【朗報】日清食品の株主懇談会廃止について

 株主総会のシーズンが近づいてきました。そのためか、相変わらず昨年個人株主に対して苦言を呈した「株主総会、お土産廃止の件」へのアクセスが多くなっています。

 

 今年も総会について何か書こうと思ってはいたものの、去年と同じ内容になりそうなのでどうしようかと思案しておりました。そんな折、日清食品社から株主懇談会終了の発表がありました。まさに、我が意を得たり。日清食品の決断をたたえ、これをネタに書きたいと思います。(本来はたたえるほどのことではないのですが。。。)

 

 株主アンケートの結果を検討した結果、株主懇談会を廃止しかわりにIRを充実させるとともに増配し株主還元を強化することにしたということのようです。

 まあ、うがった見方をすれば「手間がかかり面倒くさく、その割に得るものの少ない懇親会なんてもうとっくに役割を終えたので、何か理由をつけてやめたかった」というのがホンネでしょう。さすがに正直に言うと角が立つので、株主アンケートを利用して「株主の声」という大義を作ったというところでしょうか。

 

株主懇親会にご出席頂けなかった株主の方々から、より多くの声を、より公平に聞くべきとの多数のご意見を頂きました

 とのことです。どうやらこの懇親会とやらは、300株以上の株主は無条件に参加でき、それ以外の零細株主は抽選だったそうです。もろ、株主平等の原則に反していますから、抽選に漏れた人や地方の株主から文句が出て当然でしょう。

 

インターネットを活用したオンライン会社説明会を行うことと致しました。(中略)当社ウェブサイトの情報の充実も含め、株主様とのコミュニケーションの一層の強化に取り組んでまいる所存です。

 一見正論です。でもこの「ネットを活用した・・・」という解決策は、ネットが苦手な年寄りを切り捨てますと公言しているに等しいので、株主平等の原則には反しますよね。大丈夫ですか?

 まあ、食事と土産が目的のさもしいごく少数の株主を切り捨てるほうが、今よりもずっと公平だということでしょうかね。私は好意的に解釈することにします(笑)

 

 で切り捨てられる人からのツッコミをかわすために、

今期は株主様への利益還元の一環として、一株当たり 20 円の増配(年間配当 110 円)と 10%の自己株式の消却を行う予定です。

と株主還元の強化をうたいます。なかなかよく考えましたね。ここまでしたのだからそれでも文句のある株主は他所に行ってくれてもかまわないよということでしょう。

 まっとうな株主であれば20円もの増配を素直に喜ぶでしょうから、文句を言って出ていく株主は会社にとっては望ましくない(質の悪い)株主ということですね。なかなかよくできた個人株主の浄化策だと思います。

 

 とりあえず今回の施策には合格点(といっても60点くらい)を付けたいと思います。あわせて株主優待も廃止にすると宣言すればもっと浄化が進むので90点くらいを差し上げられるのですが、今後に期待しましょう。