債券を買う代わりに買うべきものは?

 今週半ばからしばらく遠征で出るので、また滞るかもしれません。その前に頑張って更新します。

 

 運用資産が一定額を超えてくると投資先の分散を考える必要があります。もちろん、一つに全部ぶち込むというギャンブル的投資もありますが、早期リタイアを目指す人には教科書どおりにコツコツと幅広い資産に分散投資を続けることが大切だと思います。

 「一発大逆転で株(不動産、仮想通貨)成金!」は運よく成功すれば、華やかなサクセスストーリーを体現した人として、自己陶酔に浸れますし、(あなたをカモにしたい)周辺のことたちからもチヤホヤされること、間違いないでしょう。でも、一人の成功者の裏に何十人(何百人?)もの敗者がいることを忘れてはいけません。

 ギャンブル的投資で失敗し、コツコツ投資で復活した私が胸を張って言える数少ない教訓です。

 

 話を戻します。私の資産は現在のところ、現預金と国内外の株式だけです。(一応、持ち家はありますがまだローン残が多いので資産価値はゼロとみなしています)。

 教科書的には現預金、国内株式、国内債券、外国株式、外国債券を対象に分散投資をしなければなりませんが、世界中の金利が下がり続けここ十年くらいは低金利に張りついたままです。とても債券なんて買う気になれず、金利が上がるまで待とうと思いつつ今日に至っています。

 

 ここにきてやっと米国の金利が上がり始めましたので債券を買い始めたいのですが、まだ買えない理由が存在します。それは「金利が上がると債券価格は下がる」ことです。今買ってもほぼ確実に債券価格が下がるので、金利がどの水準まであがるかを見極めなければ怖くて買えません。
 また、日本国債も黒田バズーカのおかげで市場が壊れてしまい、あるべき金利水準や適切な債券価格がわからないので、こちらも引き続き買えない状況です。


 教科書的にはいくら割高であってもインデックスファンドなどでコツコツ買うことが正解なのですが、いまが歴史的バブルのピークであり、値下がり確実なものを今から買う気にはなれません。そこで私は、債券ではないが債券の代わりに安定したインカムを得られ長期保有に耐えうる投資対象を探していました。それがREITと高配当株です。

 

 ただREITはまともな銘柄の分配金利回りが3%と割高なままですので、まだ見送りです。残るは高配当株式となりますが、その一角の日本たばこが最近いい感じで値下がりを続けています。悪材料満載で売られ続けていますが、財務内容もまずまずでキャッシュフローが安定しているので10年以内に紙くずになる会社ではありません。今なら配当利回りが5%ほどあるので、これなら債券の代わりとして及第点だろうということで少しまとまった金額を投資しました。

 

 あまり筋の良い投資ではないので人にお勧めできるものではありませんが、今から借金をして表面利回り5~6%の投資用アパ・マンを購入するよりは10倍ましな分散投資だと思い、リスクを承知で思い切って購入しました。もし、来年の今頃、株価が半分になっていたら盛大に笑ってやってください。

 

 こんな考え方もあるということで紹介させていただきました。