早期リタイアに必要なものって何だろう?

 一番最初に思いつくものは、やはりお金のようです。すでにリタイアされた方のブログを拝見していると、異口同音に「アーリーリタイアにはいくら必要かという質問が一番多い」と書かれています。

 先立つものがないと前に進めないというわけですね。そのとおり。でも、以前にも書いたと思いますが、それ以外にも大切なことがいくつかあります。一定以上の資産は早期リタイアするための必要条件ではありますが、それだけでは不十分です。

 

 家族の協力や家族の健康の重要性については以前に私も書いたと思います。今日はさらに一つ重要な必要条件を付けくわえたいと思います。それは「リテラシー」です。

 昨日偶然「お金の常識、リテラシーを身につけた賢く生きよう」という記事を見つけました。
 この記事は、以下の6つの項目が書かれています。

1.働くという事(収入を得るという事)と労働に関する法律は知らないと損
2.税金や年金、健康保険の知識はサラリーマンにも必須
3.お金に関連する商品の特徴や特性を理解する
4.借金、ローンの契約と金利、借り方
5.貯金は習慣、貯め癖を付けるのは超重要
6.保険のこと。生命保険や医療保険は無駄?

 なるほどそのとおりだと思いましたが、これだけだと早期リタイアするには少し足りないと私は思います。

 

 私なら、さらに7つの項目を付け加えます。

1.経済・会計に関する知識(マクロ経済、金融、財務諸表)
  早期リタイアを目指すには資産運用が必要なため
2.心理に関する知識(行動経済学
  無駄遣いさせるためのマーケティングに騙されないため
3.法律に関する知識(民法消費者契約法
  金銭、人間関係などで一度や二度はトラブルに巻き込まれないため
4.情報に関する知識(探し方、正誤の判断方法)
  あふれるフェイクニュースや詐欺などに騙されないため
5.人間に関する知識(信用できる人物かの判断)
  間違った人間と付き合いさまざなまトラブルに巻き込まれないため
6.数学に関する知識(統計、確率の基礎知識)
  ウソの情報やマーケティングの罠に惑わされないため
7.思考に関する知識(論理的な思考)
  感情に流され間違った判断をしないため

 

 「こんなにたくさんは無理!」と悲観しないでください。いずれも入門書レベルの本を一冊か二冊読む程度で十分です。また、どうしても苦手な分野は無理して勉強する必要はありません。自慢じゃないですが私も法律とか数学の知識はほとんどありませんし、他の知識も入門書を読んだ程度のレベルです。それでも何とかなりますから。

 

 早期リタイアを実現するためには、致命的なミスは絶対に避けなければなりません。いくらお金を貯めても一度、騙されたり、悪徳商品を買わされてしまうと、それまでの努力がすべて水泡に帰しかねません。

 また人間関係や法律のことで大きなトラブルに巻き込まれると心身ともに疲弊してしまいますし、貴重な時間を浪費さぜるを得ません。

 こういった「地雷」を踏んでしまうと早期リタイアどころではありません。無事リタイアできたとしても収入がなくなった後に「地雷」を踏んでしまうと金銭的なリカバリーは極めて困難です。

 リスクをできる限り回避し、被害を最小限に抑えることが早期リタイアへの近道であり、必要条件であると私は考えます。