「株なんて危ないから止めておけ」と言われたら

 「iDeCoハラスメント(イデハラ)なんかに負けるな!」へのアクセス数が、少しずつでも着実に増加しています。他の記事がアップ初日に集中的にアクセスされ2日ほどでオワコン化してしまうのとは対照的な動きです。世の中にはまだまだ株式投資に対する偏見が強いということでしょうか。 

 イデハラをするおじさんは、投資の重要性に目覚めた若い人たちに対して「投資なんて危ないから止めておけ」とか「そんな時間があったら仕事しろ」と、上から目線で説教しているんでしょうね。その光景が目に浮かんできます。

 

 30年ほど前、実は私も「株なんて危ないから止めておけ」という忠告を受けました。今でも同じようなことをいう人がたくさんいるんですね。でもこんな時代遅れの忠告をするひとたちは30年前から一歩も進化していないシーラカンスのようなものだと、私は思います。

 彼らは悪意を持っているわけではないでしょう。でも若い人の経済的自立を邪魔しているという自覚はまったくありません。「昔の常識、今の非常識」を押し付けてくるという意味で、ありがた迷惑な存在といわざるをえません。
 今どき「大企業に入れば一生安泰だ」「オンナは30歳までに結婚すべきだ」「定年まで働けば年金で暮らせる」みたいな話を聞かされても真に受ける人はいないでしょう。「株なんて・・・」という一見ありがたい忠告はそれと同じようなものだと思って聞き流しましょう。

 

 そもそも「株は危ない」的な意見を押し付けるおじさんたちは、株式投資の経験がまったくないか、バブルのときに一攫千金狙いの投資をして痛い目に遭った人のどちらかです。だから何と言われても気にする必要はありません。

 本当に耳を傾けるべき忠告をしてくれる人は、自分の失敗談を包み隠さず話してくれる人や実際に長期投資を実践している人だけです。

 残念なことにそういう人を、大手銀行や大手証券会社、親兄弟や友人知人の中に見つけることは難しいのが現実です。手間はかかりますが、直販系の投信会社の方やインデックスファンド投資家、コツコツ投資家のブログをいろいろと読んでみることをお勧めします。すでに投資経験が数年あり、今まで勉強してきたことや読んで参考になった本を紹介し、「この株を買ったら儲かった」的な話をせず、長くブログを続けていらっしゃる方を見つけたら、その方はよいお手本になる可能性が高いと思います。

 

 「株なんて危ないから・・・」と言われても、決して不安になって立ち止まってはいけません。株式投資は車の運転と同じです。きちんと基本をマスターし安全運転に徹すればよいのです。目的地がはるか遠くであっても、少し時間がかかったり途中で道に迷うことがあるかもしれませんが、きっと無事にたどり着くことができるはずです。信じるべきはペーパードライバーの無責任な忠告ではなく、あなた自身の信念です。


 ところで30年前に私にありがたい忠告をしてくれた人は、ある上場会社の経理部長でした。株式を上場し投資家に買ってもらっておきながら、「株は危ない」なんて悪い冗談ですよね。そんなありがたい忠告を無視したおかげで私は早期リタイアができました。