬふりをしていたサラリーマンとしての厳しい現実を突き付けられ始めたからでしょう。ごく一部の役員候補生を除いてはもう行く末が見えています。そんな迷えるアラフィフ社員に、会社は「コスパが悪く人数の多いバブル世代には円満かつ一日も早い”卒業”を願っている」という本音を隠すことなく、容赦なく突き付けてきます。

 

 役職離脱、転籍、退職勧奨などの言葉を耳にすると「定年まで会社に残れるのだろうか」「若手から後ろ指を指されながら、やりがいのかけらもない仕事をあと10年も続けることに果たして意味があるのだろうか」という疑問を持つことは自然なことだと思います。でも一方で、住宅ローンに教育費、親の介護など問題山積の現実が目の前に横わたっているこの世代、悩みは深まるばかりです。

 

 そんな悩める彼らにとって、40代で早期リタイアし、のうのうと(?)暮らしているように見える私のセカンドライフはかっこよくいえばロールモデル(お手本)、悪く言えばモルモット(実験台)なのでしょう。リタイア生活とはどのようなものなのか、生活費はどうしているのか、家族は理解してくれるのか、おれも退職しようと思っているがどうだろうなどいろいろな質問を投げかけてきます。
 
 聞かれたことにはできるかぎり正直に答えるようにしていますが、ただ、急に「会社を辞めようか悩んでいる」と相談を受けても、仕事のことも家庭のこともほとんど何も知らない私が、1~2時間話を聞いただけで簡単に「辞めるべきだ」といえるはずもありません。

 本当は「辞めても何とかなるよ」と背中を押してほしいのかもしれませんが、「今はまだやめたらダメだ。ただいつでも辞められるように覚悟を決め準備だけはしておいたほうがいい」とアドバイスすることにしています。

 現実問題として、転職すればほぼ確実に収入が減りますし、家庭内で何らかの摩擦が生じる可能性が高いからです。それ以外にもいろいろと想定外の問題が起こるものです。時間をかけて家族で話し合い、いろいろな困難やリスクに対するシミュレーションを行い、ある程度勝算ありと思えない限り、一時の感情に流されたりや退職割増金というニンジンに食いついて、リタイアを選択するのはあまりにも危険だと思います。

 

 株式の格言に「もうはまだなり、まだはもうなり」というものがあります。早期リタイアにも同じです。十分に準備をしていない人が「もう、辞めようかと・・・」という人には「まだ早い」、十分に準備をしてきたのに「まだ不安でやめられない・・・」という人には「もういいタイミング」なんだろうと思います。相談を受けた中で「もういいタイミングなんじゃない、大丈夫だよ」と背中を押してあげたのは今までに一人だけです(でもまだリタイアしていないようです)。悩んでいる状態ではまだ準備不足の場合が多いのです。

 

 早期リタイアは自分にとっては素晴らしいことでしたので、多くの人にお勧めしたいとは思いますが、悩める人に対してはなかなかお勧めできるものではないというのが今の私の結論です。