あなたは個別株派、それともインデックス派?

 初めてお会いする株式投資家の方とお話しすると、よく「個別株派、それともインデックス派?」と聞かれます。

 私は「国内は個別株派、海外はインデックス派」なのですが、このスタイルはかなり少数派に属します。

 

 意見交換会や懇親会では、アクティブ投資(個別株投資は究極のアクティブ投資)とパッシブ投資(多くのインデックス派が所属)のどちらがよいかという話が盛り上がるのですが、私はそれぞれに長所・短所があるのでそれをうまく利用すれば良いと答えており、実際に30年近く実践しています。

 

 一般的にはリスクを抑えつつ手間をかけずにコツコツと資産形成を目指すのであればインデックス投資が正解です。だから私も外国株式はインデックス投信やETFを利用しています。

 

 では、なぜ私が国内の個別株にこだわるのかと言えば、現状の日本株に限っては、デメリットの方が明らかに大きいと思えるからです。

 インデックス投資が有利になるためには、「市場が合理的であること」や「経営者が資本主義を正しく理解していること」などが前提条件になるのですが、私には日本の株式市場がこれらの条件を満たしているとは思えないのです。

 

 市場が合理的であるためには、情報が公平に開示され、投資家も合理的に行動する必要がありますが、現実にはインサイダーまがいや風説の流布といったグレーな行為が大規模に行われています。滅多にそれらが取り締まられることもありません。

 また投資家も「配当が多ければ多いほど良い」「株主優待があるほうが良い」「株主総会で議決権を行使しない」などとても成熟した投資家として行動しているとは思えません。

 さらに、サラリーマン経営者の多くは自己保身のためリスクを極度に回避したり(もしくは無謀にリスクをとったり)、戦略なき横並び志向に走ったり、根拠のない数値目標を達成することを目的化したりと、とても株主から負託され経営を行っている経営のプロのようには見えません。

 

 その結果、不透明な資本取引や粉飾決算もどきを行った会社も資本市場から退出させられることもありませんし、またそんな会社の経営者もほとんど責任を問われることがありません。私には、こんな会社の株価は長期的に上昇していくとは思えないのです。

 

 インデックス投資をしているとこんな会社の株まで自動的に買っていることになります。もちろん、世界中どこの株式市場でもダメな会社が一定数含まれていますが、残念ながら主要先進国の中でも日本はその比率が非常に高いと思います。現にある有名ファンドマネージャーは上場企業の三分の一以上は腐って上場している価値がないと指摘していますし、私も同意見です。

 

 代替策としてアクティブ投資の良質な投資信託を購入できれば良いのですが、残念ながらこちらもほとんど存在しません。積立NISAの対象になったアクティブな投資信託が数えるほどしか存在していないことがその証拠といえるでしょう。

 

 結果として、消去法的ではありますが、自分で将来有望な銘柄を探し出して長期保有するというスタイルをとっているのです。この投資方法は手間もかかりますし、間違うとリスクも高いのですが、得るものも多いので、今の日本の株式投資では一番良い方法ではないかと私は考えています。