過去の教訓を生かせるかどうかが成功への分かれ道

 昨日は、株主優待がないためにファーストリテイリングを買わず、優待のあるジーンズメイトに投資して大損したという私の失敗談を紹介しました。

 

 この経験で私は「株式投資とは、将来のある会社の株を購入し、業績に見合った株価である限り、持ち続けることが大切だ」ということを学びました。当たり前といえば当たり前なのですが、ジーンズメイト株で痛いはじめて理解できたわけです。高い授業料でしたが、以降は株主優待の有無に惑わされることなく、投資先を選べるようになりました。

 

 ジーンズメイトの教訓を生かすチャンスが訪れたのは2012年のことでした。当時は2011年の東日本大震災とそれに続く超円高日経平均株価1万円割れが当たり前のころです。新聞では、日本経済は6重苦(超円高、重い法人税負担、経済連携協定の遅れ、柔軟性欠く労働市場、不合理な環境規制、電力不足とコスト高)に見舞われ、さらには少子高齢化も加わり、将来に希望はないというような暗い論調が目立っていました。

 そんな中、新たな投資先を探していた時に思いついたのが、100円ショップ業界でした。デフレによる節約志向と円高による輸入コスト減からきっと業績にプラスになるだろうと思ったのです。

 

 当時、キャンドゥ、ワッツ、セリアが上場していましたが、私はキャンドゥしか利用したことがありませんでした(ダイソーは未上場、セリアは近所になかった)。かつての私であれば、自分が利用していて、業績が右上がりで、さらにはお得な株主優待もあるキャンドゥを悩むことなく購入していたことでしょう。でも、このときは前回の失敗があったので、念のためセリアのことも調べてからキャンドゥを買おうと思ったのです。

 セリアについては予備知識はほとんどありませんでしたし、IR資料を読んでも他社との違いがよくわかりませんでした。そこでネットで評判を調べ、会社の女性たち(同世代の主婦、100均マニア、若い女性たち)に他の100均との違いを教えてもらったうえで、自分の目で確かめるべく電車に乗って1時間くらいかけて店舗調査に出向きました。

 その結果、品ぞろえや店舗のコンセプトなどが差別化されていること、客数・客層・買い上げ点数の多いこと、(当時としては唯一)商品をPOS管理していることなどから明らかにダイソーやキャンドゥよりも優れているということがわかりました。

 これで迷いなく(株主優待はありませんでしたが)セリアを買うことを決めました。あれから5年半が経過しましたが、業績が好調なセリアの株価は5倍以上上昇しました。キャンドゥも業績を伸ばし2倍程度になりましたが、業績・株価とも完全にセリアの後塵を拝しています。

 

 ジーンズメイトのときの失敗から学んだ教訓をセリア購入時に生かすことができ、大きな収穫につながったのだと思います。

 

 投資にも失敗がつきものですが、次の成功の確率が高まるのであれば安い授業料だと思います。逆に、小さな失敗でも同じことを何度も繰り返すようでは、気が付けば高い授業料となり、資産形成はなかなかうまくいかないと思います。

 失敗経験を生かすか生かさないかは自分の考え次第ですが、思っている以上に大切な成功への分かれ道だと思います。