長期投資とは30年投資を続けることです!

 ほんの数年前までは株式投資セミナーといえば、投資信託を売りつけたい証券会社が、株で一儲けしたい年寄りを対象に主催するものばかりでした。

 でもここ数年はその傾向が大きく変わってきたようです。全国で毎月独立系投信のセミナーが開かれていますし、金融機関も(少しだけ)心を入れ替えたのかiDeCoやNISAを利用した積立投資セミナーを開催するようになりました。

 旧来型のセミナーは狩猟系とするなら、昨今増えている良心的なセミナーは農耕系といってもいいでしょう。

 

 そんな農耕系のセミナーでは必ず長期投資の大切さが説かれます。それはそのとおりなのですが、では何年以上投資すればいいのでしょうか?セミナーの場で質問が出ることもありますが、たいていは「最低10年」「できるだけ長く」「引き出す必要があるときまで」みたいな回答が多いようです。

 

 一人一人の資産や収入、家族構成やライフスタイルが異なるので、明確に何年と答えられないのは仕方ないと思う反面、投資を始めた人たちに覚悟を持ってもらうという意味で目安となる具体的な年数を答えてあげたほうが親切なのではないかと思います。

 

 私が同じ質問をされたときには「30年以上」と答えています。理由は簡単、私が実際に30年投資していることと、日本株・債券、外国株・債権に1/4ずつ30年以上投資していれば、戦後から今までどの時期であっても元本割れをしたことがないからです。

 30年と答えるとたいてい「無理」という顔をされるのですが、多くの人が35年の住宅ローンを組むことを恐れないのですから、投資だって同じ、恐れることもあきらめる必要もありません。絶対にできます。

 

 子供が生まれ社会に出て一人前になるまで20~30年かかります。企業が生まれ成長するのも同じことです。新しい技術が生まれ世の中を変えていくにも20~30年の時間が必要です。

 また、投資期間中に一度や二度は「なんとかショック」が起こり資産が大きく減少することもありますが、それを乗り越え成長していくためにも長い時間が必要です。

 だから積立NISAの期間が20年なのです(金融庁は30年を希望していましたが、財務省の抵抗で20年になったそうです)。

 

 「時は金なり」といいます。投資期間は最大の武器です。投資する期間が長いほど有利であることは世界中で検証され証明されています。

 

 先日、あるセミナーで後ろに座っていた70代の男性が、50年以上株を持っているよと話をされていました。日本にもそんな投資家はたくさんいるのです。投資歴30年の私なんてまだまだ若造です。

 さらに上には上がいます。ウォーレン・バフェットは「投資期間は永久」とおっしゃっています。石油ショック、ロシア危機、リーマンショックなど幾多の試練を乗り越えてきた投資の賢者の言葉を信じましょう。

 

 私も投資歴50年といえる日まで頑張って投資を続けようと思います。