この一年を振り返り

 早いものであと1日と少しで2018年がやってきます。みなさまにとって2017年はどのような一年だったでしょうか。

 

 私は今年も健康かつ平穏に一年を過ごすことができました。充実したリタイアライフであったといえます。

 個人的なことでは(若くてかわいいお嬢さんとは出会えなかったものの)多くの人と出会うことができました。マンションの理事長になって以降は、大家の会や不動産セミナーに参加したことがきっかけで、不動産投資家と知り合うことができましたし、不動産の売買や管理に関する実務の知識を得られたことは大きな成果でした。

 

 また、来るべき増税社会保障費削減の対策やリスクマネジメントとして資産管理法人を立ち上げたことも大きな出来事です。税や社会保障制度は、個人と法人をうまく使い分けるとさまざまなメリットが得られます。手間はかかりましたがそれを上回る知見を得られました。

 

 さらにこのブログが1年以上続けられたことは特筆すべき出来事です。過去に何度かブログを書いていましたが、週1回以上のペースで1年以上更新したことはありませんでした。みなさまからの予想を上回るアクセスのおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。

 

 世間ではいろいろなことがありましたが、一つあげるとすれば仮想通貨バブルが発生したことでしょうか。ビットコインが一年で20倍になり、一日で3~4割も暴騰・暴落を繰り返すなんて夢にも思いませんでした。

 1989年のバブルや1999年のITバブルとはまったく性質の異なるバブルのようですので、この先の動向が楽しみです。歴史に残るようなバブルになる可能性を秘めていますので来年も目が離せそうにないですね。私は遠く離れたところから傍観しておこうと思います。

 

 最後に来年に向けてですが、個人的には経済のことをかなり心配しています。今年は世界中の景気が回復し、世界中の株価が2割近くも上昇しましたが、今までこんなことは経験したことがありません。

 好事魔多しといいます。金融市場や不動産市場に参加している人には、覚悟と忍耐が必要になる一年になるような気がします。気を引き締めて慢心することなく、投資を続けていきたいと思います。

 

 今年一年本当にありがとうございました。みなさま、よいお年をお迎えください。