被害者に同情したあなたはカモられる

 以前、サラリーマン向けの中小企業を300万円でM&Aするビジネスが怪しそうだと注意喚起する記事を書きました。その後あまり目にしなくなったので、さすがに引っかかる人があまりいなかったのでしょうか。
 
 今日、M&A関係で別の記事を目にしました。やっぱりM&A業界もゴリラ体質というか闇だらけというか、かなりディープそうですね。そういえば上場しているM&A仲介会社の評判も微妙なものがおおい気がします。
 
 
 こちらは企業間のM&Aです。読むとツッコミどころがいろいろあって、取材不足なのか話盛り盛りなんだろうなぁ、まあダイヤモンドだし仕方ないかと冷ややかに読みました。

 なんでも5億円で売れる会社を売主には2億円にしかならないとうそをつき、買い手とグルになって億単位の手数料をせしめる悪徳業者がけしからんという話のようです。
 
 確かにお行儀がいいとは言えませんが、私はこれって仕方ないんじゃないかって思います。認知機能の衰えた老人や未成年を騙して売ったわけではありませんから。ましてや企業間取引は、ビジネスそのものですから弱肉強食で当たり前。
 
 零細企業といっても、トップが自分の企業の価値を知らないことが一番問題です。経営者としての資質に疑問があると言わざるを得ません。なぜ、言い値で売ることに疑問を持たないのでしょう?自社の商品なら絶対に相手の言い値で売らないですよね?
 それに売り・買い両方の仲介を同じ人間が務めるなんて、絵にかいたような利益相反関係ですよね。そりゃあ、情弱側がほったくられるのは当然です。
 
 自社の価値に対する情報格差を利用して目ざとい仲介会社と買い手が儲けて、情弱な売り手が損したというだけですから、目くじらを立てても仕方ありません(だだし違法行為がないという前提)。
 
 
 話は変わりますが、日本郵政が6200億円で買収した企業をわずか1年で4000億円減損したとか、キリンビールが3000億円でM&Aしたブラジル子会社を1000億円でライバルに売却したとか、そんな話もありました。
 これらは買い手側が情弱で仲介会社と売り手が得をしたパターンですが、同じ話ですよね。
 ビジネスである以上、WIN-WINが成立するなんてめったにありません。必ず勝者と敗者が生まれるものです。(こんなバカ経営者のいる会社に勤めているサラリーマンのみなさまには同情しますが)
 
 
 この手の話題を見聞きして、業者が悪い、被害者はかわいそうなんて少しでも思ったあなたは残念ながら同じワナにはまるタイプです。
 
  個人-法人取引だって他人事ではありません。消費者保護法がある分、申し訳程度に保護されてはいますが、契約書は判をついた段階で勝負ありです。
  サラリーマン向けのシェアハウスとかワンルームマンションの三為取引でぼったくられた人をみればわかるとおり、相手が悪いと叫んだところで失った金が全額保証されるなんてことは滅多にありません。どこまでいっても自己責任なんです。
 
 
 所詮、渡る世間は鬼ばかり。他人に対してどうこういうより前に自分がだまされないためにどうすればいいかを考え、身を守るすべを身に付けるしかないと思います。
 
蛇足
 完璧な「護身術」を身につければ、それを悪用して儲ける側に回ることだって簡単です。私も万一生活に困ったら魂を悪魔に売り、フルコミッションで極悪金融商品を売りまくります。そうすれば、きっと今よりいい生活ができるでしょう(笑)
そのあきつきには、高級マンションでも買って若いお姉ちゃんを囲いたいと思います。