まだマネー誌で消耗してるの?

 何かパクった感のあるタイトルですが、まだ二日酔いということでお許しを。

 

 さて、ボーナスも支給され少しは投資に回そうという人も多いでしょうが、マネー雑誌に書いてあることをまねするのだけは止めましょうということを書いておきます。

 

 私は作業をしたり考え事に集中したいとき図書館を利用します。昨日も忘年会の前に時間があったので立ち寄ったのですが、いつみても貸し出されている日経マネーのバックナンバーが何冊か置いてありました。

 その中にネタになりそうな記事を見つけました。理論株価と2月6日現在の株価の乖離を計算し、割安なものから順にランキングするという、とても安直でありがちな特集です。

 

 いつもならランキング物は無視するのですが、たまたまタイトルの下に「にわかに不透明感を増してきた株式市場 しかし、下落相場は絶好の買い時でもある」なんてことが書いてあったので、銘柄をメモしてきました。

 今朝、記事を検証したら、さすがは投資家を凍死家に変える日経マネー!はっきり言いましょう。どんなド素人でもここまでひどい運用成績を再現しようとする方が難しい!。

 ということで、結果はこちら。みんなで笑いましょう。

 

  2018/2/6 理論株価 2018/12/9 上昇率 理論株価からの乖離率
シノケングループ 2,446 8,861 921 -62.3% -89.6%
いちご 424 1,353 371 -12.5% -72.6%
タカラレーベン 470 1,338 337 -28.3% -74.8%
中村超硬 5,600 16,334 1,104 -80.3% -93.2%
三井住友建設 594 1,406 663 11.6% -52.8%
安藤ハザマ 841 1,993 701 -16.6% -64.8%
サンフロンティア不動産 1,245 3,036 1,157 -7.1% -61.9%
イーレックス 810 2,312 710 -12.3% -69.3%
ニゾンホールディングス 2,757 6,482 2,247 -18.5% -65.3%
マーベラス 929 1,926 898 -3.3% -53.4%
サンティ 1,789 3,807 1,386 -22.5% -63.6%
UACJ 2,734 5,642 2,384 -12.8% -57.7%
オープンハウス 5,780 12,212 4,100 -29.1% -66.4%
飯田ホールディングス 2,053 4,070 2,020 -1.6% -50.4%
丸紅 813 1,537 829 2.0% -46.1%

 

 上位15銘柄のうちなんと13銘柄が下落しています。もし上位5銘柄に同額ずつ投資していれば-34.4%、上位10銘柄なら-23.0%、全15銘柄なら-19.6%ととてもご立派な成績となりました。ちなみに、同期間の日経平均株価は21,678.68円から21,610.24円とほぼ横這いです。

 つまり割安なものはさらに割安になったわけです。まあ、記事を読んで全部を買った人はいないでしょうが、一つや二つ買った人はたくさんいるでしょうね。ご愁傷さまです。

 

 日経マネーですらこの程度ですから、さらにレベルの低い記事の多いZAI等に至っては・・・。ということで、マネー雑誌など手に取る時間と金があれば、違うことに使った方がよいでしょう。

 

 たった一つの記事で全否定するのも申し訳ないので、ぜひ日経マネーやZAIの関係者の方にはいかにマネー誌の記事が有効であったかを、特集してもらいたいですね。

 個人的には、投資家ブロガーのつまらないインタビュー記事ばかり特集していないで、歴代編集長たちのご自身の投資成績を自慢する企画でも載せてほしいなと思います。

 日経マネーが投資家の役に立つ雑誌であれば、一番熱心な読者であるはずの編集長や記者の中から億りびとや早期リタイアした人が何人も生まれているはずです。ぽっと出の投資家ブロガーの話よりも、関係者ご自身の成果を掲載したほうが、100倍信憑性が高まると思いますよ。