不動産投資家と株式投資家の違い

 昨日は三大都市圏飲み会ツアーの締めくくりとして、不動産投資家のみなさんと酒を酌み交わしました。案の定、二日酔いの朝を迎え、まだ朝食すら食べる気になれず、朝風呂にも入れないのでツラツラと駄文を書いております。

 

 私にとっては不動産投資家のみなさんの集まりは、完全なアウェーです。見慣れぬ顔の私に「何室お持ちですか」とか「アパートですかRCですか」と声をかけてくださる方も多いのですが「すみません。株屋(株式投資家)なのでエアー大家です」と恐縮しながらお答えするのが精いっぱい。

 

 ただ、不動産投資家のみなさんは総じて投資全般に対する好奇心が旺盛でかつ勉強熱心なので、株式投資をしている人も少なくはありません。また、FXや仮想通貨の経験者も多く不動産以外の話もたくさんできるのでとても勉強になります。

 逆に株式投資家の方には不動産投資をする人は非常に少なく、FXや仮想通貨も関心はありつつも、手がけていないという人が多いようです。

 

 なんでだろうと考えてみたのですが、一番の理由は融資ではないかと思います。不動産投資の場合は、ごく一部の富裕層を除けば銀行からの借り入れが必須となります。有利な条件で借り入れるためには勉強が必要ですし、実績作りも欠かせません。また銀行や不動産会社への営業活動も必須です。

 また、株式投資は購入すれば売らない限り手間いらずですが、不動産投資は購入がスタートです。購入後の自らの努力と工夫で投資の成果に大きな差が生じます。

 借金を抱えたまま、管理は業者に丸投げではカモにされるどころか、生かさず殺さず骨の髄までしゃぶりつくされる恐ろしさをよくご存じなのではないかと思います。

 株式投資だって購入してからも努力の余地があるので、こういう勉強熱心さは見習わないといけないと反省しました。

 

 

 一方で、不動産投資家の熱心さが裏目に出ているのではないかということも気になりました。それは不動産以外の投資で成功している人が少ないことと、短期勝負が多いこと。

 昨日お話を聞いた方も空売りで大成功したけれどトルコリラロスカットを食らってしまったとか、経済状況とかを調べて豪ドル(?)を買ったとたんに円高が進み強制ガチホ状態とか、昨年末に仮想通貨を買ってヤケドしたみたいな話がチラホラ出ていました。

 みなさん、不動産では数年単位で考えじっくりと手を打ちいかにキャッシュフローを積み上げるかを考え実践されていました。でも不思議なことに、他の投資では売買益を狙って短期勝負を仕掛けてしまい、成果が上がっていない(というか損している)様子でした。(みなさん紳士淑女なので儲かった話はしないお約束なのかもしれませんが)

 

 さまざまな投資対象の投資家と話をすることは、自分の知識や視点を増やすうえで非常に有効です。特に場違いなところに来てしまったと後悔するほどの完全アウェーな方が学びが多いような気がします。よい投資家の集まりであれば、冷やかし目的とか営業目的でない限り、私のような部外者でも優しく受け入れてもらえます。

 投資で成功する投資家はみなさん寛大な心や他の投資家へのリスペクトの気持ちをお持ちであるということでしょうね。

 私もそのような投資家になれるよう頑張らねばと心に誓った夏のツアーでした。

 

 

 ということで今回の教訓

「学びはアウェーで、実践はホームで」