株主総会雑感

 今週は、総会屋稼業個人投資家としての義務として株主総会に出席するため、東京に滞在しております。

 宿から超有名企業の本社ビルが正面に見えるのですが、夜12時に飲んで帰った時も朝5時に風呂に入ったときも、数フロアに煌々と明かりがともっています。総会の準備でしょうか。もうあんな生活は絶対にできないし、絶対に戻ってはいけないと固く心に誓いました。

 

 かつて主流であった30分で終了するようなシャンシャン総会はすっかり影を潜め、株主様の声を丁寧に聞く総会が持てはやされる時代となりました。そういえば昔のように総会が1時間を超えたから総務部長の首が飛んだみたいな話は耳にしなくなりました。

 個人株主の多いや社会的に注目される会社には、ブログやツイッターのネタ探しを目的に出席する株主も増えましたから、時間の長短ではなく風評被害の有無が総務部長の評価指標になっているのかもしれませんね。

 

 昔のように質問が一つか二つ終わったところで、最前列に陣取った本当は株を持っていない"なんちゃって"社員株主から「議事進行」なんて声がかかることもなくなり、質問がなくなるまで(または30分から1時間程度)質問時間を設けることが多くなりました。それに伴い質問の内容も変わってきました。

 まあ、何を言いたいのかわからない年寄りの演説や、意識の高い質問している自分に酔いしれる女性活動家から経営者へのアドバイスのような意味のない質問も多いのですが、昨今は流行りのテーマの質問が多くなってきたような気がします。

 最近の流行りはESGへの取り組みや働き方改革でしょうか。数年前にはダイバーシティーやROEなどでした。こういう質問は事前に想定問答集が作られているので回答しやすく、また経営者としてもちゃんと取り組んでいますとアピールしやすいものですから、完璧な答弁が準備されています。
 そこで気になるのが、定量目標を出す会社が多いこと。5年後に女性経営職比率を20%にします、とか次期中計ではROE10%を達成しますとか、目標だけは明確なのですが、そういう会社ほど「どうやって」という部分の説明がありません。まあ「頑張ります」ってことなんでしょう。

 

 突然トップが思い付きのように流行りの成果指標をぶち上げて、施策はお前らが考えろってやるわけですから、これでは社員も株主も報われません。結局、そんなやっつけで作った目標は達成することが目的化してしまうので、目標を達成できたとしても本来の目的を果たすことはありません。

 

 もちろん目標を作ることが悪いわけではありません。でも仏を作って魂を入れずでは意味がありません。無駄な行動計画やレポート作成業務が増えるだけです。またそういう会社ほど、翌年以降の総会やIR資料で、定量目標達成のための取り組みや経過を報告しないものです。(社長、結果にコミットする気ないでしょ?)

 

 不幸にしてそんな経営者が何代も続く会社の株主になってしまったら早くライバル会社の株を持ちましょう、経営者の無能さを知ってしまった従業員のみなさまは見切りをつけ転職しましょう。

 

 良かったら遊びに来ない?

 うん、行く行く(手ぶらで遊びに行く)

 いらっしゃい。お茶でもどうぞ

 あ、そろそろ時間だからお暇するね

 今日はありがとう、気をつけて帰ってね

 えっ?お土産くれないの?ケチ、もう行かない!