なぜ伊藤園の個人株主は非合理なのか?

 今日は、伊藤園の題材にして、個人投資家がいかに非合理的な行動をしているかを考えてみたいと思います。

 まずはヤフーファイナンスを使って、本日午前中の株価をベースに大手飲料各社の指標を比較してみます。(シェア上位5社のうち、キリンとアサヒは飲料よりも酒類や海外の比率が圧倒的に高いので除外) 

表1      伊藤園   コカ・コーラ サントリー食品

(株価指標)

配当利回り      0.80%     1.08%       1.62%

PER      31.68倍   32.98倍     18.62倍

PBR      4.29倍     1.53倍                 2.19倍

(収益性)

営業利益率           4.45%           4.65%                 9.56%

ROA                     4.16%            4.00%                5.41%

ROE                     9.03%             5.69%             12.57%

(安全性)

自己資本比率     47.30%         70.90%               45.40%

  サントリーが株価指標、収益面で優れてますね。コカ・コーラジャパンは指標にはありませんがトップシェアであること、安全性が高いことが優位性といえるでしょうか。伊藤園は特に優れた指標は見当たりません。

 

 ところで、なぜサントリーの株だけが割安なのでしょうか。海外比率が高く、海外で砂糖税問題や競合との競争激化が懸念されるからだという理由を読んだこともありますが、私はずばり「株主優待がないから」だと思っています。

 ちなみに伊藤園株主優待銘柄が少ない4月決算であることから、指標面で優位性がなくても人気を集めやすいのではないかと思います。

 

 さて、ここでクイズです。もしあなたが今から下表(表2)に基づいて投資をするとすればどこを買うでしょうか。

表2      伊藤園※  コカ・コーラ サントリー食品

(株価指標)

配当利回り      2.00%     1.08%       1.62%

PER       15.84倍   32.98倍     18.62倍

PBR      2.15倍     1.53倍                 2.19倍

(収益性)

営業利益率           4.45%           4.65%                 9.56%

ROA                     4.16%            4.00%                5.41%

ROE                     9.03%             5.69%             12.57%

(安全性)

自己資本比率     47.30%         70.90%               45.40%

  表1のときに伊藤園に魅力を感じなかった人の中にも、表2なら伊藤園を買ってみてもいいと考える人がいるのではないでしょうか。何せ表1と比較すると配当が2.5倍、PERは半分になり、ともに3社で一番良い数値になりましたからね。

 

 実はだれでも伊藤園の株式を表2の指標(価格)で購入することができるのです。伊藤園優先株というものを発行、上場しています。この優先株普通株を購入すればよいのです。

 しかもこの優先株には普通株式よりも配当を多くもらえるというメリットがあります(直近の見込みでは普通株が40円に対して優先株は50円)。一方で流動性がやや低く(とはいっても100~1000株ならいつでも売れます)、議決権がない(総会に出席できない)というデメリットもありますが、ほとんどの個人株主には影響ないはずです。

 

 議決権のある普通株を買うためには約50万円必要ですが優先株なら約25万円で済むのです。株主優待は同じように権利がありますし、配当は普通株よりも1000円多いにもかかわらず、議決権がないという理由だけで約半値で買えてしまうのです。

 数字だけ見れば、伊藤園の議決権には25万円(50万円-25万円)の価値があるということになります。合理的に考えれば、個人投資家普通株を売って、優先株を買った方が明らかに有利なはず。。。

 

 ではなぜここまで割安に放置されているのでしょうか。優先株知名度が低いことと優先株という仕組みを理解していないことが理由でしょう。IR説明会の時に質問してみましたが、IR責任者も同じ見解でした。

 これだけ情報があふれかえっている現在でも、市場を隅々まで見ていると、随所に個人株主の非合理な行動や矛盾に満ちた行動をみつけることがあります。このような歪みを見つけて投資するのも(儲かるという保証はありませんが)、経験値を高めるという意味では面白いと思います。

 

※私は伊藤園優先株をしこたま所有しているため、完全なポジショントークです。また、伊藤園及びその優先株を推奨するものではありません。売買の判断は自己責任でお願いいたします。