配当を積み上げる投資法こそ、早期リタイアの王道

 いつも拝見している「長期投資で自分年金づくり」というブログに配当金を目的とする投資法について目を引く記事を見つけました。

 

配当を積み上げる投資法のメリット(9/9) - 長期投資で自分年金づくり 

 メリットとして「安定している」「増えるかもしれない」と書かれています。

 まず安定しているという点ですが、記事でも指摘されているように業績が悪化して減配になる可能性はあります。でも、対処方法がありますのでほとんど心配する人用はありません。ポイントは3つです。
 ・財務基盤がしっかりしている企業を選ぶ
 ・国内、国外の株に分散投資する
 ・複数業種の株に分散投資する
この3つを押さえておくことでかなりリスクを軽減させることができます。事実、リーマンショックの時に私の所有している株式はピークから約40%下落しましたが、年間の配当金は約15%しか減りませんでした。個別には50%減配とか無配という株もありましたが、維持・増配をつづけた会社が大半だったため影響は大きくありませんでした。

 

 次に配当が増えるかも・・・という点ですが、電力会社をはじめとする内需に100%依存し、かつ成長性の乏しい業界では配当は現状維持が精いっぱいかもしれません。でも、小売業界などかつては内需依存と言われた会社も無印良品などのように海外展開成功させ増収、増益、増配を続ける企業も出ています。

 また、日本企業はいままで内部留保としてため込みすぎていたので、まだまだ配当金を増やす余地のある企業が多いことも付け加えておきます。増えるかも・・・というよりもというよりは「10年単位で見れば増える可能性が非常に高い」ではないでしょうか。

 

配当を積み上げる投資法のデメリット(9/18) - 長期投資で自分年金づくり

 続いてはデメリットについてです。「個別を保有するリスク」「課税される」「積み上げに時間がかかる」と指摘されています。まさにそのとおりですね。
でもこれらにも対処法があります。
 「個別を保有するリスク」に対しては、上に書いたことと同じ「分散投資」です。
 「課税される」についても確定申告することでほとんどの人がある程度取り戻すことができます。因みに私の年収は600万円前後でしたが、確定拠出年金、住宅ローン控除や配当控除、外国税額控除を利用することにより、所得税・住民税はほぼゼロでした(源泉徴収された20.315%の税金はほぼ全額還付)。

 確定申告や合法的節税法をマスターしておけば、年収1000万円を超えるような方でなければさほど税金の心配する必要はありません。

 最後の「積み上げに時間がかかること」もデメリットとは限りません。時間をかけ積み上げることで時間分散ができますし、確定拠出年金idecoを利用することで譲渡益や配当金に対する税金から逃れることもできます。

 

 配当金投資で自分年金を作り、早期リタイアを実現するには20~30年かかります。でもリスクを抑制しつつ高い確率でゴールにたどり着ける方法はこれだと確信しています(経験者談)。

 5年で一獲千金、即リタイアと方には向いていない方法ですので、そういう短期志向の方はデートレードやビットコイントレードのような投機をすべきです(でも絶対にお勧めしません)。

 

 今日の格言『桃栗三年、柿八年、株式投資二十年』