バブル世代のリストラが発するメッセージ

 私のブログを読む20代のサラリーマンなんて存在しないのかもしれませんが、書いておきます。

 

 今、大手企業では40代後半から50代前半のおじさんたちに対してリストラの嵐が吹き荒れています。20代の大半の方からすると「仕事もできないくせに給料だけ高いのだからリストラされて当然」に見えるに違いありません。

 その考えは間違っていません。でも、彼らの哀れな姿を見てざまあみろと留飲を下げ、満足するようなことだけはしないでください。彼らは将来の自分たちの姿なのです。

 

 バブル世代も25年前は20代の若手でした。そして「一日中窓際に座って仕事もしない管理職なんて首にしろ」「あいつらの給料を僕たちに回せ」と公然と批判していたものです。

 そんな彼らも、しらないうちにサラリーマンという立場に安住し、既得権を得て、それが当たり前のように思いこんでしまいました。その結果、自己研鑽を怠り時代や環境の変化に対応できなくなり、お荷物になってしまったのです。自分たちが批判していた一世代上の人たちと同じワナにはまってしまったわけです。

 

 「俺たちは違う」と思うかもしれませんが、人間年を取ればチャレンジ精神が薄れますし、家庭を持ては保守的になるものです。また、環境の変化にもついていけなくなります。

 だから「ざまあみろ」ではなく、彼らのようになってはいけないという危機感を持ち続けてほしいと思います。

 

 実は大手企業を中心に、20~30年周期で大量採用を行ってきました。採用から20年、彼らが40を過ぎることろにはポスト不足と人件費負担の重さが顕在化し、最後は転籍やリストラで人を減らし、人件費の安い新卒を大量採用、これを繰り返してきました。団塊の世代然り、バブル世代然りです。

 そして今、バブル世代の入社から30年が経過し、50歳前後のリストラと20代の大量採用、まさに同じことが起きています。

 現状に安住する大企業ほど自ら変化することができません。だからきっと、今の二十代前半の人たちも20年もすると猛烈なリストラに巻き込まれるでしょう。

 

 遅くとも45歳前後には会社から戦力外通告を受けるものだと自覚し、いまから準備しておけば、いくらでも対策は打てると思います。時間は最大の武器です。焦らず怠らずコツコツと地道に準備をすれば、どの世代よりもうまくピンチを切り抜けられるのではないかと思います。

 

 ただ、将来が心配だから資産運用だとか、とにかく節約だとか、客に自己啓発スキルアップとか、転職で年収アップだと短絡的に考えてしまうと、あなたを狙うビジネスのカモになり、かえって遠回りすることになりかねません。

 必要なのは本当の意味での長期的なキャリアデザインだと思います。本やネットではなく、リアルな世界で自分のロールモデルを見つけ、彼らに学ぶことが一番よいと思います。そういう人はセミナーや異業種交流会で知り合うことは難しいかもしれません。社内、大学の先輩などの中で金儲け以外の点で尊敬を集めている人を探してみるのもいいかもしれません。そういう人が見つからなければ、一世代で企業を上場させた40歳以上の経営者の話を聞いてみましょう(探せば意外と機会はあるのです)。発想やキャリアデザインを考えるためのヒントを得られるかもしれません。

 

 将来が心配だからと思考停止に陥ったり、逆に一発逆転を狙う若い人が増えているので、とりとめのない話になることを承知であれこれ書いてみました。