【意外】年収700万と400万では大した違いはない

 年収が300万円も違えば生活は大変だ、そう考えるでしょうが、意外とそんなに騒ぐほどの違いはないものです。

 そんなはずはないとお叱りを受けるでしょうが、東京の年収700万円のサラリーマンと地方都市の年収400万円の自営業で計算してみると、私が大した違いはないという理由が分かっていただけるのではないでしょうか。

 

 年収700万円のサラリーマンの場合、所得税・住民税・社会保険料を除いた手取り額はだいたい530万円程度です。(家族構成、加入する健保、住所、その他によってプラスマイナス20万円くらいは差が出ます)

 ※手取り計算はこちらのサイトを使用

 一方で自営業の場合、100%合法な節税・節社会保険料手段をフル活用すると手取りは360万円程度に抑えることが可能になります(サラリーマンであれば310万円)。年収ベースで300万円の差が、手取りベースでは170万円程度にまで縮まりました。

 

さらに東京と地方では生活費が大きく異なります。

 一番大きなものは住居費です。持ち家なら半額がなのでローン返済額が大きく減りますし、賃貸でも同じ広さなら月に3~5万円前後は安く借りることができます。これで年に50万円くらいは節約できるでしょう。

 他にも駐車場代、食費、(残業後or飲み会後の)タクシー代など月に1万円単位で安くなるものがいくつもあります。

 さらにサラリーマンをリタイアしたなら、スーツ、ネクタイ、靴なども買い替える必要がありませんし、仕事関係の交際費などもほとんど不要です。こういった仕事上の必要経費も年に数十万円になりますから無視できない金額です。

 これらをすべて足し合わせると年百数十万円くらいは支出を抑制することができます。

 まだ足りない?では、これを機に節煙、ビールを発泡酒か焼酎に、スマホ格安SIMに、保険も掛け捨てにといろいろ節約できるポイントは残されています。

 セコいと思われるかもしれませんが、日々の仕事のストレスから解放されることに比べれば、これらの節約なんて何の苦にもなりませんよ(経験者談)。

 

 ここまでくれば、300万円あったはずの差がほとんどなくなることがわかるでしょう。さらに住環境が良くなり、往復の通勤時間が自由時間となり、仕事のストレスがなくなるなどプライスレスなメリットもあります。

 これらをすべて考慮すれば、都会生活を満喫したいとか、サラリーマンとして仕事にやりがいを感じているという人、子供を東京の私立にと考える人などでなければ、地方都市暮らしも有力な選択肢の一つと言えるでしょう。

 

 早期リタイアや地方移住を考える人は多いですが、収入を理由に断念したり先送りする人も少なくありません。はじめから「そんなこと無理」とあきらめるのではなく、具体的に計算してみて、不安をみえる化し対策を考えれば何とか手が届くかもしれませんよ。

 

 ※私が移住をお勧めする地方都市は、まずは政令指定都市クラスです。いきなり小さな町や「人生の楽園」に出てくるような農山漁村、離島への移住は仕事、地域の風習など乗り越えるべきハードルが高すぎますので、止めておきましょう。

 テレビで紹介しているのは百人に一人の幸運な成功者であることをお忘れなく。