リタイア系ブログでは男女問題はタブーなの?

 早期リタイアを始めるまでは、書き手としてだけでなく読み手としてもブログというものには興味がありませんでした。ブログを始めたこともあったのですが三日坊主でしたし、特定の人のブログを定期的に読むこともありませんでした。

 リタイア後は、時間ができたことと、他の株式投資家や早期リタイア経験者の生活に対して興味を持つようになったことから少しずつ気になるブログをチェックするようになりました。今ではリタイア系ブログを中心に数十人のブログをチェックしています。

 

 いろいろなリタイアブロガーさんの記事を読んでいて気づいたことがありました。それは、「男女の問題」について一切情報がないということです。リタイアするまでの道のり、リタイア後の日々の生活、資産運用や家計管理の問題などが大半で、(少なくとも私にとっては)人生の一大関心事である「男と女にまつわる問題」についてはまったく触れられていないのです。タブーなんでしょうか?不思議です。

 
 確かに、早期リタイアする人の中には、何事にも極めて禁欲的な方もいらっしゃいますし、夫婦二人で仲良く暮らせれば他に何もいらないという健全(?)な方もいらっしゃいます。でも、全員が全員そんな方ばかりではないはずです。

 少なくとも私は、若い女性、笑顔のかわいい女性、スタイルのいい女性、知的な女性、会話の上手な女性・・・等々が大好きです。リタイア後に妻以外の女性との接点がゼロになってしまう生活なんて想像もできませんでした。

 

 何も、いけない遊びや道ならぬ恋に走るという意味ではありません。リタイア後の生活に、二人きりでの会話や軽~いボディータッチ(もちろんセクハラではない)を楽しめるような友達以上彼女未満の存在が、リタイアライフをより豊かにしてくれると私が考えているからです。


 実は私は40歳を過ぎてからは肉体的にも衰えを実感することが増え、なるほどお父さんのための精力剤がたくさん売られているはずだ納得していました。男性ホルモンも減少してきて体が衰えるのだから、女性に対する好奇心や性欲が薄れるのは当たり前だとも思っていました。

 ところが実際にリタイアしてみると、今までの考え方が間違っていたことがわかりました。つまり、40代で感じた心身の衰えは男性ホルモンのせいではなかったのです。リタイアすると時間に余裕ができます。時間に余裕ができると精神的にも余裕ができ、体も健康になります。そうすると、女性に対する興味も30代のころと全く変わらないくらいによみがえりました。これはうれしい驚きでした。

 

 だからリタイアした既婚者たちが、異性の友達とどのように知り合い、どのように楽しんでいるのかちょっと興味があるのです。ところがどなたのブログにもそういった情報が書かれていません。書けない話もあるかもしれませんが(笑)、書ける範囲で書いてほしいなと思います。

 

 これからリタイアを迎える方も、お金や趣味、日々の生活についての準備だけでなく、異性との友達付き合いについても考えておいたほうがいいと思います。より充実したリタイアライフを過ごすために。

 いくつになっても男はオトコ、女はオンナです!