仕事もしないで毎日何しているの?

 リタイアして3年目ですが、いまだにこの質問を受けます。「リタイアしたら退屈でしょう」「お金はどうしてるの」と並ぶ早期リタイア三大質問の一つとして君臨しています。

 

 私の場合は晴れた日には出掛けて、雨の日には本を読んでます。まさに晴耕雨読的な生活です。これだけではあまりイメージできないと思いますので典型的な一日を紹介します。

 6時~  起床&ストレッチ&新聞
 6時45分~ コーヒー準備&朝食&談笑
 8時~  テレビ
 9時~  ネットサーフィン&メールチェック
 10時~  (自由時間)
 18時~  家飲み&食事&談笑
 20時~  散歩&ストレッチ
 21時~  入浴
 22時~  (一人の時間)
 23時  就寝

 

 だいたいこんな感じです。で、10時から18時までの自由時間を、天気や用事の有無、妻の機嫌(これ重要です)などを見極めながら、活動に充てています。

 買い物、写真撮影、美術館・博物館めぐり、動植物園・水族館、各種セミナー・勉強会、図書館、日帰り温泉、体験(陶芸、乗馬、釣り、・・・)、デイトレードごっこ、読書、資格の勉強、山歩き・川遊び・海遊び、大学めぐり(学園祭・セミナー・学食)、将棋、街歩き(麺食べ歩き、飲み歩き、ショップ観察)、株主総会会社説明会参加・投資先企業調査(定点観測)、史跡・寺社仏閣めぐり、ウォーキング 等々

  さらに、旅行、帰省、株主総会への出席を兼ねて東京・大阪・愛知の友人に会いに出かけていますので、月に一、ニ度泊りで出かけますので退屈するようなことはありません。まだ手を出していない「やりたいこと」もたくさんありますので、当分暇になることはなさそうです。。

 まあこんな感じで何か一つに没頭するわけではなく、いろんなことを自分のペースで楽しんでいます。いろいろなところに出掛けると見知らぬ人と(その場限りですが)仲良くなれますし、右脳・左脳の刺激にもなります。また、早期リタイア最大の敵である運動不足対策にもなっています。

 

 これを見て、面白そうと思うか、退屈そうと感じるかは人それぞれでしょうが私はとても満足しています。欲を言えば一つくらい没頭できる趣味があればなお良いのでしょうがそれは贅沢な悩みでしょう。

 

 会社勤めの人にはいつか必ずリタイアが訪れます。「リタイアして何しているの?」とかリタイアした親を見て「退屈そう」と思われる皆さんにもかならずリタイアしなければなりません。

 そのときに退屈で困らないように、今から頭の中でやりたいことをイメージしておくといいと思います。TODOリストをつくるとより具体的になっていいと思います。TODOリストに50も100も項目が並ぶようであれば、きっと早期リタイア適齢期でしょう。