「投資で20年?そんな先のこと考えられません」ですって?

 株式投資や資産運用に興味のある方とお話しする時、私はいつも「20年我慢すればかなりの確率で成功しますよ」とお話しします。以前も書きましたが、私の座右の銘(?)は「桃栗三年、柿八年、株式投資二十年」です。(本当は三十年と言いたいのですが、三十年というと誰も相手にしてくれないので)

 

 ところが、二十年っていうとみなさん「えっ?」って顔されるんですね。「そんな先のこと、どうなっているかわからないし不安」っておっしゃるんです。その気持ち、もちろんわかりますよ。でも、そうおっしゃる方の何割かは、何の疑いもなく数千万円の住宅ローンを三十五年で借りてるんですよね。

 同じ「先のことが分からない」なのに、借金することには不安を感じず、投資をすることには不安を感じてしまうようです。ここの壁をどう乗り越えるかが成功のための最初のハードルなのかもしれません。

 

 実は、二十年という期間に厳密な根拠はありません。コツコツと積み立てながらある程度まで資産を殖やそうと思うとやはりそれぐらいの期間が必要だと私が思っている程度の話です。

 でも、二十年あれば、好況・不況を何度か経験し、また一度くらいは大暴落を経験するので、投資家として必要な忍耐力が身につくはずです。

 実際に私も株式投資を始めて二十年近く経ってやっと自分の投資スタイルが身に付きましたし、他の方のアドバイスに謙虚に耳を傾け、怪しい話に心惑わされることなくなりました。

 

 また、積立NISAが年40万円で期間二十年間なのも、iDeCoがごく一部の例外を除いて60歳まで一切引き出しできないことからも、三年や五年では資産形成は無理ということの根拠になると思います。(もちろん、ビットコイン長者のように半年、一年で資産を築く人もいますが、それは誰にでもできる確実な方法とは言えません。どちらかといえば運を味方につけたギャンブルです)

 

 子供が大人に成長するまで二十年かかります。新しく生まれた会社が成長するにも十年、二十年かかります。世の中が大きく変化するにもそれくらいの時間が必要です。急がば回れという言葉が、株式投資を中心とした資産形成にはぴったりだと思います。

 

 先のことが不安で怖いから投資なんてしない、ではなく、先のことはわからないからこそ、少し投資を始めてみる、そんな姿勢がよいのではないかと思います。とくに、20代、30代のみなさんには、時間という最高の武器があります。税制の優遇と時間という武器があれば、私のように50代のおっさんよりもはるかに有利な立場に立つことができます。

 

 幸いなことに、今、心ある一部の金融機関や多くの専門家が、平日の夜や週末に積立NISAやiDeCoの無料セミナーを開催しています。最近は若い方や女性の方が多く出席されているようですのでぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

 私は「何が何でも投資をしないといけない」とは言いません。でも、無知なまま何となく怖いので手を出さないことと、仕組みをよく知ったうえで自分には必要がないから投資をしないのとでは、まったく意味が違います。

 

 小さな一歩を踏み出す人が一人でも増えることを願っています。また、これからもそんな人を応援し続けたいと思います。今日は、毒を吐かずにまじめに書いてみました。

 

 ※明日からしばらく東京に遠征しますのでブログはお休みになるかもれません